紅茶はコーヒーよりカフェインが多いと聞いたことあるけど、効能は?

私はコーヒー派なので、紅茶は殆ど飲まないのですが、紅茶には意外と効能が隠されているみたいですね・・・紅茶には健康促進作用があります。楽しく生きていくために必要な健康を手に入れるために紅茶は欠かせない物かもしれません。効能について調べてみました!

紅茶の効能について

紅茶の効能は幅広く、健康、美容、ダイエット、病気予防・抑制など様々な効能があります。そんな紅茶はもっとメジャーになっていい、もっと飲まれて良いハズだと思います。紅茶で元気に楽しい日々が手に入れられるなら、もう飲むしかない!!!

一概に紅茶といっても種類が多い。熱帯産のアッサム種で作った紅茶と温帯の中国種で作った紅茶では総ポリフェノール量や発酵(酸化)の度合いによるカテキンの酸化度合いによるポリフェノールの種類が大きく異なる。そして大部分のカテキン重合体(テアルビジン)はその化学構造が未解明である。したがって一口に紅茶と括って化学的な議論をすることが困難である。

その点緑茶にもさまざまな種類があるものの、主力4種のカテキンがキッチリ解明されており、各々が大量に取り出され、分析も容易であり、抗酸化力はじめさまざまな効能が正確に調べられている。一般論としては緑茶抽出液と紅茶抽出液の比較では緑茶のほうが勝るとする論文が多い。

しかし世界中で消費される茶の8割近くが紅茶であり、その飲用が人の健康に良いということが言えれば、僅かな力価の差とは別次元の喜ばしい事柄である。

紅茶飲用による効能

紅茶にはいろいろな成分が含まれています。 代表的なものがカフェインやタンニンですが、他にも含まれている成分には様々な効能があります。

カフェインは脂肪燃焼や頭を冴えさせてくれる働き、また利尿作用もあります。 タンニンには殺菌作用がありますので、風邪予防や口臭予防にもなります。 風邪を引いたときや風邪予防の際にはただの水よりも紅茶うがいがオススメです。

紅茶の効能はこれだけではありません。 歯を強くしてくれたり、虫歯予防にもなります。 また、抗酸化作用があることから美容の効能もあるといえます。

このように紅茶には様々な効能があります。

個人差はありますが、ちょっと期待するくらいの気持ちで紅茶を飲む習慣をつけるのも良いかもしれません

紅茶ダイエットの効能

紅茶にはカフェインという成分が含まれています。 このカフェインという成分は脂肪の分解を促してくれる働きがあるようです。

ただ考えてみればおわかりだと思うのですが、紅茶好きの方がみんな痩せているわけではありませんよね。 本気でダイエットをしたいというのであれば、紅茶に頼るよりもご自身の食事と運動の習慣を見直して頂くほうがよいかもしれません。 紅茶は飲まないよりも飲んでいたほうが、と考えて頂くのがよいと思います。

そのときのポイントとしては、飲むなら運動前に、ということです。

運動前にカフェインをとるとよりその効果が期待できるそうです。

また、紅茶といってもミルクや砂糖を入れてしまうとカロリーを消費するどころか逆にカロリーを摂取していることになります。 ダイエット目的で紅茶を飲むのでしたらストレートで飲むことをオススメします。

他の注意点としては、カフェインに限らず摂りすぎると体がそれになれてしまいます。

むやみに量を飲めばよいというわけではないので、適量を心がけてくださいね

ヨーロッパ人が考えた 紅茶の効能って?

んな紅茶は、17世紀の大航海時代にヨーロッパ、とりわけポルトガルやオランダやイギリスなどが、

香辛料や砂糖や陶磁器とともにアジアから 持ち帰ったことをきっかけに世に知れ渡ることとなりました。

そのエキゾチックな味わいは今も人々を魅了し続けていますが、

ヨーロ ッパで紅茶ブームが巻き起こったのは、実は味わいの人気だけではな く「薬」として重宝されたからでもありました。

そこで、古くは「薬」としての効能も期待されていた紅茶の効能を紐解いてみましょう。

紅茶で虫歯の効能

紅茶にはフッ素の効能が含まれています。

フッ素は歯の再石灰化を促進し、 歯を丈夫にするものとして歯磨き粉にも入っていますよね。  

ただし、あくまで予防というレベルですので、紅茶を飲めば虫歯にならないということではありません。

また、紅茶はステインの原因にもなるタンニンも含んでいますので 歯磨きは必要です。

紅茶でアロマテラピー効能

紅茶には、アミノ酸の一種であるテアニンという物質が含まれているのですが、このテアニンには脳にα波を発生させるのを助けるという効能があると言われています。

テアニンの効能に加えて、紅茶は緑茶などと違い、アールグレイを代表として、 様々な香り付け(フレーバード)のレシピが人気ですよね。お茶本来のリラックス効果と好みの果物や花の香りで身も心もリフレッシュできるでしょう。

これらのほかにも、紅茶の効能はたくさん期待されています。

例えば、紅茶ポリフェノールの効能が水虫予防に良いという研究結果が出ていたり、ボツリヌス菌に効く殺菌作用の効能は緑茶よりも紅茶の方が強いとも言われていたりします。紅茶の持つ自然の力で、普段の生活がちょっぴり豊かで健康になりますように、 楽しいティータイムをお過ごしください。

紅茶で殺菌作用の効能

紅茶の効能・効果というのは、実証されているわけではありません。

紅茶にはカフェインが含まれていますので、眠気覚ましにはいいです。

あとは、紅茶だけではなく、お茶全体に言えることですが、お茶の葉には殺菌作用の効能があると言われています。そのため、紅茶の効能として、1煎目の紅茶はそのまま飲んで、2煎目の紅茶(かなり薄くなります)は「うがい」に使われる方も多いです。とくに、冬などは紅茶の効能を期待して、うがいをされる方が多いです。

紅茶による利尿作用の効能

紅茶を飲むと水分補給になるので、利尿作用の効能を感じることがあります。紅茶はもちろん水分なので、尿になるのですが、ふつうの水よりもトイレが近くなります。

それだけ紅茶には体の食べ物を外に出すので、紅茶をたくさん飲んでいると食欲も沸いてくることが多いです。

インドに行くと、よく紅茶を飲むのですが、インドの料理はカレーばかりでカロリーが高いのですが紅茶を飲んでいると利尿作用の効能のおかげか、カレーなどの食べ物をよく食べれて健康的に旅行することができます

コーヒーと紅茶の効能の違い

コーヒーも、紅茶と同様にカフェインが含まれています。

コーヒーの効能も、カフェインが入っているので、紅茶と同様に、目が覚めたり寝むりにくくなったりします。

カフェインの効能がどこまで効くかは個人差がかなりあります。

私の場合はカフェインをとると、だいたい12時間ぐらい眠りにくくなるので、紅茶やコーヒーは午前中に摂取するようにしています。

紅茶の効能について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

紅茶にはコーヒーにはない効能がたくさんあることを知りました・・・!

健康のために紅茶を飲む習慣をつけようと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする