臭い玉ってどんなものなの?それがある理由やある場所について。

皆さんは臭い玉というものをご存知でしょうか?文字通り臭いを発しているもなのですが見えないので場所はわかりません。実はこれが皆さんの体内にある可能性があるのです!臭い玉がどのようなものなのか、また、それができる原因や場所、対策などについて紹介していきます!

臭い玉とそれがある場所:臭い玉とは…一体何なの ?

臭い玉という言葉は、最近になって注目されてきました。私たちが普段生活する中では、直接見ることはできませんし、場所がどこなのかはとてもわかりづらいです。

しかし、とても臭い匂いを発っするため、自分で気づく方が多いようです。

臭い玉とは、なんなのかをまずは見ていきましょう!

臭い玉の場所は、だいたいこの画像のように奥まった場所にあります。

喉仏よりも奥の場所に位置しているため、場所を確認したりするのは非常に困難です。

臭い玉は正式名称を膿栓(のうせん)というが、膿をフタしているわけではない。

人間ならば大にしろ小にしろ男でも女でも美少女でも老婆でも誰しも形成される可能性がある臭い物体である。

ウソだと思うなら口腔内を鏡と懐中電灯で覗いて見るといい。

私たちが臭い玉と読んでいるのは、おそらく呼び方がインパクトを与え、私たちの関心を寄せるからだと考えられます。

老若男女問わず、この臭い玉は発生する可能性があります。

除けば臭い玉が見える可能性はありますが、奥まっている場所にたまるものなので簡単に目視することはできません。

臭い玉の場所を探そうと無理に喉の奥をいじってしまったりすると、そのいじった場所を傷つけて炎症を起こす危険があるので、できるだけ臭い玉の場所を探そうとすることは控えましょう!

膿栓(のうせん、Tonsillolith)とは、咳をした時などに喉の奥から飛び出してくることのある小さな球状の塊。潰すと悪臭を放つ。扁桃栓子(へんとうせんし)、また特に石灰化し硬くなったものは扁桃結石(へんとうけっせき)とも呼ばれる。「臭い玉(くさいだま、においだま)、くさだま」という俗称も持つ。

膿栓と聞くと何かの重大な疾患の原因ではないかと不安になりますが、そういうことはありません。

ただ、非常に強い悪臭を放つために放置しておくと生活に支障が及ぶ可能せはあります。

臭い玉とそれがある場所:臭い玉が発生する原因って…?

喉の奥の左右にある扁桃腺は、免疫に関与してて、粘膜内に進入してきた細菌やウイルスなどを殺し、体内への侵入を防いでいます。この扁桃腺の周辺の粘膜には、穴がいくつかあって、その穴の中に、細菌や白血球の死骸、食べカスなどがブレンドされて、この膿栓(くさい玉)ができあがるんです。

扁桃腺周辺の場所に穴があり、当然その穴には食べかすなどがたまりやすくなっています。

それが長年放置された状態になるため、非常に不衛生な状態で悪臭を放つ臭い玉が出来上がります。

扁桃腺の表面には腺窩(せんか)、陰窩(いんか)と呼ばれる小さな穴があります。その2つの穴から常に免疫物質を出していて、喉に付着する細菌を退治してくれています。死骸が扁桃腺の隙間にどんどん溜まるのが原因の1つであり、免疫機能が働いているからこそ臭い玉ができるので、病気の心配はありません。

また、乾燥している冬は塵やホコリが舞うので、息を吸った時にどんどん付着して大きくなります。特に、扁桃腺炎(扁桃炎)にかかると、扁桃腺の周辺で菌が生死を繰り返すので、細菌や白血球の死骸が塊となって臭い玉ができやすくなります。

この臭い玉ができるのには、季節も関係するようです。

私たちが呼吸を止めるわけにもいかないので、何か重大な要因があって臭い玉が発生することがない限り気にする必要はあまりないです。

臭い玉とそれがある場所:臭い玉がある場所はどこなの?

臭い玉がある場所をさらに具体的に見ていきましょう。

幾つかの画像で見ると、より場所が把握しやすいのではないかと思います。

虫歯や歯槽膿漏などの、お口のトラブルや胃のトラブルなどがないのに、歯磨きした後、すぐに口が臭くなる人は、喉に膿栓(くさい玉)がたまっている可能性が大です。

臭い玉が、溜まっているサインで上のようなポイントが挙げられます。

ただ単に口臭がするというだけでは他の内臓器官などが悪い可能性も考えられるので、安易に判断しないようにしましょう!

膿栓は扁桃腺のくぼみにできるものです。

では、扁桃腺はどこにあるかと言うと、喉を大きくあけると奥に見える「こぶ」のようなもの。

このこぶが扁桃腺で、口蓋扁桃(こうがいへんとう)とも呼ばれているものです。

扁桃腺の大きさは個人によって違いますから、大きく口をあけて見える人と見えない人がいます。

口を開けただけでは見えない方でも、耳鼻咽喉科に行くと内視鏡で自分の扁桃腺を見ることができます。

もし臭い玉の場所が見えない方は、耳鼻咽喉科へ行き受診をしてみましょう。

医師からのより何故その場所にできるかなどの詳細な情報が聞けます。

臭い玉とそれがある場所:臭い玉を発生させないための対策!

悪臭を放つ臭い玉。できればたまらないようにしたいですよね!

場所などや原因を把握したところで、次にどのような対策をすれば臭い玉を発生させないかを見ていきましょう。

自分で取る方法は?

まず臭い玉を自分で取る方法は?ということで、あげられるのは綿棒を使って取る、ピンセットなどで取る、シャワーなどで洗い流す、耳かきなどで掻き出して取る、などのいろいろな方法が紹介がされています。

このように臭い玉を自分で取る方法は?などと当たり前には紹介されていますが、あまりお勧めできるものではありません。なぜか?その注意点についてですが、まず第一に耳かきや綿棒などで、誤って扁桃を傷つけてしまうリスクがあります。そこから炎症してしまう可能性があるからです。

もう一つの注意点については、そうやって取り除いたとしても、臭い玉は繰り返してできるものなのですから、取っても取ってもキリがないということを理解しておきましょう。

こちらの引用では、自分自身での取る方法についてはありますが、やはり推奨はしていません。

その場所周辺にはデリケートな期間がたくさんあります。

傷つけることによる細菌感染や炎症もありますし、臭い玉はまた発生してしまいますのであまり場所を確認したりと気にしすぎないことが大切です。

耳鼻咽喉科で洗浄

臭い玉を自分で取るという人が多くいるようですが、そもそも臭い玉は何か他に特別な病気の症状がない場合を除いては、誰にでもできるものです。放っておいても問題はないものです。

いちばん安全な方法といえるのが、耳鼻咽喉科に行き専門の機械で洗浄してもらうなどをして、取り除いてしまうことです。それでも、繰り返しできてしまうのは同じですが、安易に自分で取ろうとして無理するよりはそれが賢明なのです。

やはり、耳鼻咽喉科へ行けばカメラ等で場所を自分の目で見ることができます。

どうしても取り除く場合は耳鼻咽喉科へ出向きましょう!

臭い玉とそれがある場所:まとめ

臭い玉が何なのか、そして臭い玉がどの場所にでき、何故その場所にできるのかが分かったと思います。

病気ではないので、場所を無理に覗くことはできるだけ控えましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする