生理前や生理中の眠気は何が原因?眠気対策はどうしたいいの?

生理前や生理中は眠気を感じる方が多いのです。毎月のことで眠気に困って嫌になりますよね。この生理前や生理中の眠気を対策する方法はあるのでしょうか?しかし、逆に考えると眠気が異常に起きてきた時は生理になるサインです。これはPMSの影響です。生理の眠気対策のまとめ!

生理の時の眠気対策・・・!

女性の方は、生理前や生理中になると尋常じゃないくらいの眠気を感じて、仕事中や学校生活で悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。生理前や生理中になると眠気を感じるのは仕方ないとわかっていても、あまりの睡魔に、何も手がつかず困っている人は多いはずです。

毎月眠気に困ってしまっては、嫌になります。出来ることなら、生理前や生理中に眠たくなる対策を知りたいですよね。生理前に強い眠気を感じることを月経関連過眠症と呼ぶことがあります。

今回は生理前や生理中の眠気の原因や対策についてまとめてみたいと思います。

生理前や生理中に眠気を感じる原因

まずは、どういったことが原因で眠気が起きるのか原因を知りましょう。原因を知っていれば事前に対策が可能ですよね!

体温の変化

女性は生理の時期になると、黄体ホルモンの「エストロゲン」という成分と、卵胞ホルモンの「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが、変化します。生理前は、プロゲステロンの分泌量が一時的に増加する時期です。プロゲステロンが増加すると、体の温度が高くなるという働きが作用するのです。

人間は睡眠をする際に、体の温度を下げることで眠りへと誘導しています。しかし、プロゲステロンの作用により、体の温度が高い状態のまま保たれてしまうという事が起きてしまいます。そうなると、なかなか体の温度を下げることができなくなって、入眠時間が長くなってしまうことで、質の高い睡眠を確保することができなくなります。

いつもであれば、十分な時間の睡眠量でも睡眠の質自体が下がってしまうと、眠気が日中に現れてしまうのです。これが生理前に眠気を感じてしまう原因に繋がってしまうのです。

催眠効果

生理前にプロゲステロンが分泌されること自体が、強烈な眠気を催す原因になります。

月経前症候群の症状の一つに、強い眠気があります。これは、プロゲステロンが分解されることにより発生する「アロプロゲステロン」というホルモンの作用なのです。

アロプロゲステロンには、強力な催眠効果があります。この催眠効果は、睡眠薬と同じくらい強い力があるため寝不足で起きる眠気よりも強力なのです。

生理中の眠気対策

生理中の眠気対策としてまず行いたいのが、生活習慣の見直しです。毎日なるべく同じ時間に寝て、同じ時間に起きましょう。1日の生活リズムを整えることで生理中の眠気を抑えることができます。また、朝起きたら朝日を浴びることも眠気対策に効果的です。朝日には体内時計をリセットする効果があるため、体がスッキリとします。

生理中は基礎体温が低いため、冷え対策をしましょう。特に下半身を温めるとホルモンバランスが整うと言われています。生理中はゆっくりと湯船に浸かって、体を芯から温めましょう。寝る前のストレッチも効果的です。

生理中にあまりにも眠気が酷い場合には、お昼寝をするのも眠気対策になります。休憩中にお昼寝することで、頭がスッキリとします。ただし、お昼寝は15分以下にしましょう。15分以上寝てしまうと体がだるくなってしまいますし、夜の睡眠の邪魔をする可能性があるからです。

生理中の眠気対策には食事の工夫も効果的です。生理中に積極的に摂取したい栄養素が、鉄分です。生理中は貧血になりやすいため、鉄分を多く摂取して貧血を防ぐことも眠気対策に有効です。

今すぐ試せる眠気対策法・・・!

日中のつらい眠気対策法

大きく分けて、眠気対策にはこの2つの方法しかありません。

・夜、しっかりと熟睡する

・日中の眠気は、紛らわせる

当たり前のようですが、最もシンプルで対策しやすい方法です。

日中眠気でつらいようなら、まずは夜しっかりと熟睡することから始めましょう。

眠気対策・・・夜、しっかりと熟睡するには?

✭夕食を食べ過ぎない!

消化不良を起こしてしまい、内臓に大きく負担がかかるため熟睡しにくくなってしまいます。

夜ご飯は腹八分目の量を、就寝3時間以上前にとることを心掛け眠気対策をしましょう。✭カフェインやアルコールは控える

ホルモンバランスが崩れる原因とも言われていますので、できれば日中のコーヒーなども控えめにすると眠気対策繋がります。

「寝酒」という文化もありますが、アルコールも体内で分解するのに内臓に負荷が掛かります。

就寝してから4時間ほどすると、酔いが覚めた状態になり夜中に目を覚ますことがあります。

朝までしっかり熟睡したければ、生理中のお酒はほどほどにして、眠気対策を心がけましょう。

✭就寝前にパソコン、ケータイ、スマホをいじらない

LEDライトを見つめることにより、脳が興奮状態になってしまいます。

現代不眠の大きな要因の一つでもありますので、生理中ではなくても深夜のスマホには注意し、眠気対策をしましょう。

✭朝日を浴びる

朝日を浴びることによって、脳内からセロトニンが分泌されます。

セロトニンには生活リズムを整える効果があります。

夜型生活が長く続いているという方は、まずは朝カーテンを開けることから始めると眠気対策に

効果的です。

✭軽い運動をする

心地よい疲労は、最大の睡眠薬にもなります。

疲れは溜まっているのに運動量は少ない「現代型疲れ」では、熟睡はしにくいでしょう。

体を動かしながら副交感神経も刺激して、よりよい睡眠を手に入れ、翌日の眠気対策に繋げましょう。✭リラックスできるベッドルームを作る

大掛かりなリフォームを、ということではありません。

シーツを清潔なものに取り替えたり、ラベンダーなどのアロマの香りを置くだけで、気持ちよく入眠できるようになります。

ただ眠るのではなく、「良質な睡眠」をとることを日ごろから心掛けると、翌日の眠気対策に効果的です。

続いては、昼間の眠気対策についてです・・・!

日中の眠気を紛らわせる対策法

✭簡単な運動、意識的にトイレに立つ、など

長時間のデスクワークは血流が悪くなり、脳も酸欠になりやすい状態です。

単調な仕事や同じ姿勢でいることは、ただでさえ眠くなりがちです。

急激に眠くなったら、眠気対策として、まずは立ち上がりましょう・・・!

✭ガムを噛む

ガムを噛むことで脳からセロトニンが分泌されやすくなります。

眠気覚まし用のガムなども売られていますから、眠気対策にそれらを試してみる価値は大いにあります。

✭眠気覚ましのツボを押す

眠気対策として、手の甲側から親指と人差し指の付け根(Vになっている骨の内側)を、強めに指圧しましょう。

ボールペンなどで刺激すると、より効果的です。✭漢方薬を飲む

眠気対策に有効な漢方としては、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や加味逍遥散(かみしょうようさん)などがあります。

漢方は体質によって効果に差がありますので、専門の方がいる薬局などで相談してみるのもよいでしょう。✭鉄分を摂る

生理中は、いわば貧血の症状と同じような状態です。

眠気対策として、レバーやホウレン草など、鉄分の多い食事を夜に摂り、翌朝すっきりとした状態で目覚めましょう。

✭ビタミンB6も一緒に

ビタミンB6は、月経前症候群の解消に効果的だと言われています。

このビタミンB6をたっぷり含んでいる食材は、ずばりニンニクです。

眠気対策に摂取しましょう。

まとめ

生理前や生理中の眠気対策についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

生理前や生理中に眠気が起きるのはPMSが原因です。

体のメカニズムを思えば、無理をせずに欲求のままに過ごすのが良いですが、そういうわけにはいきません。

自分の体の求めているものを理解して、毎月の症状と上手に付き合っていきましょう。

生理前や生理中の眠気対策法を是非試してみて下さいね・・・!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする