《痩せる》3週間ダイエット!!どのような方法で痩せるの?

3週間と言うとダイエットにはかなり適している時間です。いろいろ方法がある中、これはと言う方法を私がセレクトし、紹介していきます。3週間ダイエットは実に簡単に無理なく痩せることが出来る方法なのです。3週間ダイエットについて取り扱っていきましょう。

3週間ダイエットはやる気と根気が必要で、でも手軽に出来ます

ダイエットには一定の期間を定めることが必要です。3週間と言うとダイエットをするには丁度いい目標になります。辛い運動などや生活習慣を改めることだけでを3週間続けるのです。以下のサイトには3週間おにぎりを食べるダイエット方法が書かれています。そちらも参考にしてみて下さい~!!

おにぎりを3週間食べると言うダイエット方法について書かれています。

3週間ダイエットの基本方針

それでは3週間ダイエットの基本方針を示していきましょう。どのようなことに注意して3週間ダイエットに挑めばいいのでしょうか?

食事対策と運動

3週間ダイエットでは食事制限と運動で脂肪を減らしましょう。糖質や脂質の多い食事は避けて、しかも尚しっかりと栄養は摂ると言うことと運動で筋肉をつけて、身体を痩せやすいものに変えるということが大事なのです。健康的なダイエットでは基本だと言えます。

体脂肪を減らす運動

体脂肪を減らす運動としてやはり有酸素運動があります。そして体脂肪直接的には減らさないけれども筋肉をつけて体脂肪を燃やしやすくする無酸素運動というものがあります。この両方を行うことが出来ればベストです。

しかし、有酸素運動は非効率的

実は3週間ダイエットにおいては有酸素運動と言うのはあまり効果が実感できるものではありません。それよりも負荷の大きな運動をして筋肉をつけ、代謝を上げると言うことが最も大事なのです。有酸素運動は辛く長くきついもので多くの方はここで挫折してしまうのです。

これが3週間ダイエットの基本方針です。大事なポイントは有酸素運動を如何にしないで痩せるということが出来るかということですね~!!以下のサイトにはダイエットに無酸素運動が必要だと言う記事です。そちらも是非ご覧になって下さい。

3週間ダイエットには必要だと言われる無酸素運動について書かれています。

3週間ダイエットの方法とは?

では3週間ダイエットの具体的な方法を見ていきましょう。どのようなことをすればいいのでしょうか?

トータルワークアウト式ダイエットがおすすめ

高タンパク・低糖質と低脂質の食事を1日に4~5回分けて摂るようにします。週に2~3回筋トレを筋肉痛になる前ぐらいまで行います。これは毎日摂取するエネルギー源(糖質)を極力減らし、その代わりに脂肪をエネルギーとして使い運動をすることと筋肉を鍛えることが大事ということなのです。

食事は?

食事は意外にも食べられるものが多く、鶏肉やヒレのお肉など脂肪分の少ないお肉や魚、海藻類やキノコ、葉物野菜などいろいろあります。特にたんぱく質が大事で1日50g以上は必ず摂るようにしたいものです。一方でNGな食材として3週間こういったものは我慢しないといけません。

・ご飯などの炭水化物

・乳製品(無脂肪や無糖質ヨーグルトは除く)

・にんじんなどの糖分が多い野菜

・お酒

トレーニングの内容は?

週に2~3回40分程度行うようにしましょう。スクワットや腹筋、背筋、腕立て伏せあとは肩甲骨をしっかりと動かすと効果的です。このようなことを3週間行えば非常に効果が必ず出てきます。3週間と言うのは短いようで実は意外に長い時間なので、忍耐を上手に発散することも必要になります。たんぱく質中心の食事をして3週間トレーニングを行えば身体の変化を感じることが出来るでしょう。以下のサイトには運動なしで痩せたい人のダイエット方法です。3週間ダイエットを試す前に是非読んでみて下さい。

3週間とは関係ないですが、運動をしないで痩せるダイエット方法を紹介しています。

3週間ダイエットで覚えておきたいもの

3週間ダイエットでの運動方針について付け加える知識に関する情報がありますので紹介しておきます。どのようなものが3週間ダイエットには必要なものなのでしょうか?

運動「30分続けないと…」は過去のもの?

 ダイエットや糖尿病の治療などに有効な有酸素運動。かつては「20~30分以上連続でしないと意味がない」とされてきましたが、近年は数回に分けても合計で20~30分行えば、連続で運動した場合と同じ効果が得られるというのが定説になっています。ところが、細切れの方がより効果があるとする研究結果が米国から報告されました。

「最も効率よく血糖値下げる運動は?」で熱い議論

 運動を行うと、血液中のブドウ糖が筋肉の細胞へ取り込まれ、血糖が低下する。これは医師の間でよく知られたことだが、どんな運動が最も効率よく血糖値を低下させるかについての検討は、今、熱い議論の最中である。

 このたび、米ジョージ・ワシントン大学の研究グループから、食後に1回15分のウオーキングを1日3回するという運動療法が、1回45分のウオーキングを1日1回するよりも血糖改善作用に優れることを示唆するデータが発表されたのでご紹介したい。

研究のポイント1:「メタボリック・チャンバー」を使用

 被検者10人は、1日目の午前7時半に空腹で集合し、採血の後に長時間連続で血糖値を測定する「持続血糖モニター」を付けられ、「メタボリック・チャンバー」で48時間を過ごした。持続血糖モニターは3日目の午前7時に外された。これを、4週間の間隔を空けて3回行った。

 メタボリック・チャンバーとは、室内の酸素濃度、二酸化炭素濃度を連続的に調べることができる気密性の保たれた小部屋のこと。中にはベッド、トイレ、流し台、トレッドミル(ルームランナー)、テレビ、パソコンが置かれており、部屋の中では決められた運動以外はしないこととされていた。これにより、被検者が通常の生活を送っている状況でのエネルギー消費をかなり正確に調べることができる。

 運動を行うのは2日目に設定され、(1)毎食後15分:毎食終了30分後(食事開始から60分後)に15分間の歩行を1日3回、(2)朝食後45分:朝食終了2時間後に45分間の歩行を1日1回、(3)夕食前45分:昼食終了4時間後に45分間の歩行を1日1回―のいずれかを実施。運動を行わない1日目と比較した。

 なお、運動の強度は3メッツ(普通に歩くことに相当)で統一され、食事は午前8時、正午、午後6時に朝食、昼食、夕食が開始され30分で食べるよう指示した。

研究のポイント2:毎食後3回が最善

 まず、1日のうちの血糖値の変化を運動日(2日)と対照日(1日目)と比較すると、毎食後15分や朝食後45分の運動では、平均血糖値の顕著な改善が認められていたが、夕食前45分の運動ではそうした効果は認められなかった。

 また、食後3時間の時点での血糖値の改善度合いを比べると、毎食後15分の運動で夕食後の血糖値が低下していたのに対し、朝食後45分や夕食前45分の運動ではそうした効果は認められなかった。

つまりは分けて運動するよりも毎食後細切れで運動する方が効果が出たということなのです。必ずしも継続的に運動することにこだわる必要は全くなくむしろ途切れ途切れ運動する方が良いのです。覚えておきましょうね~!!

3週間ダイエットとは?

3週間ダイエットと言うのは3週間食事を制限して運動をするということが基本になります。その食事は高タンパクで低脂質・低脂肪を心掛け、運動は筋肉をつける為の運動を行いましょう。またその運動は途切れ途切れでも構わないので、1日にしっかりとした量を行うことが出来れば3週間でもダイエットをすることが可能です。是非試してみましょうね~!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする