犬の肝臓腫瘍はサイレントキラー!犬の肝臓腫瘍の症状と治療法まとめ

犬の肝臓の腫瘍は、人間同様に発見が遅れることも多く、気づいた時には手遅れといったことも多いようです。犬の肝臓に腫瘍ができた場合はどんな症状になるのか、どういった治療をするのかをまとめました。病気は早期発見、早期治療が一番大事です!

犬の肝臓の腫瘍とは?

肝臓がん(肝臓腫瘍)は、肝臓からがん(悪性腫瘍)が発生する場合と、ほかの部位に発生した悪性腫瘍が肝臓に転移して起こる場合があります。発見が遅くなれば手遅れとなるケースも多く、早期発見・早期治療が必要な病気です。

どのように早期発見につなげていけばいいのか、見て行きましょう。

肝臓は、犬の体内で最も大きな臓器であり、多数の身体機能やプロセスに関与しています。例えば、有毒物質の解毒や薬などの代謝により大きな負担がかかっており、あらゆる機関の働きにも関係しています。なので、ほぼ全ての癌が転移するとき、肝臓に現れることが多いです。

犬の肝臓腫瘍の症状

嘔吐、食欲不振、体重減少、口の渇き、過度の排尿、無気力、血便、貧血、黄疸など。

犬の肝臓腫瘍の症状初期の症状は食欲低下、元気がない、嘔吐が見られることが多いようです。

肝臓がんは、その原因によって症状が異なります。

原発性肝臓がん(肝臓自体に悪性腫瘍ができる肝臓がん)の場合、初期は目立った症状は現れません。しかし進行すると、元気や食欲が次第になくなり、体重が減ってきます。

初期段階の症状が他の疾患と似ていて、また、がんにかかっていても肝臓が機能し続けられるので、ほとんどの肝癌症例は手遅れになるまで診断されず、予後不良です。

転移性肝臓がん(ほかの部位にできた悪性腫瘍が肝臓に転移する肝臓がん)の場合、転移前の腫瘍の種類によって症状が異なります。

他の腫瘍ができている場合は、その腫瘍の症状が先に現れている場合が多く見られます。

他の腫瘍の症状に合わせて肝臓の腫瘍の症状があらわれた場合は転移の可能性があるため、検査を行う必要があります。

他の腫瘍疾患のある犬の場合は、特に症状に注意しておく必要があります。肝炎や肝障害、レプトスピラ症などでも同じような症状が現れる事があります。

犬の肝臓腫瘍の原因は?

原発性肝癌の原因は、発ガン性化学物質(例えば、いくつの家庭用洗剤や農薬に含まれる毒素)への曝露などの環境要因に関連する可能性があります。

原因は詳しくわかってはいませんが、遺伝や加齢によるほか、食品添加物や香料などの化学物質が多く含まれた低品質のドックフードの摂取、気候などの環境によるストレスなども影響していると考えられています。

原因ははっきりとは解明されていませんが、化学物質が関係している可能性が大きいようです。

犬の肝臓腫瘍の診断は?

犬の肝臓腫瘍の診断は、血液検査、エコー検査、レントゲン検査、MRI検査などで総合的に診断されます。試験開腹をして、肝臓の状態を確認する場合もありますが、血液検査で肝臓の値が高い場合には全身麻酔がかけられない場合もあります。

検査は、血液検査、X線検査、超音波検査、尿検査、肝生検を行います。また、CT検査による肝臓癌に有効な診断も行います。

超音波検査は、原発性肝臓癌を発見するために、もっとも有効な検査方法です。

血液検査犬の肝臓腫瘍では血液検査で肝臓の数値が上がらないこともあるようです。

他の検査の結果と合わせて診断されるようです。

エコー検査超音波を腹部に当てて、お腹の中がどうなっているかを確認します。

エコー検査で腫瘍の大体の大きさなども分かります。

犬の肝臓腫瘍の治療法は?

原発性肝臓がんの腫瘍が、1つまたは2つの肝小葉(かんしょうよう:肝臓を構成する、一定の肝細胞の集まり)に限られる場合は、外科手術によって完全に切除することができます。その場合の予後は比較的良好で、元気に過ごすことができます。

腫瘍が肝臓の大部分にある場合は手術することができません。

犬の肝臓腫瘍の外科手術犬の肝臓の腫瘍化した部分をのある細胞の集まりを手術によって摘出します。

犬の肝臓腫瘍外科手術で摘出された肝臓腫瘍です。

原発性悪性肝腫瘍は化学療法薬に対して高度な耐性があるのため、化学療法は、通常有効ではなく、使用されていません。 (転移性肝癌の場合には、化学療法がしばしば使用されます。)

しかし、転移性肝臓がんを患う場合や、原発性肝臓がんであっても複数の肝小葉に発生している場合は切除手術が難しく、予後は良くありません。

犬の肝臓の腫瘍は最初に述べたように発見が遅れることが非常に多く、その時にはかなり進行していて手術ができないこともあります。

その場合は症状に合わせた対症療法がおこなわれます。

犬の肝臓腫瘍まとめ

肝臓がんの予防方法はありません。目立った初期症状もなく、外からは見えない病気なので、がん(腫瘍)が大きくなるまで気付かず、手遅れになるケースが少なくありません。できるだけ早く発見して治療するために、健康診断を定期的に受けましょう。

犬の肝臓腫瘍は、早期発見で原発性の場合は手術により治療することができます。

しかし、何度も言っているように、犬の肝臓腫瘍は症状が出た時には進行している事が多いため、普段からの犬の様子のチェックと定期的な健康診断が大切です。

健康診断も血液検査だけでは発見できない場合があるので、定期的にレントゲン検査や全身のエコー検査を受けることをおススメします。

そして、犬の様子に異常があった場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする