鼻の下が臭い…?なんで臭くなるの?その原因と対策は何がある?

鼻の下が臭い…っていうのをインターネットでよく見かけますが、毎日こまめに洗顔をしているのに、なぜ鼻の下が臭い状態になってしまうのでしょうか?鼻の下がどのようになっているのかや、なぜ鼻の下が臭くなるのかという理由を交えて書いていきたいと思います。

鼻の下が臭い…原因と対策:鼻の皮膚の構造ってどうなってるの?

鼻の下のみならず、鼻自体が様々な部位から成り立っています。

鼻の下だけであったらいいのですが、鼻の脇などから脂は出ていて特にTラインには皮脂が出やすいとされています。

まずは、鼻の構造から見ていきましょう。

鼻の構造を知ることで、鼻の下のどの部分から臭いにおいが発生しているかを特定することができます。

嗅覚器としては、鼻腔上部の粘膜(嗅粘膜)にある嗅細胞が受容器で、ここから嗅神経によって脳の嗅覚中枢に伝えられます。においはいくつかの基本臭に分けられ、エーテル臭、樟脳(しょうのう)臭、ジャコウ臭、花臭、ハッカ臭、刺激臭、腐敗臭の7臭を原臭としています。嗅覚は順応が速く、同一のにおいはすぐに感じなくなります。

私たちの鼻は、匂いを嗅ぎ分けることができますが、その分類の一つとして

臭いという匂いも嗅ぎ分けることができるということです。

鼻の下の臭い匂いも鼻自身が感じ取っているのです。

鼻(外鼻)は,目と目の間の根元の所は骨(鼻骨)で、骨の支柱がありますが、中ほどから先端では軟骨で構成されています。また、鼻翼(こばな)も殆ど軟骨でできています。

実は、骨格としてはほとんどが軟骨でできているのです。

以外と知らない事実ですね。

鼻の下が臭い…原因と対策:鼻の下が臭い原因とは?

鼻の下って、なんか臭いときありますよね。

なぜ鼻の下って臭い匂いを発するのでしょうか。臭くなる理由は、3つに分けられます。

■鼻の脂が臭くなるのは「皮脂の過剰分泌」が誘発する。

■皮脂の増加が雑菌の繁殖を招き、鼻の臭いニオイが拡大する。

■皮脂の脂肪酸が「酸化」することで鼻が臭くなる。

鼻の下を問わず、鼻というのは皮脂が出やすい場所です。

要するに悪循環になっていて、皮脂が多いから雑菌が繁殖してさらに皮脂が酸化して匂いを発するのです。

鼻の脂が臭くなるのは「皮脂の過剰分泌」が誘発する

生活習慣の乱れです。生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが崩れ、皮脂腺を活発にさせてしまいます。

この皮脂腺から出る脂分は、身体の保護にとって「良い皮脂」、「悪い皮脂」があるのです。

「悪い皮脂(※後述)」というものが、分泌されている人は、皮脂の過剰増加につれ、鼻が臭い状態、ニオイを強くする土台をつくることに繋がってしまいます。

生活習慣の乱れは皮脂の過剰な分泌を誘発します。

鼻の下の臭いは、鼻の下の皮脂が過多になっている状態である可能性が高いです。

鼻の下だけでなく鼻全体は皮脂腺が多くあります。

皮脂には、脂肪酸が含まれており、この脂肪酸が体内にある活性酸素と結びつき、皮脂腺の中で酸化をおこします。これは、身体の疲れやストレスで、皮脂腺が閉塞する事で発生します。

酸化をした皮脂は、皮膚を保護する役割として望ましい皮脂ではありません。健康な皮脂膜を皮膚に形成する事ができない、「古いもの(使えないもの)」であり、ニオイや皮膚への刺激が強い特徴があります。

一回出た皮脂は空気に触れて酸化してしまいます。

この時の匂いが、臭い匂いになっているのです。鼻の下も同様です。

臭い匂いを発している状態の皮脂は、肌自体に悪い影響を及ぼします。

そのため鼻の下・穴の縁あたりは雑菌が多いのです。

鼻の下が臭い…原因と対策:鼻の下の臭いの原因は脂だけではない!

皮脂の増加が雑菌の繁殖を招き、鼻の臭いニオイが拡大する。

さらに、鼻から分泌された皮脂に、雑菌が繁殖し、ニオイを更に強めてしまう可能性があります。

身体全般に言える事ですが、皮膚には、肌を保護する「常在菌(細菌)」が存在します。しかし、肌に良い細菌だけではなく、臭いニオイを発生させる「黄色ブドウ球菌」や「真菌(カビ)」などの雑菌も存在します。

これらの雑菌が皮脂の分解を行うと、更なる臭いニオイを発生することにつながり、ニオイの拡大を招きます。

二つの雑菌が主な臭い匂いの原因になっています。

これらが皮脂の分解を行って臭い匂いをさらに発してしまうのです。鼻の下のにおいが強いのはそのためです。

鼻の下が臭い…原因と対策:鼻の下の臭いをなくす予防法とは?

鼻の下の臭い匂いをなくすには、どうしたらいいのでしょうか。

特に女性にとっては臭い匂いというのは、死活問題ですよね!

具体的な予防、対策法を見ていきましょう。

解決方法は簡単

石鹸で鼻の穴を洗うことです

ニオイの原因である皮脂を取り除けばいい話なので

指に石鹸をつけて優しく洗ってあげましょう

ただ、奥まで石鹸を塗り込むと粘膜にあたり

非常にしみますので鼻の途中までにとどめ、

奥まで洗いすぎないようにしましょう

シンプルに鼻の下・鼻の穴を洗うことで、匂いを解決することができます。

顔の洗顔はしても、穴の中まではしたことがないでしょう。

鼻の下の臭いはほとんどがこの方法で解決できます。

1.洗顔する前に蒸らす

鼻の脂って頑固ですよね。

毛穴を広げてやればその頑固な脂ちゃんもきっと浮き出しやすくなります。

蒸しタオルやスチーマーを持っている方は洗顔前に10分~15分は最低蒸らすようする癖を付けた方が良いです。

2.オイルでとにかくマッサージする

クレンジングオイルや、クレンジングオイルが無い方はオリーブオイルやごま油などで代用してもOKです。

とにかく鼻の脂をオイルで柔らかくする。

それでも効果が表れない人は、オイルの中に重曹を加えてみてくださいね。

重曹は掃除の汚れも取れる強力なアイテムなので、お肌の汚れも取れちゃいますよ♪

鼻の外側の脂も臭いにおいの原因につながります。

女性はケアを特にするでしょうから、以上のことに気をつけてみてください!

鼻の下が臭い…原因と対策:まとめ

鼻の下が臭い原因やその対策方法まで具体的に説明してきましたが、わかりましたか?

誰でも悩んでいるようなので、適切なケアをすれば匂いは防げます。

ぜひ対策をしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする