顔の毛穴大丈夫?見られても平気になるための毛穴ケア紹介します!

スキンケアの時間は女性にとってとても大事なものですが、顔の毛穴に悩んでいる方も多いですよね?なかなか頑固な顔の毛穴ですが、少しでも引き締めてゆで卵肌を目指しましょう!効果的なケアとやってはいけないことなど紹介していきます。

そもそも顔の毛穴が開く理由は?

顔の毛穴。

触るとざらざらしていたり、見た目にも気になってしまいますよね。

きちんとケアしているはずなのに、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そんな顔の毛穴、そもそもなぜ目立ってしまうのでしょうか?

乾燥による顔の毛穴

あなたの毛穴が開いて、

目立つようになってしまう主な原因は、

⇒角質層に「うるおい」がなく、毛穴周りの皮膚がヨレヨレになっていること。

私たちの、いま見えている肌は「角質層」と呼ばれる部分になります。

その角質層には、本来『バリア機能』というものが備わっていて、肌を守ったり、水分を蓄えたりしています。

顔の毛穴が目立つ大きな理由は乾燥によるもののようですね。

角質層にある「バリア機能」なども、お肌が乾燥しているとうまく働くことができなくなってきます。

顔の毛穴のコントロールがうまくできていない

毛穴が目立つ原因のひとつは、毛穴が開きっぱなしになっているからです。皮脂を出すなど必要な時に開き、必要でないときはしっかり閉じる……これならさほど気にならない。しかし、この毛穴の開閉コントロールがうまくできていないと、皮脂が出っ放しになってしまいます。そして余分な皮脂が出口に栓をして、さらに酸化し黒ずむことで余計に毛穴が目立つ……という悪循環が発生するわけです。

毛穴の引き締めのために必要なコントロールがうまくできていない場合ですね。

加齢による顔の毛穴

もともと鼻下の毛穴は、穴自体が大きいという事情に加え、長年の顔そりでダメージが蓄積し、黒ずんでしまう場合も。それでもやっぱり、年齢を重ねるごとに目立ってくるのは、肌の弾力やハリがなくなり、皮膚がたるんできてしまった証拠。毛穴がしずく型に開いて戻らなくなってしまうのです。

もうひとつの大きな理由が肌のたるみによって顔の毛穴が目だってしますことです。

こちらは毛穴の形がしずく方になっている場合が多いです。これらはすべて、肌の乾燥や運動不足、食生活の乱れなど、ターンオーバーが乱れることによって引き起こされています。

顔の毛穴ケアには、ターンオーバーも大きく関わってきますので、顔の毛穴のケアだけではなく、生活習慣なども一緒に見直していきましょう。

毛穴のつまりや改善方法に関して詳しく書かれています。

ターンオーバーて何?

ターンオーバー。

お肌のケアなどの記事や雑誌を読んでいると良く出てくる言葉ですよね。

そもそもターンオーバーとは何なのでしょうか?

そもそもターンオーバーとは

肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、さらに表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。

このように表皮は絶えず入れ替わっているため、表皮に傷がついてもかさぶたとなってはがれ落ち、きれいな肌に生まれ変わるのです。

肌のターンオーバーとは、俗に言う新陳代謝により、古い皮膚が剥がれ落ちていくまでのサイクルすべてのことを言うんですね。

このターンオーバーがうまく言っていると、周期的に新しい皮膚に変わっていくので、お肌をいつでもきれいに保っている状態にできます。

ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもいけない

古い肌から新しいものに変わるのですから、早いほうが良いのかと思いがちですがそんなことはありません。

そもそもターンオーバーには個人差があり、加齢とともに緩やかに遅くなっていくものなのです。

ですので、過度に遅すぎたり早すぎたりすると、どちらも肌トラブルの原因となります。

ターンオーバーが遅い

ターンオーバーが遅い場合は角質が溜まりくすんだり、薄皮を重ねたようなごわつきが出てきます。また傷跡も治りにくくなります。スキンケアとしては適度なピーリングを定期的に行なうことが効果的です。ただしホームケアではやりすぎてしまうなどのトラブルも考えられるため、美容クリニックを利用していただくことがオススメです。

この場合、はがれ損ねた古い角質と同じように、毛穴に詰まっている角質なども排出されずに毛穴に残りやすくなってしまいます。

ターンオーバーが早い

顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまいます。ターンオーバーが早く乱れた肌は、核を持ったまま(不全角化)表面に押し上げられた状態となり、未熟な細胞のまま表面に上がりゴワゴワしている状態ですので、水分を保持することが難しく乾燥したりします。ワセリンやクリームで表面を滑らかにし、丁寧に保湿と保護をして洗いすぎないようにすると正常化につながります。

こうなってくるとお肌は乾燥して柔軟性がなくなってしまいます。

実は毛穴ケアにとって、お肌の柔らかさもとても大事です。顔の毛穴が気になるから、ターンオーバーを促進させたいからといって、過度のピーリングなどはやめましょう。

ターンオーバーを正常にするには

ずいぶん前から言われていますが、睡眠をしっかりとりましょう。よる22時から2時までの間がターンオーバーがもっとも活発になる時間帯だといわれています。

この時間にしっかりと睡眠をとることができれば一番ですが、そうもいかない、という方はなるべく毎日の就寝時間を同じ時間くらいから取れるように調整するのもありだそうです。

そして、食生活の中で意識してビタミンを取るように心がけましょう。

紫外線は肌のターンオーバーの周期を短くします。

紫外線は肌にダメージを与えるので、肌細胞が早く細胞を修復しようとして、ターンオーバーの周期を早めてしまうのです。

なかなか知られていませんが、紫外線もターンオーバーにはよくありません。

女性の場合、日焼けも気になりますので、紫外線対策はしっかりしないといけませんね。

顔の毛穴ケアでやってはいけないこと

爪で押し出す

黒ずみや角栓を爪で押すと、ニュルっと角栓が押し出されて一時的にきれいになったように見えますが、これはNGです。皮膚を傷つけるだけでなく毛穴がさらに大きくなってしまいます。その後皮脂が分泌されると、たっぷりと毛穴に角栓がたまることになり、ますます目立つことに。

気になる角栓ですが爪で無理に出すのはやめましょう。

同じように毛穴パックもやりすぎはいけません。適度に使う分にはいいものですが、あとのケアもきちんとしないと爪で押し出したときと同じリスクがあります。

洗顔の仕方

ゴシゴシ、しっかり洗って皮脂を落としすぎるのもNGです。こすりすぎることで肌を痛める原因にもなり、毛穴が広がってしまう可能性があります。また、皮脂の落とし過ぎは皮脂の過剰分泌を招くことになります。

顔の洗顔時にしっかりこすって洗うと、すっきりしますよね。

ですがこれも良くないようです。顔の皮膚というのは、ほかの体の皮膚とは違って極端に薄くできています。

優しくたっぷりの泡で、泡を顔に押し付けるようにして洗いましょう。顔を無理にこすって洗っていると、たるみやしわの原因にもなりますので、注意が必要です。

角栓が何故詰まってしまうのか詳しく書かれています。

顔の毛穴ケアに効果的なこと

洗顔の仕方

元々、顔の皮膚は薄いものなので、なるべく刺激を与えない事が重要です。

まずはたっぷりの泡を作り、優しい洗顔を心がけましょう。

顔と手の間に、常に泡があるようにして、泡を動かして洗う意識で洗顔を行います。

時間があるときなどは蒸しタオルを使って、優しく毛穴を開いた後に洗顔をすると、無理なくきれいに毛穴をきれいにすることができます。

もちろん洗顔料が残っていると肌トラブルを引き起こしてしまうので、すすぎもしっかりとしましょう。

洗顔の仕方など詳しく書かれています。

ちょっとしたプラスケアを

洗顔後、化粧水等をたっぷり吸収させた後、ここでいよいよ毛穴レスな肌を作るためのアイテムが登場です。

そうです。そのアイテムとは「保冷剤」です。

どこの家にも1つはあるであろう、あのケーキ等を買うと付いてくる保冷剤のパックです。

少し前に冷水洗顔というのがはやった時期がありましたよね。

ですが、冷水で洗顔した後というのはスキンケアがしんとうしているのか、不安になった方もおられると思います。

そんな場合は保冷剤で手軽に毛穴ケアをしましょう。

やり方としては、お風呂上り、スキンケアをした後に気になるところに保冷剤を当てて冷やすだけ。これだけでも毛穴を引き締めることができるんです。

もちろんいきなりきれいになることはないかもしれませんが、徐々に毛穴が引き待ってくるのを実感できると思います。

冷たいものなので、ハンカチなどにくるんで当ててくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になるのになかなかきれいになってくれない顔の毛穴。けして消えないものではありませんが、ケアの実感までに時間がかかるのでくじけてしまう方も多いと思いますが、原因と対策をきちんとして、憧れのゆで卵肌になれるまでがんばりましょう。

参考にしてもらえればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする