認知症を予防するには、食事による成果は大きいと思います。

認知症の原因はまだ解明されていませんが、少しずつ解ってきているので、認知症予防効果として食事が大きくかかわっていると思います。要するに血液の流れが悪く成れば、認知症だけでなく、色々な病気にかかります。その予防として、食事が1番の原因ではないでしょうか?

認知症は予防できますか?

認知症サポータ養成所講座・・・・・家族団欒、楽しく毎日を送ることで、認知症の予防は防げます。1人なら、出来るだけ多くの人とお話をし、皆と楽しく食事をする事でも、予防に成ります。自分の殻に閉じこもらない様に!!

「認知症は治療法がない病気」と言われた時代は過去となり,早期発見・早期治療,そして予防の時代に入ってきた。初版発行から 5年,食生活,肥満予防,散歩の効果など,更新されたエビデンスを挙げながら紹介し,認知症を防ぐライフスタイルを提案する。新たに開発した「認知症初期症状 11項目質問票」を加えた。

認知症も今では予防できる時代に成ってきましたね。認知症は治らないは過去の事。要するに毎日楽しく和気あいあいと、生活すれば、認知症は予防できるみたいですね。

認知症に成りにくい生活習慣とは、どの様なものがありますか?

サンキyou広場で元気で長生き皆と楽しく食事をしたり、運動をすることが、認知症予防に成るのですね。

認知症の原因の約6割を占めるアルツハイマー型認知症の発症に、生活を取り巻く環境の影響が大きく関わっていると分かってきました。

認知症の原因が徐々に解ってくれば、予防もできますよね。食事も認知症を予防できる食品も解ってきました。これからは認知症に成る前に、予防することが重要ですね。

認知症に掛かりにくい、予防食事とはどんなもの?

認知症、アルツハイマー病緑黄色野菜に、青魚に、果物、大豆やイモ等が、良いです。反対に減らしたいものは、ご飯と、お酒です。おかずを沢山食べて、認知症予防の食事をしたいですね。認知症予防の食事は和食中心が良いみたいです。

魚DHAがイワシやサバなど青い背の魚、またマグロやブリ、うなぎ、鮭、すじこなどに多く含まれます。

大豆製品 レシチンが多く含まれる。レシチンには血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあるとされています。

納豆 ナットウキナーゼが血栓の主成分フィブリンを溶かす働き

しいたけ 成分のエリタデニンがコレステロール値を下げる働きがある(エリタデニンは水に溶けやすいため戻し汁に多く含まれる)

和食中心の食事が、認知症予防に成るのですね。昔は余り認知症と言う言葉を聞かなかっただけに、うなずけます。

ビタミンEを多く含む食材ビタミンEの食材は認知症の発生を抑えるのに、とても良い効果が有るようです。食事には多いにビタミンEの食材を取り入れ、認知症の予防をしましょう。認知症予防の食事として、ビタミンEを多く含む食品が、アルツハイマー型認知症の発症を抑える効果が発表されています。カルシウムや、亜鉛、鉄等が少なかったり、カルシュウム、βカロチン、ビタミンC、ビタミンB群等が不足したり、コレステロール、飽和脂肪酸、総脂肪等が多いと、認知機能の低下に影響が有るようです。

食品医学研究所、生姜アミロイドβタンパクを増やさない事が、認知症予防に成る様です。生姜には血行促進作用、抗酸化作用、消炎鎮痛作用が有るため、慢性的な炎症を抑える消防隊の役割が有るのですね。食事に生姜を少し添えると、認知症の予防に成りますね。

アルツハイマー型認知症を発症させる主な原因として、アミロイドβタンパクという異常タンパク質の存在が確認されています。

アミロイドβタンパクは、糖分の取りすぎで、内臓脂肪の多い人や、運動不足や、筋肉不足の人に起こるようです。認知症予防に、アミロイドβタンパクを増やさない食事を心がけたいですね。

飽和脂肪酸および、トランス脂肪酸を多く含む食品これらを含んだ食事の取りすぎは、認知症の予防には逆効果です。これらの食事を多くとると、中性脂肪が多くなり、コレステロール値をあげて、動脈硬化等の病気にもなります。それが引き金で、認知症に成ることが有るのです。

トランス脂肪酸は安定な脂肪酸で、魚油や植物油に水素添加することによって生成し、マーガリン等に含まれており、加工油脂類を用いたファーストフード、市販の惣菜、菓子類を頻繁に摂取するような食生活では注意が必要だ。

飽和脂肪酸は肉類や乳製品に多く含まれる脂肪酸で、アルツハイマー病の予防のためには、これらの食品の過剰な摂取は避けることが進められている。

ファーストフードや市販の惣菜、菓子類、肉類、乳製品等は、認知症の予防に成らないのですね。食事も考えて取らないと、毎日の事だから、・・・・・・

そのほかに認知症の予防としてどんなものがありますか?

高齢者の生活習慣病や認知症の早期やはり認知症も早期発見で、改善したり、症状を悪化させなくて済みます。その為には適度な運動やゲームなどが良いのですね。和食中心の食事を心がけ、適度な遊びをやって、認知症予防につなげましょう。

認知症予防の拮抗体操。2つの違った運動を、同時にやる体操。一度やってみる価値はありそうです。歳を重ねると、どうしても物忘れがひどくなるので、同時に違う事をするのは、少し難しそう。でも同じことを何度もやれば、体が覚えるので、認知症の予防に成りますね。

脳を鍛える カトウナオコ認知症の予防には、いつも自分の頭で、考える癖をつけると良いですね。

認知症を防ぐには脳トレーニングが良いことは知られています。

簡単なパズルやドリルなどを使用したトレーニングが注目されていますが、その他にも麻雀や囲碁、将棋なども効果があると言われています。

計算問題の脳トレが認知症に効果があるのは(改善されることがわかっています)認知症は左脳の血管に障害が生じるため、左脳を使用する計算問題が効果を生み出すと言われています。

脳を働かせるのに、バランスの良い食事を心がけたいですね。脳に栄養を送る食事をして、脳トレをして、認知症を予防しましょう。

認知症の予防の食事のまとめとして

認知症予防どうしたらよい?食事は楽しく、和食中心で認知症予防の食事を心がけましょう。一人の人は出来るだけ、沢山で食事する機会を、時々作ると良いです。おしゃべりしながら食事をする事は、認知症の予防に成るのですね。認知症予防5カ条

1.ストレスをためない。くよくよしない。明るく。

2.食事は緑葉野菜や、魚を多く取り、和食中心の食事にする事。中性脂肪を増やさない。

3.出来るだけ多くの人と付き合い、話をする事。

4.適度な運動をする。遊びをする。

5.好奇心旺盛に、自分の頭でいつも考える癖をつける。脳トレ。

認知症予防に効果的な食材お肉などの脂肪酸や飽和脂肪酸をおさえ、青魚(さば、さんま、いわし)等の不飽和脂肪酸のDHAなどを多くとり、食事で認知症を予防しましょう。昔は余り認知症等の行為を目にすることは有りませんでした。現代はストレスの多い社会。その中で認知症に成らない為に、バランスの取れた食事(和食中心の食事)をし、脳に栄養補給し、体全体を適度に動かすことで、認知症が予防できます。毎日の生活の中に、認知症の予防の効果が有ったようです。

特に食事に関しては、和食中心でなく、洋食中心の生活に成ってきているので、出来るだけ昔の様に和食中心の食事に変え、認知症を予防したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする