人にうつるウィルス性感染性胃腸。その原因から対策までのまとめ

ウィルス性の感染性胃腸炎は、風邪やインフルエンザのように人にうつる疾患です。ノロウィルスに代表されるように、しばしば冬場に大流行するので注意が必要です。ここでは人にうつるウィルス性の感染性胃腸炎について説明したいと思います。

今回のコンテンツ「人にうつる感染性胃腸炎」

人にうつる感染性胃腸炎についてこれから説明します。

《紹介順》

・人にうつる胃腸炎:ウィルス性感染性胃腸炎とは

うつる原因:ノロウィルス

うつる原因:ロタウィルス

・感染性胃腸炎がうつる経路

・感染性胃腸炎がうつる期間

・感染性胃腸炎がうつるのを防ぐには

・人にうつる感染性胃腸炎について知識を深めましょう

それでは早速、人にうつる感染性胃腸炎について見ていきましょう。

人にうつる胃腸炎:ウィルス性感染性胃腸炎とは

ウィルス性の感染性胃腸炎は人にうつる病気です。今回はウィルス性の感染性胃腸炎について、見ていきたいと思います。

感染性胃腸炎とは、細菌やウイルスなどの病原体による感染症です。ウイルス感染による胃腸炎が多く、毎年秋から冬にかけて流行します。

うつる原因:ノロウィルス

成人も多くかかり、冬に感染が広まることで有名です。主に食べ物、カキなどの二枚貝から人に感染するといわれています。生野菜やよく火の通っていない食べ物が汚染されている場合もあります。

うつる原因:ロタウィルス

冬に多く乳幼児に多い病気で、5才までに90%の人が感染するといわれています。米のとぎ汁のような白っぽい水下痢が特徴です。多くの人がかかる病気ですが悪化しやすく、脳炎を併発したり、命にかかわることもあります。

ウィルス性の感染性胃腸炎はノロウィルスやロタウィルスなどのウィルスによって引き起こされます。ウィルス性なので人にうつるため、冬場などに流行します。

胃腸風邪についての情報が説明されています。感染性胃腸炎について理解するときにオススメです!

感染性胃腸炎がうつる経路

感染性胃腸炎が人にうつる感染経路は、どのようなものなのでしょうか?感染性胃腸炎のうつる経路について、早速見ていきましょう。

原因となる病原体には、ノロウイルス(Noro virus)、ロタウイルス(Rota virus)などのウイルスのほか、細菌や寄生虫もあります。

感染経路は、病原体が付着した手で口に触れることによる感染(接触感染)、汚染された食品を食べることによる感染(経口感染)があります。

ロタウイルスは経口感染で、保育園などでの集団感染がみられます。ノロウイルスは食べ物(生カキやホタテ貝などの二枚貝やサラダ、汚染された飲料水など)や調理人の手などを介して感染し、成人でのウイルス性食中毒の原因の大半を占めます。

食品からうつる経口感染をはじめ、接触感染や飛沫感染によって人にうつると言われています。

感染性胃腸炎の色々な情報が説明されています。原因や対処法について知りたいときの参考になります!

感染性胃腸炎がうつる期間

感染性胃腸炎が人にうつる期間はいつ頃なのでしょうか?

感染性胃腸炎にかかった場合、1~2日症状がありません。その後、嘔吐下痢の症状が現れ、治るまでに1週間くらいはかかります。その間はうつる可能性が高いので、特に注意する必要があります。

インフルエンザなどとは違って薬はないため、水分摂取と対症療法しかありません。

感染性胃腸炎は、学校保健法上予防すべき伝染病と明確には規定されていません。

学校によっては、ウイルス性胃腸炎であるノロウイルスの感染に対して独自の出席停止期間を設けているところもありますので、学校への確認が必要です。学校によっては、治癒証明を病院で書いてもらうよう義務付けらている学校もあります。

感染拡大防止のためにも、症状が少しでもあり、周囲へ感染の可能性があると判断出来る場合は、嘔吐や下痢症状が治まるまで自宅で安静に療養するようにしなければなりません。体内のウィルスは、1ヶ月間も留まっている可能性があります。

症状が治まるまでは家庭で療養しして、症状が治まったことを学校と医師に相談した後、学校に登校させるのがベストでしょう。下痢や嘔吐をしないことをしっかり確認してから、送り出してあげましょう♪

感染して症状が治まるまでの1週間程度は人にうつる可能性があります。

お腹の風邪に関して紹介されています。その症状、もしかすると感染性胃腸炎かも?

感染性胃腸炎がうつるのを防ぐには

感染性胃腸炎がうつるのを防ぐには、どのようなに対処したらいいのでしょうか?

感染性胃腸炎は、ほとんどの場合、患者との接触 (便、吐物など)や、汚染された水、食品によって経口的に感染します。手洗い、うがいを励行し、日常的に清潔を保つことが重要です。

ノロウイルスは冬の胃腸炎の主な原因で、嘔吐や下痢を引き起こします。食中毒のように、このウイルスに汚染された水や食品を口することで感染しますが、風邪のように人から人へも感染します。また、感染しても症状が現れないことがありますので、家族に胃腸炎症状がある時は要注意です。 排便後や調理前は流水でしっかりと手を洗いましょう!

うつるのを防ぐためには、手洗い、うがい、消毒などを徹底し、清潔に保つことに尽きます。嘔吐物や便などからも感染するので、トイレの利用の際にも注意が必要です。

人にうつる感染性胃腸炎について知識を深めましょう

人にうつる感染性胃腸炎に関する情報をいろいろ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

人にうつる感染性胃腸炎について少しでも参考になればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする