介護での家族の役割分担はどうする?

「主たる介護者」は誰か

地域包括支援センターなどで親の介護について相談すると、「主たる介護者は、どなたになりますか?」といった質問をされます。

家族と言っても、住んでいる場所や介護にかかわれる時間にはそれぞれ違いがあります。どうしても、誰かが介護の中心的役割を担うことになります。

通常、両者が揃っているケースでは、元気なほうの親が「主たる介護者」になります。あるいは、その親も元気とはいえない場合は、同居している子、もしくはもっとも身近(距離的、心情的)にいる子が「主たる介護者」となるでしょう。その者が、どれくらい介護できるかを考えた上で、できない部分をサービスで補う形でケアプランを立てることになります。

[kanren postid=”107″]

専門職や家族との「調整・交渉役」を誰が担うか

一方、介護を担うにあたっては、医療や介護の専門職との連携が必須です。以前にも、入院すると「緊急連絡先」や「保証人」を求められると紹介しましたが、介護を行っていく際にも、サービスを利用するには「契約」が必要で、「緊急連絡先」も求められるでしょう。「主たる介護者」がその役割も兼ねるケースがありますが、高齢の親などには難しい可能性もあります。

要介護者本人の意向をしっかり聞き、その希望を専門職に橋渡しする役割を誰がニア糠、家族で話し合って決めておきたいものです。

例えば、長男から「何とか施設を探してください」と地域包括支援センターに電話がかかってくる一方で、長女からは「毎日、ホームヘルパーを利用できるようにしてほしい」と要望するようなことが起きています。これでは、専門職としても困惑するばかりです。「家族間で意見を調整して、窓口を一本化してください」と言われます。

家族間の意見を調整し、外部の人との交渉をする「キーパーソン」は、身近にいる者がベストとは限りません。家族によっては「長男」「長女」が適していたり、あるいは常日頃から渉外の仕事をしているような子が向く場合もあります。「主たる介護者」になんでもかんでも任せるのではなく、家族間で役割を考える。そうすることで、「みんなで介護する」体制が整い、「主な介護者」の負担が軽減します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする