ダイエットをするのに日記をつけると良いというのは本当ですか?

ダイエットをした人に話を聞くと日記を付けると良いと言われましたが、どんな理由で日記が良いのでしょうか。これからダイエットをしたいと思っている方のために、なぜダイエットに日記をつけると良いのかその理由を調べてみたいと思います。

ダイエットの基本的な食事

おでんダイエットなぜダイエットにいいのか、理由の1つは低カロリーの具が結構あること。また、ひとつひとつは結構大きいので満腹度や満足度は高いし、10キロカロリー前後のものが多くて食べ過ぎても太らないからだそうです。これも日記に付けるんでしょうか。

低炭水化物ダイエットと低脂肪ダイエット 効果的なのはどちら?

 脂質量とカロリー摂取量を制限する「低脂肪ダイエット」は、体脂肪や体重を減らすのに効果的であることが、研究で確かめられた。

炭水化物と脂肪、どっちを減らすのが最適か?低脂肪ダイエットが良いということです。

テレビや雑誌での露出により注目されている芸能人の体型。ちょっとの間に痩せてキレイになった芸能人をよくみかけます。気になる芸能人のダイエット方法。ここでは、4人の芸能人をピックアップしてそのダイエット方法を紹介します。明日からでも取り入れられる方法が満載です!4人の女性芸能人がどのダイエットで成功したか、その方法を報告しています。

減量ダイエットと運動ダイエット

こんにゃくパスタ減量ダイエットのこんにゃくパスタ。こんにゃくは低カロリーの代表です。

運動ダイエット運動してカロリーを消費してダイエット。一番良さそうですが、運動後は食べ過ぎそうな感じですね。

ダンスでダイエットヨガやダンス等年々流行りますが、基本は運動エネルギー消費によるダイエットだと思います。

運動で体重を減らせる人は3割程度

 体重を減らす事を目的に運動に取り組む人は少なくない。しかし、実際には、多くの人がさまざまな方法を試みているにも関わらず、体重減少に成功し維持できた例は多くないという調査結果が発表された。

 

体重を1日1回以上はかると減量に成功しやすい

 

1回10分の運動でも回数を増やせば効果がある

 基本的に体重が減るメカニズムは単純だ。身体活動や運動などで消費するカロリーが、食事で摂取するカロリーを上回っていると、数ヵ月で体重は減る。

 運動の量を増やして、カロリーを燃焼しやすいコンディションを維持できれば、体重は減りやすくなる。

1日30分の運動と食事のコントロール、そして1日1回ははかりを見るということだそうです。日記をつけるのはこのはかりと同じ効果があるんでしょうか。

テレビや雑誌、様々なダイエット法が世の中にはありますよね。痩せるために色んな方法を試した人も少なくないと思います。色んなダイエット法がある中で今回は縄跳びダイエットの効果について調べてみました。縄跳びダイエットの効果やメリット・デメリット、エア縄跳びとは!?縄跳びダイエットについて雑誌等で紹介された事例を紹介しています。

ダイエットの日記とは

ダイエット日記のすすめダイエット日記がなぜ効果があるのか具体的に説明されていますのでご紹介します。

日記を勧める理由1

理由1:太る原因、痩せるポイントが一目でわかるから

ダイエットを始める・・・というと まず何から始めますか? 多くの人は、食事制限をしますね。しかし、食べないダイエットはリバウンドします。確かにダイエットには食事制限は必要ですが、極端にただ食事量を減らすだけの制限は絶対にやめましょう。

極端な食事制限をしないためにも、まずはダイエット日記をつけることが大切です。いわゆる、レコーディングダイエットです。2007年、岡田斗司夫さんの著書「いつまでもデブと思うなよ」でレコーディングダイエットが紹介され、マスコミでも大きく取り上げられましたよね。

レコーディングダイエットが流行っていますが、日記をつけるのが最適だということです。

日記を勧める理由2

理由2:ダイエット成功への意識が自ずと高まるから

ほとんどの人が、今まで色々なダイエットで失敗し、挫折しています。ダイエットを初める前から

「私には無理かな」

「また長続きせずに失敗するだろう」

「痩せられるはずがない」

と思っている人が多いように感じます。あなたはどうですか?そういった後ろ向きな気持ちでは痩せませんよ。ダイエットは持続、継続することが大切です。

ですから、まずはダイエットへの意識を高めましょう。何度も言いますが、1ヶ月など短期間で体重を落したいなら、食べなければ痩せます。でも必ずリバウンドします。ですから、短期間で体重を落そうと思わないで下さい。

体質改善には3~6ヶ月はかかるということ。この間に日記を付けましょうということです。

日記を勧める理由3

理由3:自分に合ったダイエット法を生み出せるから

ダイエット日記を記録することで「体の流れ」が理解できてきます。3~6ヶ月で体の流れの変化が必ずわかります。「体の流れ」とは何なのかと言うと、リンパの流れや血液の流れのことです。この体の流れが変わってくると、冷え、むくみ、疲労感もなくなってきます。

「こうしたほうが体重が落ちやすいんだ」 「この時間に水分を摂ると体重が落ちない」

など、あなただけの変化を知ることができるのです。こうして、自分に合ったダイエット法を身につけることで、ダイエット成功後に、もし再び生活習慣が乱れて太ったとしても、すぐに体重を落とすことができるようになるというわけです。

長期間の日記をつけると、自分の体質が分かってダイエットの時期や方法が分かるということです。

実際のダイエット日記

リフィルダイエット日記ネットで無料ダウンロードし、リフィレ式になって綴じる日記ということです。

普通のノートでダイエット日記市販のノートを日記式に活用している例です。家計簿と同じ感覚でお金は必要ないでしょう。

見た目ダイエット日記体重よりも見た目で痩せたい方のための日記だそうです。ビジュアルダイエットというそうですが、日記同様に毎日記録が必要だそうです。

写真で管理するダイエット日記のアプリ体重記録と食事の写真を撮影して日記式に記録し、ダイエットを支援するアプリだそうです。写真で体重が増えた原因が分かるそうです。

ダイエット日記のまとめ

ダイエット日記がなぜ効果があるのか調べてみましたが、最初のモチベーションを持続させるために日記をつけたり、自分に合ったダイエット法を見つけるために日記をつけている人が多いと感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする