介護保険の介護サービス:どんな「介護サービス」が受けられるの?

「訪問」「通い」「宿泊」そして「施設入所」

介護保険で利用できるサービスには、要介護1〜5と認定された人が利用できるサービス(介護給付)と、要支援1〜2と認定された人が利用できるサービス(予防給付)があります。大きくわけると以下のようになります。

訪問

「訪問」により、日々の生活で困っていることを援助してもらうことができます。サービスとしては、ホームヘルパーによる身の回りの介護や生活援助を受ける「訪問介護(ホームヘルプサービス)」。家庭を訪問する巡回入浴車で、入浴の介護を受ける「訪問入浴介護」。家庭で看護師・保健師などから療養上の介護や診療の補助を受ける「訪問看護」。家庭で理学療法士・作業療法士からリハビリ指導を受ける「訪問リハビリテーション」。最後に、家庭で医師・歯科医師・薬剤師などから療養上の管理・指導を受ける「居宅療養管理指導」があります。

通い

「通い」なら運動量が増え、利用者同士の交流を楽しむこともできます。介護者の負担軽減にも役立つでしょう。自宅での入浴が危なっかしくなっているような場合、施設の広い浴室で介助を受けながら入れると、本人も家族も安心感が高まります。原則、「通い」は送迎付きです。

サービスとしては、デイサービスセンターなどで、入浴・食事・機能訓練などを受ける「通所介助(デイサービス)」や、老人保健施設や医療施設などで、機能訓練を受ける「通所リハビリテーション(デイケア)」があります。

宿泊

施設に短期間する「宿泊」するサービスは、介護者が疾病、冠婚葬祭、出張の際、また身体的・精神的負担を軽減するために利用できます。連続利用日数は30日まで。

受けられるサービスは、介護老人福祉施設などに短期間入所し、介護や機能訓練を受ける「短期入所生活介護(福祉施設へのショートステイ)」や、介護老人保健施設などに短期間入所し、医学的な管理のもと、介護や機能訓練を受ける「短期入所療養介護(医療施設へのショートステイ)」があります。

施設

さらに、在宅での介護が難しくなった場合に入所できる「施設」サービスも用意されています。常時介護が必要で、自宅での生活が困難な人に、介護や機能訓練、療養上の世話を行う施設である「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」。病状の安定した人に、看護やリハビリを中心とした医療ケアと介護を行う施設である「介護老人保健施設(老人保健施設)」。長期にわたる療養や介護を行う医療施設「介護療養型医療施設」が選択肢となります。

その他のサービス

その他にも有料老人ホームなどに入所している人が、施設が提供する入浴・排せつ・食事等に係る介護や機能訓練を受ける「特定施設入居者生活介護」、特殊ベッドや車いすなど、日常生活の自立を助けるための福祉用具を借りる「福祉用具貸与(レンタル)」、特殊尿器や入浴補助用具など、レンタルになじまない福祉用具の購入費の支給を受ける「福祉用具購入費の支給」、手すりの設置や段差の解消など、住宅改修費の支給を受ける「住宅改修費の支給」や、ケアマネージャーにプランを作成してもらう「居宅介護支援(サービス計画の作成)」など多岐に渡ります。

メニューは多いが課題もある

このようにサービスのメニューはそろっていますが、特に「宿泊」(ショートステイサービス)や、「施設入所」については、需要と共有のバランスが悪く、使いたくても使えないケースが多くなっています。

さらに家族が「宿泊」や「施設入所」を希望しても、親本人が希望しないケースもあります。今後詳しく紹介していきますが、「宿泊」にかぎらず、「訪問」「通い」についても、本人が望まない場合にどうするかは大きな課題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする