過食嘔吐すると必ず痩せるの?過食嘔吐で太る場合と危険性!

ストレスや痩せることがきっかけで起こる過食嘔吐。過食嘔吐は必ず痩せると思ってはいませんか?実は逆に太ってしまうことも多いのです。たとえ過食嘔吐によって痩せることができたとしても、顔がむくんだり歯が溶けるなどの危険も伴います。

はじめに・・・過食嘔吐とは

食べてもすぐに吐き出してしまう。こんな症状、聞いたことありますよね。

過食症状が始まると、我を忘れて食べ物をつめこみ、気づくと家の中の食糧を食べ尽くしていた…コンビニで大量に買い込んだ食料を全部食べてしまった…など食欲のコントロールができなくなります。過食してしまった後、「どうしてこんなに食べてしまったのか」と激しく自分を責めたり、気持ちが落ち込んで抑うつ状態に陥り、太りたくない一心から口に指を入れて嘔吐をし、食べたぶんを「なかったこと」にしようとします。

このように食べては吐き、食べては吐きを繰り返すのが「過食嘔吐」タイプです。

過食嘔吐を繰り返す原因としてはストレスが大きいですが、痩せることを目的としてはじめたダイエットが原因で陥ることもあります。痩せることばかりを考えるようになり、それがストレスになったり、食べるのを我慢しすぎた反動で引き起こすことがあります。たくさん食べても、嘔吐することによって痩せることができると思っていませんか?

過食嘔吐によって痩せることは、実は危険がいっぱい潜んでいます。

過食嘔吐で痩せることの危険性

過食嘔吐から抜け出せなくなってしまう人も増えたのではないでしょうか。過食嘔吐をすることで、体重が落ちた経験がある人は確かにいるでしょう。しかしそれは、大きな弊害を生んでいることを知る必要があります。

痩せることが出来た分、大事なものを失うことにもなります。

栄養失調の影響により、甲状腺ホルモン、女性ホルモン、背を伸ばすホルモンが少なくなります。もしも成長期に過食嘔吐を発症した場合は、その影響により身長の伸びが悪くなってしまいます。

過食嘔吐に関しては、拒食症に比べて発症年齢は高いのですが、思春期、成長期に過食嘔吐や拒食症などの摂食障害を発症した場合には、低身長になってしまう恐れがあるので注意するようにしましょう。

過食嘔吐にとって痩せることができ、それによって満足できたとしても、続けることによって、それ以上の危険が伴います。

過食嘔吐は、過度なダイエットへの意識から発症してしまう場合が多くあります。しかしその後、過食嘔吐をダイエットとしてとらえてしまう人は注意が必要です。過食嘔吐というのは、決してダイエットに良いもの、向いているものとは言えません。続けることによる危険性の方がはるかに大きいと言えるでしょう。

黄色い手のひらを見てください。

痩せることができても、こんな黄色い手では周りの人にもびっくりされそうです。

過度な嘔吐によって低血圧や脈拍の減少をおこします。これは低体温や末端部分の冷えなどを増幅させることにつながるでしょう。背中の産毛が増え、顔や手足にひらは黄色くなっていきます。

過食嘔吐でたとえ痩せることができても、頭痛やめまいの症状に悩まされる場合が多いです。

たとえ痩せることができても、歯並びが悪くなったり歯が溶けてしまうのでは美しくありませんね。

たとえ痩せることができたとしても、顔がむくんだり腫れたりしては、全然美しくありませんね。

痩せるための嘔吐で、手には吐きだこができます。

過食嘔吐=痩せるの間違い

「過食嘔吐=痩せる」わけではありません。

実は、太ってしまう人も多いのです。

過食嘔吐でも痩せる人と太る人がいます。

基本的に太ると思っていても結構です。

食べたものを嘔吐しているのに、どうして痩せるのではなく太るのでしょうか?

過食嘔吐をしていれば、太らないと安心している人がいるかもしれませんが、それは大きな勘違いであることを理解しておく必要があるでしょう。過食嘔吐をしても太ってしまうパターンというのは、何を食べるかという点です。何を食べてもどうせ吐くから変わらないというわけではありません。

食べるのものによって、痩せる場合と太る場合があるのですね。

例えばマヨネーズ。食べてものをどんなに吐いても、体に吸収されてしまいます。

砂糖やマヨネーズなどの高カロリーの食材を大量に食べると、吸収される栄養分があるために、吐き出しても体重を減らす効果がありません。過食嘔吐の特徴である吐く前のむちゃ食いによって太ってしまうのです。

吐ききったと思っても

胃の内部にわずかでも

食べたものが残っていると、

過食嘔吐によって

飢餓状態にある体は

そのわずかな栄養素でも取り込もうとします。

脳は、栄養不足と判断して、一生懸命に栄養を摂り込むように命令を出します。

これではいつまでたっても、痩せることはできませんね。

過食したときには嘔吐しても、

普通の食事の際には消化していると、

過食嘔吐で

太りやすくなった体は

積極的に栄養を脂肪として

蓄えようとします。

過食嘔吐で痩せる場合

でも実際は、過食嘔吐で痩せる人もいますよね。

過食の際も一度に全部を詰め込むのではなく、

途中で嘔吐したり、

だらだら食べないなどです。

また、

普通食を取っていないことも多いです。

カロリーの低いものを選んだり、運動なども行なっているようです。でも、過食嘔吐で痩せることができた人を見てください。

どんなに痩せることに成功しても、これでは美しいとは言えませんね。

過食嘔吐で健康的に痩せる人はいません。

便秘やむくみも起こりやすくなるので、外見的には美しいとは言えません。ダイエットというのは、本来美しい体を手に入れるためのものです。過食嘔吐というのは、美しいとは程遠いものが手に入ってしまうという危険性をはらんでいます。

痩せることによって美しくなりたいと思う人がほとんどだと思います。しかし過食嘔吐によって痩せることは、けっして美しいとは言えませんね。

最後に・・・過食嘔吐で痩せる場合のまとめ

過食嘔吐で痩せることについて紹介しましたが、いかがでしたか?

痩せることによって美しくなりたいと思うのは誰にでもあります。しかし過食嘔吐によって痩せることは、けっして美しい身体を手に入れるのではなく、危険を伴ったものであることをよく理解していただきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする