介護のための住宅改装:段差を無くす・手すり

親の家は段差だらけで転倒が心配!

要介護度に関係なく上限20万円まで

退院してきたものの、家の中は段差だらけ。親が暮らす古い住宅は、いまだ和式便所……なんていうこともあるでしょう。心身機能の低下っした親が安心して安全に暮らせるよう、介護保険では要介護度に関係なく上限20万円まで住宅改修費が支給されます。

介護保険での「住宅改修」で注意すること

利用する上で注意したいポイントがいくつかあります。まず、忘れてはならないことは、「事前の申請」です。着工後の申請は制度の対象となりません。そこで、事前にケアマネージャーや地域包括支援センターに、高齢者のための住宅改修を得意とする業者の選定もあわせて実施について相談しましょう。

また、1回の改修で20万円を使いきらずに、数回に分けて使うこともできます。改修後に引っ越した場合や要介護度が著しく高くなった場合、再度支給を受けられます。施設入所、入院中の場合は改修できませんが、退所・退院を前提とした改修なら可能です。退院後の生活のために入院中に改修するのも一案です。対象となるのは介護保険証に記載されている住所地(=住民票上の住所)のみです。

また、例えば、両親ともに介護保険で介護や支援が必要だと認められているケースでは、40万円まで使うことができます。ただし、1件の工事に重複して使うことはできません。父親の分はてすりに、母親の分は段差解消に、といった具合に分ける必要があります。

さらに、自治体によっては、独自サービスとして「住宅改修」を助成しているところもあります。その場合は、介護保険の20万円と合算できる可能性があるので、事前にサービスの有無や利用方法を確認しておきましょう。

介護保険が適用される住宅改修

  • 手すりの取りつけ
    例:トイレ・浴室・洗面所・廊下・玄関まわり・階段など
  • 段差の解消
    例:玄関まわり・トイレ・廊下・居間など
  • 滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
    例:階段・浴室・玄関まわり・和室など
  • 引き戸等への扉の取り換え(扉の撤去を含む)
    例:トイレ・浴室など
  • 洋式便器等への便器の取り換え
  • その他上記に付帯する必要な工事
    例:手すりやスロープ設置のための下地工事など

たとえば、改修費用が25万円で、負担割合が1割の場合の自己負担額は、

[20万円の一割」 + [20万円を超えた分] = [自己負担額]

[2万円]     + 「5万円]       = [7万円]

介護ベッドや車いす、手すりを使いたい

自立した生活のために福祉用具を借りる

介護保険では、日常生活の自立、機能訓練に用いるため、あるいは介護者の負担を軽くするために、福祉用具を借りることができます。実際にかかった費用の1割または2割を自己負担します(用具の種類、貸出料は事業所によってことなる。)

介護保険の対象となる福祉用具は車いす、介護ベッド、手すりなど下の表の13品目となっています。ただし、車いす(付属品を含む)、特殊寝台(付属品を含む)、床ずれ防止用具、床ズレ防止用具、体位変換器、特殊認知症老人徘徊感知機器、移動用リフトについては、原則要介護度2より重度と認定を受けている人、また自動排泄処理装置は要介護4、5の人のみ借りることができます。

もっとも、対象になっていない用具でも、例外的に給付可能となるケースがあるので、必要な場合は担当の地域包括支援センターやケアマネージャーに相談してみましょう。

トイレ・入浴関連は福祉用具を買う

福祉用具のなかでも、利用者の肌が直接触れるもの、例えばポータブルトイレや入浴用品、特殊尿器の交換部分などは、レンタルがなじまない商品なので購入費が支給されます。限度額は1年間で10万円です。

利用する際は、償還払いとなっています。まず利用者が全額(10割)支払って購入し、後で市区町村へ申請して払い戻し(9割または8割)を受けます。指定を受けた事業者から購入した場合のみ対象者となるので、事前に地域包括支援センターやケアマネージャーに相談して下さい。

福祉用具貸与・特定福祉用具購入

  1. 車いす(自走式車いす、介助用電動車いすなど)
  2. 車いす付属品(クッション、電動補助装置)
  3. 特殊寝台(介護ベッド)
  4. 特殊寝台付属品(サイドレール、マットレスなど)
  5. 床ずれ防止用具(エアマットなど)
  6. 体位変換器
  7. 手すり(据え置き型など工事を伴わないもの)
  8. スロープ(工事を伴わないもの)
  9. 歩行器
  10. 歩行補助つえ(松葉杖、他点杖など)
  11. 認知症老人徘徊装置
  12. ジッどう排泄処理(交換部分は除く)

費用の目安(介護保険:1割負担の場合)

  • 電動ベッド    :800〜2000円程度
  • トイレ用手すり  :100〜500円程度
  • 歩行器      :200〜600円程度
  • 手動式車いす   :300〜1000円程度

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする