生理痛がつらい…それって子宮内膜症かも?他にも症状がある?

動けない程生理痛がつらい、ということはありませんか?それは子宮内膜症の症状かもしれません。子宮内膜症は女性に起こる疾患で、症状も強い生理痛など様々です。子宮内膜症の症状を緩和するにはどうすればいいのでしょうか?また治療や予防法はあるのでしょうか?

子宮内膜症とは?

なんだか生理痛がひどい…生理痛に悩む女性は多いかもしれませんが、実はそれは子宮内膜症の症状かもしれません。子宮内膜症はどういったものなのでしょうか?

子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)で増殖、剥離(はくり)を繰り返す病気です。

子宮内膜症ができやすい場所は、腹膜、卵巣、子宮と直腸の間のくぼみ(ダグラス窩)です。

子宮の内側にあるべき膜が様々な場所で増殖したり、剥がれ落ちることで炎症や臓器の癒着を起こすことになるのが子宮内膜症です。特に、子宮の周辺の臓器で起きやすいです。

子宮内膜症は不妊の原因にもなります。

子宮内膜症の原因

なぜ子宮内膜症が発生するのか、その原因ははっきりしていません。月経血が卵管からお腹の中に逆流し、そのままとどまってしまうという説(子宮内膜移植説)が有力視されています。

実は、子宮内膜症が発症する原因というのは今でも解明されていません。けれど、子宮内膜症の症状は後々重大な疾患を引き起こすものになったり、重症化しやすいので早期発見が大切になります。また、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が大きく関わっているということはわかっています。

子宮内膜症になりやすい人は?

子宮内膜症は若い女性に多い?子宮内膜症は20~40代の女性に好発するといわれています。

・初潮を迎えるのが早かった人

・1回の月経期間が7日以上など長い人

・月経周期が通常の28日周期よりも短い人

・妊娠や出産の経験がない、もしくは経験が少ない人

・欧米型の食事を好む傾向にある人

・家族や親族に子宮内膜症の経験を持つ人がいる人

子宮内膜症にはエストロゲンという女性ホルモンが関係しているといわれています。これらの項目はエストロゲンの分泌が多い人にあてはまるものなのです。では、実際にどういった症状があるのかをみていきましょう。

子宮内膜症の症状は?特徴的な症状はある?

子宮内膜症ってどういう症状があるの?子宮内膜症の症状は、生理痛以外にもあるのでしょうか?

生理痛、生理以外の下腹部痛、排便痛、性交痛、腰痛、不妊などがあります。他にも、膀胱や直腸、へそ、帝王切開の傷跡などに出来ることがあり生理の時にそこが痛みます。

子宮内膜症の症状で多いのが、強い生理痛です。毎月生理痛の痛みがとても強い、という人は子宮内膜症の可能性が高いです。他にも、下腹部痛や腰痛など、痛みに関する症状が多いのが特徴的です。

症状のセルフチェックをしよう!

【生理中】

□ 生理痛がひどくなった

□ 出血量が増えた

□ レバーのような血の塊が出る

□ 疲労感や吐き気やめまいが強い

□ 鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらない

【生理中以外】

□ お腹が張る

□ お腹(下腹部)が痛い

□ 出血がある

【その他】

□ 性交時に痛みがある

□ 排便時に痛みがある

□ 避妊をしてないのに妊娠できない

子宮内膜症のセルフチェックではとくに「生理痛がひどくなった」という点に注目すると良いでしょう。動けない程痛い、鎮痛剤が全く効かないという時は子宮内膜症の症状が悪化していることがおおいです。子宮内膜症患者の症状の訴えで一番多いのが生理痛の痛みと言われています。子宮内膜症の症状だと思ったら、婦人科へ受診しましょう。子宮内膜症の症状ではなくても、生理痛がひどいといった相談も受け付けてくれるので気軽に受診することが大切です。

子宮内膜症の症状がでたらどうする?治療法は?

ホルモン療法

ホルモンの分泌を調整する薬を飲んでホルモンを調整し、症状を緩和する方法です。

●偽閉経療法

擬似的に閉経状態をつくる方法で、エストロゲンの分泌を抑えることで月経を止め、閉経した状態にする治療法です。

●偽妊娠療法

擬似的に妊娠状態をつくる方法で、妊娠中と同じようなホルモン状態にすることでエストロゲンの分泌を抑え、月経を止める治療法です。

ホルモン療法には2種類あります。どちらの方法でも子宮内膜症の症状を改善することができます。その代り、偽閉経療法では更年期の症状が現れることもあります。また、偽妊娠療法は比較的副作用が少ないまま症状を緩和することができるのですが、長期的な治療が必要になります。

手術療法

実際に手術を行って治療する手術をして治療をすることで症状を軽減させます。

●腹腔鏡手術

お腹を切開せず内視鏡をみながら処置する手術方法です。出血も傷も小さいので体の負担が少なく、回復が早いことが利点です。手術費用は、保険適用後で、入院費用と合わせて20万円程度になります。

●開腹手術

腹部を開腹して手術を行う方法です。病巣が大きく、子宮・卵巣・卵管すべてを摘出する必要がある場合は開腹手術が選択されます。保険適用されても、手術費用は入院費と合わせて30万円程度になります。

手術にも2種類あります。これはそれぞれの子宮内膜症の程度や部位、大きさ、症状の程度などによって左右されます。どちらの方法であっても症状の改善がのぞめます。しかし、入院や手術も必要になってきます。

治療法とは違いますが、漢方で症状が緩和することもあるそうです。

子宮内膜症の予防法

子宮内膜症は原因も明確になっていないため、効果的な予防法というのは確立されていません。そのため、女性疾患の予防法をするのが一般的とされています。

自分の月経の様子をチェックする

自分の月経に注目しよう自分の月経をチェックしておくと早期発見につながります。

痛みがひどすぎないか、出血などに異常など、生理の時の状態をしっかりチェックしましょう。

また、予防法ではありませんが、低用量ピルは子宮内膜症の進行を防ぐ効果があると言われています。

自分の毎月の月経の様子や、月経症状についてチェックすることが大切です。痛みの症状が強くなる、など症状に変化があることに気がつければ早期発見にもつながります。また、低用量ピルは子宮内膜症の進行を防ぐともいわれていますが、月経痛の緩和など、月経に関する症状にも効果的です。月経に悩んでいる人はまず医療機関を受診してみましょう。

月経中の性行為はやめる

月経中だから、とちゃんと断りましょう。月経中の性行為はやめるようにしましょう。

原因のひとつとして考えられている月経血の逆流を防ぐという意味では、月経中の性交渉は控えるべきといえます。

月経中の性交渉は子宮内膜の予防に限らずやめたほうが適切です。不衛生ですし、女性の身体にも負担がかかります。

健康的な生活をする

健康的な生活は全ての病気の予防!基本的なところに立ち返って、健康的な生活を始めましょう。

どんな病気にも当てはまることなので、子宮内膜症のための予防ということにはならないでしょう。

でも、規則正しい食生活や生活習慣、ストレスを溜めないように心がけ、運動も適度に行うことは大切なことです。

また、冷え性だと卵巣も冷えて回復力が低下するので、身体が冷えないようにするというのも大事ですね。

これは子宮内膜症に限ったことではありませんが、健康的な生活を送ることは様々な疾患を予防することにつながります。また、身体の冷えは女性の様々な不調や身体症状を引き起こすことにもなるので、身体をあたためていくことも大切です。

まとめ

自分を見つめ直すきっかけにしよう子宮内膜症は若い女性にとても多いです。自分の健康や体調をしっかりチェックする癖をつけて、心配な場合は婦人科などを受診するようにしましょう。

腹痛は、子宮内膜症以外にも様々な病気の可能性があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする