もう少し入院したい場合の病院とは?

在宅復帰を目指す「地域包括ケア病棟」

一般病院で急性期の症状が安定すると、早期に退院することはご存知のとおりでしょう。しかし、在宅での療養に不安があり、もう少し入院治療したい場合もあります。そこで選択肢となるのが、「地域包括ケア病棟」です。「回復期リハビリテーション病棟」は脳血管疾患など入院可能な条件が厚生労働省によって細かく決められているのに対して、こちらの要件はゆるやかです。

  1. 状態は改善したが、もう少し経過観察が必要
  2. 病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要
  3. 在宅での生活にあたり準備が必要

医師の判断で提案されます。同じ建物内に「一般病床」と「地域包括ケア病床」が備わっている病院でも、治療内容や料金体系は異なり、移る場合には部屋も変わります。そして、在宅復帰をスムーズに行うために、「在宅復帰支援計画」にもとづいてリハビリが行われ、最長60日以内での退院が原則です。

介護保険適用・医療保険適用の「療養病床」

高齢者の病気は長引くことが多く、寝たきりとなることも少なくありません。症状は安定しているものの、長期のりょうようが必要とされる場合に適用となるのが「療養病床」です。医療保険が適用される「医療型」と、介護保険が適用される「介護型」があります。

ただし、国は高騰する医療費を削減するため、寝たきりの高齢者らが長期に療養している「療養病床」は減らす方針で、リハビリ病院や介護施設などへの転換が進められています。
病状によって、適する病院は異なります。医師や看護師、医療ソーシャルワーカーと、早め早めにしっかり相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする