子供によく見られる症状の嘔吐、原因や対処法・ホームケアのまとめ

子供はよく病気になるので、心配がつきものですが子供に良く見られる症状で嘔吐があります。子供の嘔吐の原因って何?子供が嘔吐した時の原因や対処法やホームケアはどうしたら良いのでしょうか?子供が突然嘔吐したとき、まずは落ち着いて慌てず冷静になりましょう!

子供が嘔吐してしまう原因って何??

子供の嘔吐の原因が分かりやすく書いてあります。

身近にある子供の嘔吐の原因とは子供とまとめて言っても実際はも乳児から幼児、小学生以上とありますよね。

それぞれの時期によって原因もそれぞれあります。

生まれつきの胃の病気、胃の発達の問題・食べ過ぎ飲みすぎ、アレルギー・乗り物酔いなどによるものもあります。集団生活に入るとどんどん病気にかかる原因も回数も増えて行きます。

よくきく原因でウィルス性胃腸炎や自家中毒などもありますよね。

大人でもつらいのに子供が・・・となると本当に心が痛み心配です。

もし突然吐いてしまっても「吐いた!!」と慌てずに落ち着いて冷静に対処できるように、日頃から調べ頭の隅っこに置いておくと心強いでしょう。

子供(乳児)が嘔吐してしまう原因とは??

赤ちゃんが大人に比べると頻繁に吐いてしまうのは、胃の形に問題があるからです。通常、胃の入り口はきゅっと閉じるようになっているため、胃の中に入っているものが飛び出したり、逆流したりすることはありません。しかし、赤ちゃんの胃の入り口は緩く開いていることが多いため、ちょっとした刺激で、簡単に胃の中の物が外に飛び出してしまうのです。

胃を水風船に例えると、わかりやすいでしょう。入り口をしっかり閉じていないと、ちょっと水風船を押しただけでも水が飛び出たり、漏れたりします。赤ちゃんの胃は、これと同じ構造になっているのです。

母乳やミルクを飲んでゲップど出してあげてからお布団におろした瞬間や、お着替えで体を動かした時、おむつ替えでお尻をあげた時などとにかく赤ちゃんは吐きやすい。

もし目を離した時に嘔吐してしまい嘔吐物が気管に詰まらないように対策をしておくことも大切です。

。背中に丸めたタオルや傾斜のついた枕を入れて、赤ちゃんの右側が下になるよう、横向きで寝かせてあげましょう。 胃が腸へとつながる出口が右側にあるため、右下にする事でスムーズに消化することができます。

子供(赤ちゃん)で胃の発達が原因の場合は生後6か月頃から徐々に減っていくことが多いですが、それでもたまにはゲポッ出てしまうことも・・・。そんなときは喉に詰まらないように気をつけてあげると良いでしょう。

先天的な病気

新生児嘔吐の原因は非常に多くのものが考えられます。嘔吐の状態から原因が推測できるものには、

・食道閉鎖症(泡沫状嘔吐)

・幽門狭窄(噴水状嘔吐)

・先天性腸管閉鎖(胆汁性嘔吐)

・上部消化管閉塞(無胆汁性嘔吐)

があります。

  

その他には

1.胃腸関連の異常

2.神経系の異常

3.感染症

4.代謝異常

5.アレルギー等

が考えられます。

1には先に挙げた消化管の異常と、・便秘が原因の大腸拡張・腸炎・胃食道逆流症等が、2には水頭症・頭蓋内の出血等が含まれており、いずれのケースでも病気が原因の嘔吐では、専門医に相談の上、適切な治療や手術を受けることが必要になります。

胃の発達によっておこる赤ちゃんの嘔吐とは違う先天的な病気によるものは

噴水のように嘔吐したり、体重が増えずに減ってしまったり

脱水症状や下痢など他にも症状が見られます。

「あれ?」と思ったら日時や状況、赤ちゃんの様子などをメモ書いたり顔色など先生に伝えにくい場合は写真や動画を撮って残すようにしましょう。

子供(幼児~小学生以上)の嘔吐の原因とは??

幼児から小学生以上の子供が嘔吐する原因は乳児に比べて様々な原因があるように思います。

まずは遊び方です。走り回って転んだり、高いところからも転落で頭を打った時も嘔吐してしまうこともありますし、子供が集団生活に入ればノロウイルスなど胃腸炎が原因だったり自家中毒になったりします。食べ過ぎ飲みすぎで嘔吐してしまう子供もいますし、病的なものと様子を見ていても大丈夫な時がありますので子供が嘔吐したときは冷静に全身の状態をチェックし処理をしましょう。

子供が頭を打った!!まずは落ち着いて!!

子供がベッドやソファー、チャイルドシート・自転車・ベビーカー・遊具から落ちて頭を打ってしまった!!

お座りしていて後ろに倒れたり転んだり・・・一番心配になるのが頭ですよね。もしも、子供が頭を打って嘔吐してしまったら,,,。ちょっときになるぶつけ方をしたときは状況や時間を把握しメモをとりましょう!!ぶつけてしまった時、一番先にチェックすることは泣くかどうかです。ぶつけてすぐにギャーっと泣けばまずは安心です。そして、ぶつけた場所を触ってたんこぶができているか、きれていないか出血などを確認しましょう。

たんこぶが出来ている場合は保冷剤やすれたハンカチなどで冷やしてあげましょう。出血がある場合は清潔なタオルやハンカチで押させて傷の大きさや出血の多さを見て病院へ。迷った場合はまず電話で聞きましょう!!

ぶつけたあとに呼んでも反応が無かったり目つきがおかしかったり意識が無いような場合は至急病院へ。

ぶつけてから30分は様子を良く観察しましょう。

ぶつけたその日は長湯を控え、少し静かに過ごして様子を見たほうが良いですね。

もしかしたら時間が経ってから痙攣など起こすことがあるかもしれません。

もしそのような状態になったときは救急車を!

頭を打ってから元気が無くて心配という時は受診した方が安心です。

子供の自家中毒。症状と原因とは?

よく聞く自家中毒とは、発熱や下痢がなくただただ繰り返し吐くという症状が数日続きます。そのため体力が低下してしまうなどの原因で食欲が落ちたり体がダルくなったりお腹や頭が痛いと言う症状が出ることもあります。

特にこれと言った治療はありませんが、脱水症状を予防するため点滴をすることも。

自家中毒の原因は疲れやストレスも関係しているため、おうちではお話を聞いてあげたり、睡眠時間を確保するなど疲れを溜めない生活を心がけましょう。

冬に流行りやすい子供の胃腸炎原因と対処法

冬に流行るウィルス性胃腸炎。

子供に感染してしまうと、家族内での感染の危険が・・・!!

原因をしっかり把握し、子供に感染しないよう予防していくことが大切です。

完璧には予防はできませんが少しでも原因を理解し子供が感染するリスクを減らしましょう。

ノロウイルスは早ければ10時間以内、通常は24~48時間の潜伏期間の後に、下痢、嘔吐、発熱などの症状が出始めます。発病すると嘔吐や下痢を繰り返し、激しい腹痛が1~2日ほど続きます。

脱水症状にならないためにもこまめな水分補給を心がけましょう。

水分を摂ってもすぐに吐いてしまったり。オシッコが出ないという時は病院へ。

ロタウィルスの場合は、激しい嘔吐が起こり、水状のサラサラした白っぽい下痢便が続きます。吐き気はほとんど1~2日でおさまりますが、下痢は1週間ほど続きます。熱は出る場合も出ない場合もあります。まれに合併症として、脳炎、脳症、けいれんなどが起こります。

ウィルス性胃腸炎に感染する原因は、たいてい感染者の汚物を介して手にウィルスが付いてしまい、手洗いをせずに手で食べたり目や鼻などに触れることによって粘膜から体の中に入ってきます。

衣類や絨毯などについたモノが乾燥して空気中に舞い、吸い込んでしまっても感染してしまいます。ノロウィルスは、カキなどの2枚貝を加熱せずに食べてしまうことが原因でも感染します。

貝類はきちんと加熱して食べましょう。

子供の嘔吐、対処の仕方!焦らず落ち着いて!!

子供が吐いた時の対処法

子供が吐いてしまう原因は様々ですが、どんな原因でも、吐いた時の対処の仕方を1つ覚えておくことで、いざというときに慌てずにす見ます。

吐いた時の原因がノロウィルスだ!と素人には原因がわかりません。処理をしたあとに受診してから原因が分かる事がほとんどです。どんな状況でも徹底した処理の仕方を頭の中に入れておきましょう。まずは直接、吐瀉物や汚れた衣服など手で触らないという事を徹底しましょう。

ゴム手袋とマスクを着用は必須です。

子供がいる時期はマスクとゴム手袋は常備しておきましょう。

汚物の処理方法(可能であれば行ってください)

①便や嘔吐物を処理するときは、できるだけ使い捨ての手袋とマスクを着用しましょう。

②便や嘔吐物はペーパータオルなどで取り除き、ビニール袋に入れます。

③残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、その上から50倍から100倍(※)に薄めた市販の塩素系漂白剤を十分浸るように注ぎ、汚染場所を広げないようにペーパータオルでよく拭きとります。

④ウイルスは乾燥すると空気中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、便や嘔吐物を乾燥させないことが重要です。嘔吐物やおむつはできるだけ早く処理するようにします。

子供の嘔吐の原因 まとめ

さまざまな原因でおこる子供の体調不良ですが、どんな時も冷静に対処できるように日頃から情報を集めることも大切です。

そして、必ずこまめにメモを取る、全身の状態をチェックをしましょう。慌てなくても良い場合やすぐに受診する場合などお母さんの直感と言うものも結構重要だったりしますが、とにかく慌てずに対処してあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする