今話題の半日断食の効果について!驚きの効果があることが解りました

あなたは半日断食という方法を知っていますか~?半日断食とはいったいどんなことなのでしょうか~?またその効果は?いろいろ紹介していきます。半日断食には驚きの効果があることが解りました。身体にとっても良い方法なのですよ~!!

半日断食ってどんなものだと思いますか?

あなたは半日断食と言うのは聞いたことありませんか~?その名の通り半日(18時間ぐらい)ものを食べないということです。半日断食によってどのような効果があるのでしょうか?半日断食のやり方などと共に紹介していきます。以下のサイトには半日断食ではないのですが断食に関する記事があるので紹介しておきます。

半日断食に近いプチ断食この方法について書かれています。

半日断食の効果とは?

それでは半日断食の効果などをそのやり方と共に紹介していきます。

半日断食によって胃腸を休ませる

半日断食によっての効果が胃腸に現れることでしょう。通常の食生活では胃腸は絶えず動いていて、休まる暇がありません。また食べることによる腸内のバランスの乱れなどからいろいろな不調が起こってしまうというものなのです。

半日断食の効果で一番大きなものはデトックス効果だ

半日断食の効果で一番大きなものはデトックス効果でしょう。このデトックス効果身体の中に溜まってなかなかでない老廃物などを半日断食で出してしまうというものです。

集中力が高まる

お腹が空いている時目がさえていませんか?それと同じで半日断食では集中力が続き仕事などに打ち込みやすくなります。これによっていろいろな難題などが解決したという話も聞くくらいです。

やり方は簡単18時間モノを食べなきゃいい

半日断食のやり方は簡単で18時間何もモノを食べないということです。水分補給は必要ですから水や野菜ジュースなどを飲むぐらいはしても良いです。固形物を取り入れないことで身体の余計な老廃物を流す働きがあります。

便秘解消も

半日断食では便秘解消の効果も見込めます。宿便と言う腸に溜まってなかなか出なかった便も出すことが出来るようになります。便秘解消に伴って肌をキレイにしてくれることや抜け毛の改善なども期待することが出来ます。半日断食の効果についていろいろ見てきました。特に胃腸を休めることで本来の胃腸の働きを促すことが出来るというのです。以下のサイトには半日断食ではないのですが、断食の効果についても書かれています。そちらも是非ご覧下さい。

ヨーグルト断食ダイエットについて書かれています。断食の効果についても書いてありますので、それもみておきましょう。

半日断食の効果を実感できる期間とは?

半日断食の効果を実感できる期間というのがあります。その効果を実感できる期間や身体の変化などを紹介していきます。

まず出てくるのは好転反応

よく薬やサプリメントなどで聞かれる好転反応ですが、半日断食に関してはお腹が当然空きます。すると眠くなったり、めまいや頭痛と言った症状が出てくる場合があります。これを乗り切ってしまえば身体は半日断食を受け入れたことになります。また下痢などの症状が出ると言う人もいるようです。人により様々な効果や反応が出ますので注意が必要です。

どのくらいの期間やればいいの?

半日断食のこれと言ったルールは決められていませんが、18時間モノを食べないということさえ守っていればそれは一週間に一度だろうが、構いません、効果を期待出来るならおそらく一か月後ぐらいに身体が慣れてきて、デトックス効果などが発揮出来るという方が多いようです。以上が半日断食の効果が出る期間についてでした。人により様々な反応が出るので、身体の変化と思って焦らないで対応することが大事になります。以下のサイトには好転反応についても書かれています。そちらが詳しく書いてありますので、ご一読下さい。

半日断食ダイエットでも訪れる好転反応その効果について書かれています。

半日断食に似た8時間ダイエットについてその効果など

半日断食とは正式に言えませんが似たようなダイエット方法に8時間ダイエットがあります。そのやり方や効果について紹介していきます。

8時間は何でも食べてOK

 「食事制限をしないダイエット」というのがよく話題に上る。例えば、一時期流行った「好きなだけ食べていいダイエットスープ」などが有名だ。そもそも、ダイエットという言葉が食事制限を意味するものであるため、そこから矛盾をはらんでいるのだが、それだけ食事制限によるシェイプアップはつらいということなのだろう。

 だが、こうした方法は食べてもいいメニューが制限されるなどの欠点が多く、定番のダイエット方法として定着していないのが現状だ。

そんな中、新しいダイエットがにわかに注目を浴びている。それが8時間ダイエット。こちらはその名前の通り、1日のうち8時間だけ食べ物を食べていい時間を作り、残りの16時間は食べ物を口にしない、というものだ。

 この8時間の間には基本的に何を食べてもいいのだが、「卵と脂身の少ない肉、乳製品、ナッツ類、豆類、ベリー類、色の明るい果物、穀物、緑の葉野菜」の8種類をスーパーフードとし、1日の食事に、この中から2種類を取り入れることが推奨されているという。

食事スケジュールが大事

 この生活を始めてみてさっそく気付いたのは、このダイエットはかなり無理矢理でないと1日3食を食べるという生活が難しい、ということである。初日は午前11時に朝食(というかほぼ昼食だが)を取り、午後5時少し前に2食目を取ったのだが、これでは3食目まで2時間しか空けられず、結局3食目を取ることなく断食タイムを迎えることに。寝る前の3時間程度、かなりの空腹感にさいなまれることとなった。

 このダイエットの鬼門となるのは、8時間が過ぎた後の空腹である。もともと筆者がこれだけ太ってしまったのは、ダラダラとジャンクフードなどを食べ続ける習慣によるところがかなり大きいのだが、それにしても、午後7時~深夜2時の起きている7時間、何も食べずに過ごすというのは、普通の人にとってもかなりつらいのではないだろうか。

判定は…?

 とはいえ、この変則的な生活をずっと続けるのは正直かなりつらい。睡眠時間を8時間と仮定すると、8時間は食べてはいけない時間となり、体力や気力も落ちるのが実感できる。また、普通の社会人が8時間以内に3食を取れるのかという疑問も残る。

短期間で痩せなければいけないなどの特殊な事情があれば別だが、筆者にとっては他の健康的なダイエットの方がいいと感じた。あくまでも変化球のようなもの、という認識で行った方が無難だろう。

結果としてダイエットは一週間で6キロ痩せたようです。しかしつらい空腹感半日断食ダイエットでもこの空腹感との闘いが勝負の分かれ目となりそうです。

半日断食の効果とは?

半日断食の効果というのはどのようなものでしょうか?もう一度整理します。

・胃腸を休める効果

・デトックス効果

・便秘改善

・美肌や抜け毛の減少など

やり方は18時間モノを食べないということです。効果が実感できる前に好転反応という身体の不調が起こります。そしてそれを乗り切って一ヶ月ぐらいで効果が出てくることでしょう。似たようなダイエット方法に8時間ダイエットがありますが、これも空腹感との闘いになるということです。半日断食ダイエットでも訪れるものであることは間違いありません。しっかりと覚えて正しい方法で半日断食をするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする