親の「入院費用」はどれくらいかかる?

75歳以上の親の医療費は1割または3割

親が入院した場合、費用はどれくらいかかるのか不安になります。必要となるのは、医療費の自己負担額、食事代(1日3食)、差額ベッド代(希望して個室などに入った場合)、おむつ代や先進医療などの保険適用外の費用、そして病院に通う家族の交通費等です。

医療費(外来・入院)の自己負担額は、親の年齢とその所得によって違いがあります。70歳未満の親は3割負担。70〜74歳の親は2割または3割。75歳異常の親は1割または3割りとなります。月をまたいだ入院の場合は、月末締めで翌月に、退院時の精算は退院日の前日くらいに、概算の請求書が病室に届けられることが一般的です。事前に請求書の提示がない場合は、こちらから聞いてみるといいでしょう。

80歳の親が大部屋に2週間入院した場合

詳細は「高額療養費制度」の記事で説明しますが、医療費は所得によって「自己負担限度額」が定められており、青天井ではありません。ここでは例えば父親(80歳)が2週間入院したケースを考えてみましょう。

  • 医療費の自己負担限度額 44,400円(上限に達しなければもっと安い)
  • 食事代 10,920円(1食 260 円 ✕ 3 回 ✕ 14 日)
  • 差額ベッド代 0円(大部屋であれば)
  • 先進医療 0円(施されていなければ)
  • 家族の交通費 10,000円(タクシー往復 2,000円 ✕ 5 回)
  • 合計 65,320円

意外にかかるのが交通費などの雑費です。交通の便が悪かったり遠方だったりすると、たびたびタクシー利用になることも。それほど遠方でなくても、仕事帰りに寄ろうとすると、「面会時間に間に合わないから」とやはりタクシー利用となりがちです。

また、なかには「おむつ代」1日 1,500 円などという病院もあり、かなりの出費になることもあるようです。

入院時に必要となる費用

  • 医療費の自己負担額
  • 食事代(1日3食)
    全国一律で原則1食 640 円。治療の一環として費用のうち 380 円が医療保険でまかなわれ、自己負担は原則1食 260 円。ただし、2016年度からは 360 円、2018年度から 460 円になる予定
  • 差額ベッド代(希望して個室などに入った場合)
  • おむつ代や先進医療など保険適用外の費用
  • 家族の交通費など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする