「通所・宿泊」サービス(デイサービス・ショートステイ)はどう利用する?

入浴、リハビリ、家族のリフレッシュに

親が介護を要するようになったとき、身近な介護者には様々な負担が生じます。例えば、入浴介助。素人が行うと、足腰を痛めることもあります。また、介護される側が不安定な体勢に恐怖心を頂くことも。特に、老いた親が老いたもう一方の親を介護するような「老々介護」の場合は注意しましょう。施設に通うサービスなら、施設内でプロの介助のもと入浴できるので安心です。

通所系のサービスには「デイサービス」(通所介護)、「ショートステイ」(短期入所生活介護、短期入所療養介護)があります。ワゴン車等で利用者宅を巡回して自宅前まで送迎してくれます。デイサービスとデイケアは、朝8時半ごろ送迎車で迎えに来て、夕方5時過ぎに送ってくるというスタイルが一般的です。もう少し短時間のものや、最近では、「お風呂だけ利用したい」といったニーズにこたえるサービスも出てきました。一方、「ショートステイ」は施設で宿泊します。

親のニーズや相性にあった事業所を選ぶ

実施されているプログラムは、施設ごとで違いがあります。医学的な管理が必要だったり、リハビリの希望があるケースには「デイケア」や「短期入所療養介護」が適するでしょう。その他、どういった状態の利用者がいるのか、人数や男女比、介護度などによっても相性があります。施設の雰囲気に馴染めないということも考えられるので、利用を希望する場合は、親本人と家族で下見・見学をしてスタッフと相談の上、親の心身の状況、性格に合ったところを選びたいものです。

デイサービス・デイケアとは?

  • デイサービス(通所介護)
    デイサービスセンターや特別養護老人ホームなどの福祉施設に通って、入浴、食事、機能回復のための訓練、レクリエーションを行う
  • デイケア(通所リハビリテーション)
    介護老人保健施設や病院などの医療施設に通って、主治医の指示を受けてリハビリ等を行う
  • ショートステイ
    1. 短期入所生活介護
    2. 短期入所療養介護

    施設に短期間入所して、日常生活上の介護や機能訓練などを行う。 1 は特別養護老人ホームなどの福祉系施設、2 は介護老人保健施設などの医療系施設に入る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする