介護サービスを計画してくれるのは誰?

サービスの選定・手配・調整を行う専門家

介護保険の申請をして、結果が出るまでおよそ30日。次の手順は「介護(介護予防)ケアプラン(サービス計画書の作成」です。

まず「ケアプラン」とは、利用者の状況に合わせて介護保険サービスを、いつ、どれだけ利用するかに関する計画のことです。本人や家族で作成すること(自己作成)も可能ですが、実際には要支援1、2であれば「地域包括支援センター」が、要介護1〜5であれば「ケアマネージャー」という専門職に作成を依頼するケースが多いです(作成は無料)。このケアマネージャーは「介護支援専門員」とも呼ばれ、介護サービス事業者の選定・調整などのコーディネート業務を行う介護の専門職です。

ケアマネージャーは居宅介護支援事業所に所属

ケアマネージャーは居宅介護支援事務所に所属しています。デイサービスや訪問介護事業所に併設している「併設型」と、併設しているサービスのない「独立型」があります。併設型の場合、併設サービスの特色をよく理解している一方、本来、他の事業所のサービスも使えるのに、自分の事業所のサービスばかりすすめられるという不満の声を聴くことも。独立型の場合、中立な立場でどこのサービスでも利用しやすいメリットはありますが、併設サービスがないことを不安に感じる人もいます。

併設型の場合はさらに、併設している事業者が訪問介護事業者やデイサービスなどの「介護系」か、病院や訪問看護事業所などの「医療系」かに別れます。

ケアマネージャーの主な仕事

  • 介護サービス計画(ケアプラン)を作成
  • 居宅サービス事業者や施設等との連絡調整
  • 介護保険の給付管理事務

つまりケアマネージャーとは……。

いつ、どこで、どんなサービスを、どの事業所から、どれくらいの時間を受けるかを考え、利用者とサービスを提供する事業者の間をコーディネートし、さらに利用料の管理を行ってくれる人。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする