介護度・認定結果の区分変更ってどうすればいいの?

この状態でこの「介護度」はありえない!

認定結果に不満がある場合の申し立て

介護保険における要介護度の認定に、不満を感じることがあるかもしれません。実際、「どう考えても低い」と思われる結果が出ることはあります。介護保険で利用できるサービスの上限は認定結果によって決まるので、今後の介護への影響は大きいと言えるでしょう。要介護度ごとに限度額が異なるからです。

認定結果に不服のある場合は、都道府県に設置されている「介護保険審査会」という第三者期間に申し立てることができます。認定の通知を受けた翌日から60日以内に申請します。審査請求ができるのは原則被保険者本人ですが、代理人に委任して請求することも可能です。判定が妥当であるかどうかが検討され、必要なら要介護度認定をやり直すことになります。

「区分変更」で更新を待たずに調査する

ただし、「不服申し立て」をした場合、審査結果が出るまで通常数ヶ月がかかります。そこで、よく行われている方法に「区分変更」の申請があります。「介護保険審査会」への不服申し立てよりもスムーズで、30日くらいで結果がでます。

これは認定後に心身の状態が変わった場合に、次の更新を待たずに認定調査する方法です。再度認定調査を受け、主治医に意見書の発行をしてもらい、介護認定審査会を通して新たな介護度が決定します。

実際こんなケースがありました。両親とも、「要介護度」で信頼できるケアマネージャーに担当してもらっていたのですが、あるとき母親だけが「要支援」に。利用できるサービス量が減ることはもちろん、要支援だと担当がケアマネージャーから地域包括支援センターに変わってしまうので、介護者は戸惑いました。両親、別々の担当になってしまうことも不安でした。

ケアマネージャーも、母親が「要支援」とされたことは不本意だったようで、「区分変更」を申請。すると、当初の介護度に戻り、親子ともに安心感を取り戻すことができました。その際、認定調査には子が立ち会い、現状をしっかり告げ、さらに主治医にも要介護度が下がったことを話したそうです(「意見書」をしっかり書いてほしいことを、言葉を選びながら伝えたようです)。

なお、「区分変更」の認定の有効期間の開始日は、申請日にさかのぼります。「区分変更」の申請をしたい場合は、担当のケアマネージャーや地域包括支援センターに相談しましょう。

まとめ

認定結果に不満がある場合の対応方法

  1. 「介護保険審査会」に不服申し立てをする
    △ 再審査に数ヶ月かかる場合がある
  2. 「区分変更」
    ◯ 更新後に状態が変わった場合に、次の更新を待たずに認定調査する方法。
    通常1ヶ月で結果が出るので、こちらを使うことが多い

ポイント

  • 主治医に介護度が下がってしまったことを相談すること
  • 再度の認定調査には子が付き添って、調査員に現状をしっかり話す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする