放置しておくと危険な病気になることもある鼻炎の症状。紹介します。

鼻炎の症状、春のスギやヒノキが多くなる季節になると、鼻水やくしゃみが止まりませんよね。鼻炎の症状の対策は、あなたはとっていますか?放置しておくと重大な病気になることもあるんです。毎年起こるそんな鼻炎の症状をご紹介します。

鼻炎の症状である花粉症

季節性鼻アレルギーとは、その名の通り、春のスギやヒノキ、夏のカモガヤ、秋のブタクサなどをアレルゲンとして起る、

季節性のあるアレルギー性鼻炎のことです。

鼻炎の症状である花粉症、毎年厄介ですね。ずっとくしゃみや鼻水が出ますもんね。スギやヒノキが特に酷い時はすごいですもんね。外出する時はマスクの着用は必須です。鼻炎の症状である花粉症用の薬も携帯すべきですね。

一般的に、花粉症と呼ばれるもので、

今や国民病といっても過言でないくらい、この花粉症に悩む人は年々増加傾向にあります。

国民病なんですね。それだけ春などには花粉が飛んでる。大変ですね。病院に行く人もたくさんいると思います。鼻炎の症状である花粉症、病院で貰う薬なら薬局で売っているものよりも効果大だと思います。

鼻炎の症状である花粉症の症状

季節性鼻アレルギー(花粉症)は、2月3月頃、スギ花粉が舞う季節に多くの人がなり、悩まされます。

春のスギ花粉、厄介ですね。質の高いマスクを買うべきです。安い物だと花粉を通してしまうかもしれません。症状が酷い方はすぐ病院で薬を貰うべきです。

いわゆる、「スギ花粉症」と呼ばれるものです。

その症状は、くしゃみ、鼻水のほかに、涙目や目のまわりのかゆみ、頭痛などがあります。

鼻炎の症状である花粉症の花粉。くしゃみ、鼻水、涙、何も対策しなければすごく出ますもんね。異常なほど出て苦しむ方も多いと思います。酷い方なんかは、鼻水がずっと垂れてる方もいますね。

花粉症はスギ花粉以外にも起こることがあり、初夏から秋にかけてブタクサやヨモギなどによっても起こることが知られています。

鼻炎の症状である花粉症、春のスギ以外にもブタクサやヨモギなどでも起こる。外出も控えた方がいいですね。家の中にいても酷い方もおられますからね。

花粉症は、春先が多いというイメージが強いのですが、意外と夏や秋に花粉症に悩まされる人も多いのです。

鼻炎の症状である花粉症、夏や秋にもなるんですね。花粉症に弱い人は病院で薬を貰うべきです。ずっと鼻水流れるのも辛いでしょうから。

鼻炎の症状である花粉症の対策

鼻アレルギーにならない対策で、有効なのはアレルギー物質を近づけないことです。

花粉症の場合は、なるべく外出しないことがベストですが、そうも行ってられませんよね。

鼻炎の症状の花粉症は、アレルギー物質を近づけないことなので、高性能なマスクを着用することですね。外出する時はもちろん、家でも酷い時は着用した方がいいですね。

しかし、様々な方法で花粉から回避することが、季節性鼻アレルギー(花粉症)を予防する第一歩なのです。

鼻炎の症状である花粉症の花粉をいかに回避するか、一度病院で医者に聞いて見るのもいいですね。どうやったら回避できるのか?

花粉は、風が強く、晴天で空気が乾燥した日や、雨上がりの翌日で天気が良い日に多く飛びます。

鼻炎の症状である花粉症の花粉、風の強い日なんか特に入りやすいですね。マスクだけでなく、目も守る物を着用することも必要だと思います。

このような日には必ずメガネやマスクを着用し、帰宅時には、玄関先で服や髪の毛についた花粉を払い落とし、部屋に入るようにしてください。

鼻炎の症状である花粉症の花粉を防ぐには、マスクはもちろんですが、メガネ、これは花粉対策用のものを利用するといいでしょう。家に入る時はコートは脱いで、おもいっきり叩くことですね。全身もよく叩く。花粉がついたままでは、家族も鼻炎の症状が出るかもしれません。

洗濯物や布団の取り込みは、花粉をよく落としてから部屋に入れるのが基本です。

これは大事ですね。鼻炎の症状である花粉が多い日は洗濯物は外に干さず、乾燥機で乾かすか家の中で干す事ですね。

鼻炎の症状の悪化

アレルギー性鼻炎は、放置しておくとだんだん悪化していきます。

その症状として代表的なのが、味覚や臭覚の低下です。

食事をしても味や匂いが分からなくなってしまいます。

鼻炎の症状、ほったらかしておくと怖いですね。食事をしても味や匂いが分からなくなる。そうなってはせっかくの楽しみであるおいしい食事も楽しめません。

その他、眠れない、集中力の低下などの症状を招きます。

くしゃみ、鼻水がひどくて眠れない。

口を開いて寝るので口の中が乾き、喉が痛くなる。などの症状が出ます。

また、常にイライラした状態が続く場合もあります。

鼻炎の症状で悪化すると不眠になるんですね。大変です。不眠になると。あとイライラした状態が続くこともあるんですね。不眠になったら眠剤を病院で貰う事も考えた方がいいと思います。

さらに放っておくと、副鼻腔炎、中耳炎を発症してしまうケースもあります

鼻は喉を通して耳とつながっているので、鼻づまりにより鼻やその周囲に炎症が起こり、頭痛を起こす副鼻腔炎になったり、

中耳炎に発展する場合があります。

鼻炎の症状で、さらに放置すると大変な病気になるんですね。やはり鼻炎の症状が出たら、放置せず病院で治療を受けるべきです。大変な病気になってからでは遅いです。早めの診察を受けましょう。

風邪でもないのに、くしゃみや鼻水が出て、とまらないようならアレルギー性鼻炎をまず疑い、医者に相談するのが良いでしょう。

鼻炎の症状で苦しんでいるなら、すぐ病院で医者に診てもらいましょう。市販の薬で大丈夫などど言わず、病院で専門家に見てもらう方がいいです。そっちの方が確かです。

アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)は、ダニやハウスダストのほか、花粉など様々なものがあります。また、それに応じて様々な治療法もあるので、かかりつけの医者に相談してください。

鼻炎の症状の原因であるダニ。日頃からきちんと掃除してダニをなくすことが大事ですね。

くしゃみが1日に20回以上、完全に鼻づまりが続くようなら、重症度の高いアレルギー性鼻炎です。抗ヒスタミン剤を投与したりする、

薬物療法で対処することもあります。

重度の鼻炎の症状が出たら、すぐ病院で治療を受けましょう。

鼻炎のまとめ

軽症でも重症でもすぐ病院で診てもらいましょう。放置しておくと重大な病気を引き起こすからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする