ケアマネージャーの変更ってできるの?

介護者の立場をかんがえてくれないケアマネに困惑…

ケアマネージャーや事業所は変更できる

親の介護を行っていくためには、ケアマネージャーと二人三脚で進める必要があります。しかし、家族の要望に耳を傾けてくれなかったり、どうしても要介護者(親)との関係がうまくいかないなど、信頼関係を築くことが難しい場合にはケアマネージャーの変更を行うことができます。

担当のケアマネージャーに不満がある場合は、その所属の居宅介護支援事業所に連絡をして、別のケアマネージャーに変えてほしい旨を伝えます。「嫌だから」では角が立つかもしれませんから、「合わないので」と言ってみましょう。それでも言いにくいときは、「親との相性が悪い」と言えば問題ないでしょう。

事業所ごと変更したい場合は、最初に事業所を探したときのように、一覧表や口コミ等で新たに居宅介護支援事業所を探します。そして、現在ケアマネージャーを利用しているけれども変更したいことを相談してみましょう。そのケアマネージャーから前のケアマネに連絡して、手続きを進めてくれることもあります。

地域包括支援センターで相談

あるいは、地域包括支援センターに相談します。「どのケアマネがいいか」といった直接的なアドバイスは期待できませんが、例えば、「もう少し医療面に配慮したケアプランが望ましい」と相談すれば、看護師出身のケアマネのいる事業所を教えてくれるでしょう。

変更できるということは、介護保険制度のルールで定められたことです。心配せずに実行し、ストレスをため込まないようにしたいものです。

ケアマネージャーを変えたケース

  • こちらの言うことに耳を貸してくれない
  • 事業所に電話をしても留守ばかり。折り返しの電話もくれない。
  • 大人ではなく幼い子どもに話すように接してくるので、親が「あの人、嫌い」と受け入れない
  • 独居の親が意思表示を明確にしないことも原因かもしれないが、サービス過剰。自費サービスまでケアプランに入り、月々の費用が高騰している
  • 親が行きたがっているデイサービスがあるが、いろいろと難癖をつけて紹介してくれない
  • 何を聞いても明確に返事をせず、頼りない  など

ケアマネージャーを変えたいときは

  • 現在の事業所に相談
    「別のケアマネージャーに変えてほしい」と話す
    (同じ事業所でケアマネージャーを変更)
  • 別の居宅介護支援事業所へ相談
    「現在、ケアマネージャーを利用しているが、事業所を変更したい」と話す
    (事業所ごと変更)
  • 地域包括支援センターに相談
    現状の課題を話し、より良い方法を一緒に考える

相性が合わないのは仕方のないこと。ケアマネージャーを変更しても、これまで通りサービスは利用できるので安心して相談するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする