【女性の皆さん必見!】髪が絡まる悩みを解決いたしましょう!

女性の髪の悩みでも多いのが、髪が絡まること!絡まる髪をとかすのは、痛いしなんかゲンナリしますよね。ましてや髪が絡まった状態で出かけるのは、女性としてもっての他ですよね~。髪は何故絡まるのでしょうか。髪が絡まることのない、サラサラな髪を手に入れるには?

髪が絡まる!悩んでいる人は年々増加しています!

 近年、増えている髪の悩みをご存じですか。それは、毛髪同士が巻き付いたりして起こる髪が絡まることです。花王の調査によると、髪の悩みのうち、「髪が絡まる」「指通りが悪い」と回答した割合は、この10年間で15%ほど上昇しているそうです。

髪が絡まることを悩む人の声1

髪の乾燥・・・痛んでいて絡まるんです

髪だけはツルツルで悩みなんか無かった私ですが・・・

30歳になり、年齢のせいもあるのかもしれませんが、痛んできました。

ゴワゴワと言うよりはギシギシ?という感じです。

すごく髪が絡まります。

髪が絡まる悩みの人の声2

伸びてきての悩みは髪が絡まる こと…癖毛気味でうねりがあるせいか、寝てる間に毛先が絡まったりなかなか思うような髪になってくれません。よく髪を触ってくる恋人に指通りが悪くてがっかりした顔をされるのもイヤで(^^;;

髪が絡まることについて、悩む人が増えているのですね~。

ではなぜ髪が絡まるのでしょうか???

髪が絡まる理由って何なの?

髪が絡まりやすい人の特徴として、

髪質が柔らかく、ぺたっとしている

カラー、パーマなどで髪(キューティクル)が傷んでいる

この2つが挙げられます。

猫っ毛の髪質の人髪の毛一本一本が細い、いわゆる”猫っ毛”と呼ばれる髪質の人は、髪にコシがなく、絡まることが多いタイプです。

傷んだ髪髪質に関係なく、カラーやパーマで髪のキューティクルが剥がれて傷んでいる人も、絡まることが多くなります。

通常キューティクルは閉じているのですが、傷んでしまうと広がってしまいます。

その結果、キューティクルが開いてしまった髪から水分が抜けて髪が傷んでしまい、絡まることがおおくなってしまうのです

ドライヤーの熱、髪の乾燥などまた、カラーやパーマをしていなくとも、髪のキューティクルは摩擦や静電気、暖房による乾燥やドライヤーの熱でダメージを負ってしまうこともあります。

髪を乾かさずに寝るお風呂の後に髪が濡れたまま寝てしまうと、髪が傷み絡まる大きな原因となるので、必ず乾かしてから寝るようにしましょう。

絡まる髪の対処方法! 絡まった部分をほどきたい!

外出先など、シャンプーやトリートメントがすぐにできない状況の時に絡まる髪に困ってしまったらどうすればよいでしょうか。

ブラシで無理やり解こうとするのはNG!

余計に髪を傷めてしまい、絡まりやすくしてしまうので避けましょう。

すぐに直したい場合は、手ぐしでゆっくりと絡まるところをを解いていくのが一番です。

この時、手元にヘアケア用のオイルなどがあるとベターです。

オイルを少し手に取り、絡まる部分に馴染ませるようにして解いていきましょう。

手ぐしや少量のオイルなどでの応急処置では歯が立たないほどに髪が絡まる時は、トリートメントかオイルを絡まった部分にベタッとつけてしまいましょう。

少量では解けないので、たっぷりと全体を覆うようにつけてあげて下さい。

その状態のまま2,3分ほど置き、後はたっぷりのお湯で流します。

それでも解けないような酷い絡まりの時は、美容院に行って取ってもらう事をおススメします。

対応していないかもしれませんので、電話で相談してみましょう。

プロにお任せしてみましょう!

髪が絡まるのを防ぐ方法が知りたい!

トリートメントを使う

傷んで絡まる髪は補修が大切になってきます。傷んで絡まる髪の毛はタンパク質が足りてないことが多いのでトリートメントを使って髪に栄養を与えることが大切です。 トリートメントにも色々種類がありますが、私が今やっているトリートメントは洗い流すタイプ、洗い流さないタイプの2種類です。

正しいトリートメントの方法

•シャンプーをする

•シャンプーが終わったら髪の水分をしっかりときる。(髪から水がボタボタ落ちないくらいに水気をきりましょう)

•トリートメントを髪の毛の中間位から毛先にかけて塗っていく(髪の根本につけるとベタつきの原因となるので根本は塗らないようにしましょう。)

•トリートメントを塗った後に、手ぐしか、コームなどを使って髪をとくとトリートメントが細部に行き渡ります。

•シャワーキャップを被るか、蒸しタオルで頭を保湿。

•10~15分置いてからすすいだら終わり(流しすぎないように注意、しっとりとするぐらいが適度です)

洗い流すタイプのトリートメントは、週に2~3回やるだけでも変わってきます。ていうか、やった方が確実に良いです。(笑)

洗い流さないトリートメントの使い方

La Sanaのトリートメント人気の商品です!

洗い流さないトリートメントは髪をドライヤーの熱から守ったり紫外線から守る役割を持っているので、タオルドライ後にトリートメントをつけてドライヤーをするだけでしっとりとした髪になります。

トリートメントをつけることで変わったのは、寝ぐせがつきにくくなった、髪が落ち着いた(バサバサしない)、一日中さらさらヘアが続くと、こんな感じです。

良いブラシを使う

これは、自分で色々使ってみて思いました。安いブラシなんか使ってちゃダメです。絡まるし静電気がすごすぎる…。ちょっと値段がはっても、良いブラシを使うだけで髪の艶が本当に変わります。

知人が良いブラシを持っていたので使わせてもらったのがキッカケだったのですが、いつもはブチブチ絡まる髪の毛がスルッととくことができたので感動しました。

タングルティーザーこの櫛は絡まる髪のお悩みを持つ方に、人気です!

三つ編みにする

就寝時には三つ編みにして寝るのがおすすめ。

髪と枕が当たる面積を少なくし、摩擦を起こす箇所を少なくしてくれます

三つ編みにして寝るのは、なんだか意外です!

ヘッドスパ

また、自宅や美容室でヘッドスパをするのも、髪の絡まりには効果的です。

頭皮の老廃物を取り除き、健康的な髪が生えてくるようになります。

髪が絡まる まとめ

いかがでしたか。

髪が絡まる原因はいろいろありました。

あなたが当てはまるものもありましたか?

日々のケアで髪が絡まる悩みは改善されるので、是非試してみてください!

一緒に絡まり知らずのツヤツヤ髪を目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする