運動なしダイエット!?本当に痩せるの?その方法を検証します

運動なしでダイエットを成功させたいと言う方も多いようです。運動なしダイエットのやり方について紹介していきます。運動なしでダイエットが成功できるのならこれほど良いことはありません。しかしその壁も高いことも事実なのです。生活習慣などから見ていきましょう。

運動なしダイエットを成功させるには?

運動なしでダイエットを成功させることが出来るのならこれほど良いことはありませんよね~?今回は生活習慣から運動なしダイエットを成功させる秘訣を学んでいきましょう。以下のサイトには運動なしの痩せる方法としてココナッツオイルダイエットについて紹介します。是非ともご覧くださいね~!!

運動なしで痩せるにはこの方法!ココナッツオイルダイエットについて書かれています。

運動なしダイエットを成功させる生活習慣

では運動なしダイエットを成功させる生活習慣について学びましょう。どのような生活を送ればいいのでしょうか?

運動なしダイエットを成功させる生活習慣①水を飲む

運動なしでダイエットをするにはやはり水を飲むということが大事です。どのくらいの量を飲めばいいのかと言うと約2Lぐらいが良いとされています。水を飲むことによりデトックス効果や代謝のUPが期待出来ます。また便秘解消や食欲の抑制などにも働くを言われています。水は常温で500mlずつ分けて飲むようにしましょう。そして噛むようにしながらゆっくりと時間をかけて飲むとより効果的です。水を飲むことで胃酸などの働きを抑えることも出来ますし、満腹感を得られることになります。また水の吸収や尿として排出される時にエネルギーを使うのでこれも効率的です。

運動なしダイエットを成功させる生活習慣②炭水化物を抜くダイエット

エネルギーとして主に使われる炭水化物それを置き換えるダイエット方法がかなり食事としては大事とされています。炭水化物を抜くダイエット方法に詳しいやり方については以下のサイトに書かれています。

炭水化物抜きダイエットについた書かれています。

運動なしダイエットを成功させる生活習慣③炭酸水ダイエット

これも水と似たようなものですが、今流行りのダイエット方法です。しかし効果はかなりあるのです。その効果とは炭酸ガスが血中に入ると身体が一時的に酸素不足に陥ります。その効果というのは運動をして酸素を消費しているときと同じくらいとされています。食事前に炭酸水を飲むと食欲抑制に働きかけると言う研究結果もあります。食事前に数回に分けて飲むようにしましょう。

運動なしダイエットの成功させる生活習慣④食事の工夫

以下のようなことを守って食事を行うと効果的なようです。

・午前中はフルーツだけにする

・昼食は必ずスープとサラダを付けて

・夜の炭水化物は厳禁

・代謝を上げる為に2~3時間おきに一回は何か食事を摂る

・夕食には野菜をまず食べる

このようなことに注意して食事をしましょう。

運動なしダイエットを成功させる生活習慣⑤睡眠

睡眠の時間を侮ってはいけません。寝ている時間をしっかりととることで肥満の防止になると言う研究結果も出ています。しっかりと3時間は集中して眠るようにして7時間ぐらいの睡眠時間は取るようにしましょう。このようなことに注意して生活を送れば運動なしでもダイエットを成功させることが出来ます。運動なしでダイエットをするのは実に健康的な生活を心掛けるということが大事なのです。以下のサイトには睡眠とダイエットに関する記事を載せておきます。運動なしで痩せたい方は見てみて下さいね~!!

特別な運動なしでダイエットする方法それは睡眠です。

運動なしダイエットを成功させる更なる方法

運動なしダイエットを成功させる更なる方法について見ていきましょう。

運動なしでガムを噛んでいればいい

運動なしダイエットにはガムを噛んでいるということでかなりの食欲抑制に繋がります。何かを口に入れていることで食べているという感覚を身体に教え込ませるのです。それはとても大事な食べ過ぎ防止ということに繋がるのです。

運動なしでダイエットするには食欲を抑制するということが大事なポイントです。ガムを噛んで顎を動かすことでその役割を果たすことが出来るからです。ダイエットの成否に関わることなのでしっかりとしておきたいものですよね?

ダイエットの失敗は脳の仕業?その理由とは?

ではここで運動なしダイエットの成否に関わる文献を見つけましたので紹介しておきます。

ダイエット失敗で起きる「リバウンド」は脳の仕業!?

人間の体は食事を取らずにエネルギー不足となると、まず体内の「筋肉」を燃焼させてエネルギーを補おうとする。一般的なイメージでは、食事を抜くと脂肪が減ると思いがちだが、真っ先に減るのは筋肉なのだ。

 他には栄養が足りず飢餓状態となることで、体の各機能が衰え代謝も悪くなる。この状態で運動しても、脂肪の燃焼効率が悪化する、つまり普通に食事をしている時よりも脂肪は落ちにくくなってしまう。

 美容・健康食品の研究を行う(株)本物研究所によれば、無理な絶食ダイエットを行うと「ストレスを感じた脳が過剰に栄養を要求する」ため、リバウンドが発生するという。自分の意思とは無関係に、生きるためのエネルギーを余分に蓄えようと、炭水化物や糖分を過剰に摂取したくなるよう脳が仕向けてしまうのだ。断食ダイエットを効果的に行うには、無理をせず短期間、特別なドリンクなどで栄養を摂取しながら行うことを推奨している。

 日本で唯一の公的な「断食道場」として知られる五色県民健康村健康道場(兵庫県)で行われている断食も、脳に「低カロリーの食事を覚えさせること」で過食を防ぐ方法が取られており、やはり脳が引き起こす過食欲求を防ぐことが重要となっている。

 そもそも「食事を楽しむ」ことは、何も悪くない。過剰に食べ運動もしないから余分な脂肪が付いてしまうが、適切な量を食べて楽しむだけならば問題はない。榎木さんも不食を終えてからは、さまざまな種類の料理をゆっくりと味わいながら楽しんでおり、「今後の食レポは口うるさくなるかも」とコメントしている。ダイエットのために行うのが「絶食」なら、「不食」は「食事をより楽しむため」に行うもの、と言えるかもしれない。

運動なしダイエットの代表格である断食について書かれています。運動なしで痩せるには上手に脳をごまかす必要があるのですね~!!

運動なしダイエットとは?

運動なしダイエットとは運動をしないで痩せる生活習慣を身に付けることです。そして痩せる食品などを摂り、痩せる習慣を身体につけることです。時には脳をコントロールして食欲を抑制すると言うことが大事になります。運動なしでも身体を基礎代謝で燃えるのです。それを上手に利用して痩せるということがダイエットへの近道なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする