筋トレのダイエット効果!マメ知識や筋トレの効果について解説

筋トレのダイエット効果についてはいろいろありますが、筋トレについてのマメ知識なども交えながら筋トレダイエット効果について述べていきます。筋トレはいろいろ身体にいい影響を与えるということが解っています。その効果についてみていきましょう。

筋トレのダイエット効果!やはり太くなる心配がありますが・・大丈夫?

女性の方なんかには筋トレをするとダイエットにはならないくて太くなってしまうと言う心配がありますが、実は軽い筋トレはダイエット効果こそあれ太くなる前に止めてしまえばいいのです。筋トレをすることで心身ともに良くなるということを証明してみます。以下のサイトには筋トレで痩せる方法と言うのが載っていますのでそちらも是非ご覧下さい。

筋トレでダイエット効果を発揮するにはこういう方法が良いというのが載っています。

筋トレのダイエット効果

では筋トレのダイエット効果についてみていきましょう。どのようなダイエット効果があるのでしょうか~?

筋肉を動かすことでエネルギーが発生する

筋トレのダイエット効果については筋肉そのものを動かすことでエネルギーが発生し、ダイエット効果に繋がるというものです。スクワットなど大きな筋肉を動かすことは大きなエネルギー消費をすることにもなります。

筋肉の維持にエネルギーを使う

筋肉が増えると筋肉の維持にエネルギーが使われるようになり痩せやすい体になれるのです。筋肉が無いのとあるのとではそのエネルギーの基本的な消費が違ってくるので、ダイエットには筋肉が有った方がいいのです。

血流促進

筋トレのダイエット効果について筋肉を動かすことで体内の血流が促進され、それがダイエット効果に繋がるというものです。それは身体の老廃物などを流してくれると共に身体の新陳代謝を上げる働きがあります。特に足の部分などは血流が滞りやすいので効果抜群です。

筋トレのダイエット効果についてこのようなダイエット効果があるということが言えます。ダイエットには大事なポイントになるので押さえておきましょう。以下のサイトには下半身ダイエットについて書かれています。

下半身ダイエットの筋トレについて書かれています。太くなりたくない方には必見です。

筋トレのマメ知識

それでは筋トレもマメ知識を紹介していきます。ダイエットには関係あることもないことも果たしてどのようなことがあるのでしょうか~?

空腹時のトレーニングは避ける

空腹時のトレーニングは効果が薄いです。空腹時には血糖値が下がってしまって、かえって身体のエネルギーがないのです。ダイエットの脂肪燃焼にはこれが良いと思っている方いますが、それは効果の期待できないものです。

ウォーミングアップは軽く

筋トレ前にエネルギーを使っては効果的な筋トレは出来ません。エネルギーとなるのは糖質でこの糖質をしっかり筋トレ時に使うことがダイエットには有効なのです。

食後すぐのトレーニングも避ける

食後は胃腸などに血液が行く必要があります。この時に筋トレしてしまうと消化不良になってしまうのです。

夜に筋トレすると効率が良い

筋トレは夜行うと筋肉が傷ついたすぐに回復すると言う作業をします。ダイエット効果の面ではあまりいい方法ではありませんが、夜に出る成長ホルモンがこの筋肉の修復に関わっているので、しっかり筋トレして栄養補給をするのがいい方法なのです。

持ち上げる時より下ろす時の方が筋肉を使う

重りを下ろす方が楽な気がしますが、持ち上げる時より下ろす方が約1.3倍の筋力を使うということが解っています。下ろす時も神経を使いましょう。

息苦しい時は鉄分を補給

筋トレ中に息苦しい状態になった時には鉄分の不足が考えられます。

たんぱく質の摂取の仕方

筋肉を作るには体重1kg当たり約2gのたんぱく質が必要と言われています。たんぱく質が不足すると筋肉はつくどころか落ちてしまいます。たんぱく質の補給は筋トレには必要不可欠です。

筋トレ後に有酸素運動でダイエット効果

筋トレ後には体脂肪が分解されている状態が少しの時間続きます。筋肉の修復の為に使われるとされており、この時に有酸素運動を行うとさらに脂肪燃焼に働きかける効果があり、ダイエットには持ってこいです。逆のパターンで有酸素運動後に筋トレをするとホルモン分泌がされにくくなり筋トレの効率が悪くなります。

ビタミンB6

特にこのビタミンB6が筋力アップやたんぱく質の代謝、体脂肪の燃焼などのダイエットに必要な栄養素として働きます。鶏ささみなどはこのたんぱく質とビタミンB6が豊富に含まれているため筋トレには持ってこいの食品であると言えます。

以上が筋トレのマメ知識でした。筋トレのダイエット効果や筋トレ効果を上げる為に是非覚えておきましょうね~!!以下のサイトには女性のダイエットに関する悩みです。是非読んでみて下さい。

ダイエットの効果はどれが高いのか?そんな成功例から学びましょう。

筋トレ+有酸素運動は心身ともに効果―米研究

筋トレと有酸素運動はダイエット効果抜群の組み合わせですが、それ以外にも効果があると言う話です。

どちらか一方よりもQOL改善

 ダイエットや生活習慣病の治療に欠かせない運動。基礎代謝を上げる筋トレ(筋肉トレーニング)と、エネルギーを燃焼する有酸素運動に分けられるが、特に糖尿病患者ではどちらか一方をやるよりも両方行う方が、病状を示すヘモグロビンA1c(HbA1c)の値が改善すると報告されている(米医学誌「JAMA」2010; 304: 2253-2262)。この研究を行った米ルイジアナ州立大学ペニントン生物医学研究センターのValerie H. Myers氏らはさらに、体のQOL(生活の質)と心のQOLの面からも検討したところ、それぞれを単独で行うよりも併用した方が効果があると、2月19日発行の米医学誌「Diabetes Care」(電子版)に発表した。

体の痛みや精神の活力などを評価

 Myers氏らが行った研究「HART-D試験」は、座って仕事をする時間が長い2型糖尿病患者262人を、(1)有酸素運動だけをするグループ(有酸素群)、(2)筋トレだけをするグループ(筋トレ群)、(3)有酸素運動と筋トレを行うグループ(有酸素+筋トレ群)、(4)ストレッチとリラクセーションだけ行うグループ(対照群)―に無作為に割り付け、9カ月後のHbA1c変化を評価したもの。

 対照群と比べたHbA1cの改善は有酸素+筋トレ群だけで示され、有酸素運動と筋トレの併用が望ましいとした米政府発行の運動指針『2008 Federal Physical Activity Guidelines』の根拠を裏付ける結果が得られた。

 今回の検討では、4つのグループで試験前と9カ月後のQOLの変化を比較。QOLの評価には、身体的QOL(身体機能、体の痛み、体の日常役割機能、全体的健康感、総合の各スコア)と精神的QOL(精神の健康、精神の日常役割機能、社会生活機能、活力、総合の各スコア)を対象者が自己記入する「SF-36」を使った。

体のQOLは運動3群で変わらず

 その結果、身体的QOLでは、全体的健康感スコアと総合スコアが対照群に比べて運動を行った3グループで改善していた。また、身体機能スコアは有酸素群と有酸素+筋トレ群で、体の痛みスコアは筋トレ群のみで対照群と比べて改善が示されたが、体の日常役割機能スコアではどのグループも対照群との差が認められなかった。

 精神的QOLでは、総合スコアは運動を行った3グループと対照群の間に差が認められなかったものの、有酸素群と比べて有酸素+筋トレ群で改善。活力スコアは、有酸素+筋トレ群が対照群と有酸素群より改善されていた。

 以上のことから、その運動方法でも身体的QOLは改善されるが、精神的QOLが最も改善したのは有酸素運動と筋トレを両方行っていたグループだったことが明らかになった。

 Myers氏らは、有酸素+筋トレ群でHbA1cの改善が示された主解析の結果を踏まえると、有酸素運動や筋トレの単独よりも両方を行うことで、HbA1cだけではなく、QOLが全般的に改善されると結論。なお、対照群でストレッチとリラクセーション指導を行った点については、治療効果を及ぼすほどのレベルや参加率ではなかったとしている。

つまりは筋トレと有酸素運動の組み合わせは精神面でも非常に良い影響を与えるということなのですね~!!是非とも積極的の生活の中に取り入れたいものです。

筋トレのダイエット効果とは?

筋トレのダイエット効果とは以下の通りです。

・筋肉を動かすことでエネルギーが発生する

・筋肉の維持にエネルギーを使う

・血流促進する

そして筋トレのマメ知識とは以下の通りです。

・空腹時のトレーニングは避ける

・ウォーミングアップは軽く

・食べた直後のトレーニングも厳禁

・夜に筋トレすると効率が良い

・上げるより下ろす方が筋力を使う

・息苦しい時は鉄分を補給

・たんぱく質を摂取しよう

・筋トレ後の有酸素運動でダイエット

・ビタミンB6を摂ろう

です。是非覚えておきましょうね~!!また筋トレと有酸素運動の組み合わせは精神面でもいい効果が見込めることが解っています。筋トレのダイエット効果とは意外にも沢山あることが解ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする