筋肉痛は超回復の証!!筋肉痛を乗り越えてさらに筋肉をつけよう!

あなたは超回復と言う言葉を知っていますか~?簡単に言えば筋トレなどをして筋肉痛になった時にその筋肉痛以前の状態よりもさらに良い筋肉の成長の状態になることを超回復と言います。今回はこの超回復と筋肉痛の関係について説明します。

筋肉痛は超回復の状態!とても良いことなのです

アイタタタ・・筋肉痛であちこち痛いです。昨日筋トレし過ぎましたでしょうか~?いえいえ実は筋肉痛の後に超回復と言う筋肉をより成長させてくれる時期がくるのです。この超回復を知って上手に筋トレしましょう。以下のサイトにも超回復について書かれています。そちらも是非参考にしてみてくださいね~!!

超回復を知って筋肉をつけよう!筋肉痛は実はチャンスなのです。

筋肉痛が強いほど超回復も強い

さてそれでは超回復について筋肉痛との関係などを述べていきます。超回復と筋肉痛というのはどのような関係性があるのでしょうか~?

超回復は人に与えられたより強くなる仕組み

骨を例に出しましょう。例えばあなたの骨が折れたとします。そうするとその折れた骨はより強固になろうと痛みを発しますがいずれ治るとその骨が以前よりも強くなります。人の身体と言うのはそのように出来ているのです。筋肉痛も筋肉が傷めている証なので同じように超回復で以前に筋肉よりもより強くなるという可能性を秘めています。

多くの人は超回復を有効に使えていない

しかし多くの人はこの超回復の仕組みを正しく知りません。ですから筋肉痛になっても前日と同じようなトレーニングをしてしまうと言う方がほとんどなのです。それは実に筋肉をつける上では効率の悪いことなのです。超回復の仕組みを正しくしり、筋肉痛と付き合うことが大事なポイントになります。

筋肉痛が強いほど超回復も大きくなる

激しい運動をして、多くの筋肉が傷ついてしまっている状態が筋肉痛です。その筋肉痛の度合いが酷いほど超回復は大きくなります。身体が筋肉痛から自力で治ろうとする能力がより引き出せるように筋肉トレーニングをしないといけません。筋肉痛の状態と言うのは厳密に言うと筋肉の繊維の一部が切れている状態なのです。この痛みが強いほどより超回復も大きな波となって現れるのです。

超回復しっかりと解りましたか?要は筋肉痛と言うのは悪いことばかりではなく、より筋肉が強くなる一歩なのです。以下のサイトには超回復についても書かれています。そちらも是非参考にしてみて下さい。

超回復を知って筋トレを考えよう!!そんな超回復が解る記事です。

筋肉痛の超回復の時にしておきたいこと

では筋肉痛の超回復が起こっている時にどのようにすればより筋肉がつくのでしょうか?そのやり方などを見ていきます。

同じ箇所の筋トレを毎日・・それは効率的に悪いものなのです

筋肉痛が超回復の前兆現象だとすると同じ筋トレを毎日欠かさずに行うと言うのは効率的に悪いものです。これは筋肉の損傷にさらに追い打ちをかけてしまっている行為で避けなければいけない筋肉痛の時の行動になります。

栄養補給と休息が必要

筋肉痛の超回復には栄養補給と休息が必要になります。筋肉痛の時に良いのは良質なたんぱく質です。そしてしっかりと休みましょう。と言っても軽い血流促進運動などは行ってもより超回復が早くなるというデータがあります。このようなことを意識して超回復を上手に使い筋肉をつけることが大事になります。以下のサイトにも超回復を上手に使って筋トレをするという記事がありますので紹介しておきます。

超回復の仕組みを知って筋肉の鍛え方を知りましょう。

筋肉痛が酷くならない為に・・・

さて、筋肉痛が良いと言っても筋肉痛が酷いと言うのは避けたいものです。そんな筋肉痛を軽くすると言う記述がありますので紹介しておきます。

スポーツ後の筋肉痛を防ぐ方法

 日ごろ体を動かしていない人が急に運動すると、翌日などに筋肉痛を起こしやすい。その程度はさまざまだが、特に中年以上の人は、痛みが数日続いて、日常生活に支障を来すこともある。筋肉痛対策について知っておこう。

組織が損傷

 痛みは体の防御反応で、生きるために必要な感覚。筋肉痛も例外ではなく、急に運動した翌日、あるいは2~3日後に起こる遅発性筋肉痛は、筋肉に何らかの異常が起こっている危険信号と言える。

 遅発性筋肉痛の最も大きな原因は、筋肉組織の部分的な損傷。また、損傷に伴いカリウム、ブラジキニン、ヒスタミン、プロスタグランジンなど、痛みを出す物質が細胞から放出され、神経を刺激する。

 このほか、運動によって、筋肉を動かすエネルギーであるグリコーゲンが欠乏するのに加え、酸素や栄養を供給する血流が不足するため、痛みを受け止める神経が過敏になる。さらに、代謝産物の乳酸がたまって血液が酸性に傾くことも、筋肉の痛みに関係すると考えられている。

 同じ運動をしても、筋肉痛の有無、あるいは程度に差が生じるのは、痛みを受け止める神経の感受性と筋肉の質に差があるからだ。

温めて血流改善

 神経の感受性は通常、加齢とともに生理的に低下する。筋肉の質も同様に低下するが、常に運動している人は、その質を維持することができる。こうしたことから、日ごろ運動していない中年以上の人が急に運動すると、若い人に比べて筋肉痛の発生が遅く、数日間悩まされるというわけだ。

 それを予防するには、日ごろからジョギングなどで筋肉を鍛えておくと理想的。しかし、これがなかなかできないのが現実だ。一般の人はどのような点に注意すればよいのか。

 まず、運動前に、日ごろ使っていない筋肉を十分にストレッチによって伸ばすことが第一。これは筋肉を温め、血流を良くする効果がある。ストレッチは通常、呼吸しながら20秒ほどゆっくりと筋肉を伸ばす。

 一方、運動直後は冷たいタオルなどで、使った筋肉を冷やして炎症を抑えるとよい。その後、血流を良くするためにもう一度ストレッチングを行い、ぬるめのお湯でいつもより長めの入浴をするか、軽いマッサージなどをしたりすると効果的だ。

 それでも、1週間以上も筋肉痛が取れないような場合は、動脈硬化が原因となっている疑いもある。病院で循環器系の検査を受けた方がよいだろう。

このように筋肉痛を和らげることをしても尚筋肉痛になると言うのが超回復の時なのです。なかなか運動しない人でも是非覚えておいて上手に使ってみましょうね~!!

筋肉痛と超回復との関係

筋肉痛と超回復の関係について筋肉痛とは筋肉の筋線維が損傷している状態でそれは栄養補給と適度な血流促進によって回復します。そしてより以前より強い筋肉になるというのが超回復というものなのです。超回復が起こるまで同じような筋トレはするのは効率的に悪いです。また筋肉痛を和らげるようなストレッチや入浴などをするという方法も有効です。以上が筋肉痛と超回復の関係なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする