生理と基礎体温のしくみって何?基礎体温の測り方が知りたい!!

生理の周期や妊娠しやすい時期が知りたいのなら基礎体温表をつけるといいと聞いたことがありませんか?でも、基礎体温表をどうやってつけたり、いつ体温を測ったらいいのかわからないという人もいると思います。そんな人必見です。生理日が予測できちゃいます!!

生理と基礎体温~はじめ~

妊娠を望んでいる人も望んでない人も、基礎体温を測れば妊娠しやすい時期がわかると聞きますよね。どの時間帯に測ったらよいのかや基礎体温がどのように変化するのかをご紹介したいと思います。

基礎体温を測って生理を予測できるとレジャーやデートの時に不安になる心配はありませんね。

生理と基礎体温~基礎体温とは?~

基礎体温とは、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギーを使っているときの体温です。寝起き直後で体が一番安静な状態にあるときの基礎代謝だけが反映された体温で、一般的な体温とは異なります。

生理と基礎体温について詳しく記載されています。

生理と基礎体温~基礎体温の測り方~

基礎体温を測るポイントについてお話しします。

基礎体温計の準備

基礎体温を測るには、いつも使用している体温計ではなく、小数点第2位まで表示できる基礎体温計がおすすめです。基礎体温は低温期と高温期で0.3~0.5度の違いしかないため、小数点第1位までしか表示できない通常の体温計では正確に記録することができないからです。

安静な状態で測る

寝起きで体がまだ休んでいるタイミングに計測します。毎日同じ時間に測ることも大切です。二度寝などで起床時間がずれても、起きたときにすぐ測ってください。起き上がったり、飲食や寝返り、あくびをするだけでも体温は上がってしまいます。できるだけ体を動かさず、布団の中で寝たままの状態で測りましょう。検温中も動かないようにしてください。基礎体温計を枕元に置いておくとよいですね。

飲酒や睡眠不足には要注意

お酒を飲んだ次の日や睡眠不足のときは基礎体温を正しく測れないことがあります。排卵日を正しく知りたいという人はできるだけ飲酒を控え、睡眠をたっぷりとるようにしてください。

生理と基礎体温~基礎体温の変化と生理周期の関係~

通常の基礎体温は低温期と高温期に分かれています。特徴についてお話しします。

生理周期は、生理期間の「月経期」、卵巣の中で卵子が成長する「卵胞期」、排卵が起こる「排卵期」、排卵後に妊娠しやすい状態を作る「黄体期」の4つに分類できます

「月経期」・・・期間は5~6日程度で、体は再び次の排卵を準備し始め、卵胞期へと続きます。

「卵胞期」・・・期間は6~7日程度で、4つの周期中で最も体調がいい時期でもあります。

「排卵期」・・・期間は卵子が排卵される前後5日間程度です。

「黄体期」・・・卵子が精子を受精した場合、受精卵が子宮内膜に着床するのを待つ期間でもあります。期間としては約14日間です。

低温期

月経期から排卵期が始まる頃までが低温期です。生理開始時点は低温期です。新しい卵を育てる「卵胞期」に入ります。受精卵を迎え入れる準備ができたら、いよいよ「排卵期」に入ります。排卵日の前後を境に基礎体温がぐんと上昇し、高温期に入っていきます。

高温期

「排卵期」の途中から徐々に体温が上がり、「黄体期」を迎えます。着床しなかった場合はホルモンの分泌量が次第に少なくなり、基礎体温が下がります。その後生理が始まります。

生理と基礎体温~基礎体温表~

低温期の中で最も基礎体温が下がる日があります。その日から数日以内に排卵が起きるので、その前後がもっとも妊娠しやすい日だとわかります。

生理周期が正常なら、高温期が14日ほど続いたら低温期に入るので、生理が来る日もだいたい予測できます。

基礎体温の理想的なグラフ波形は、高温期は36.8度前後、0.2~0.3度を行ったり来たりしながら、36.5度を下回らない安定した波形が理想的です。

基礎体温表のメリット

・妊娠しやすい日がわかる。

・次の生理日が予想できる。

・健康状態を把握できる。

・妊娠しているかどうかがわかる。

基礎体温表のデメリット

・毎日測らなければいけない。

・最低でも2.3ヶ月基礎体温表をつけなければ、妊娠しやすい時期が予測できない。

生理と基礎体温~基礎体温表からわかる危険サイン~

高温期が長いとき

高温期は長くても17日ほどで、それ以上続く場合は妊娠している可能性があります。生理予定日を過ぎても高温期が続いている場合は、生理予定日から1週間後に妊娠検査薬を使って調べてみてください。

高温期が短いとき

高温期が10日以下で終わってしまうと短いと判断できます。この場合、高温期を維持するのに必要な女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」がきちんと分泌されていないことを意味しており、「黄体機能不全」を起こしている可能性があります。

低温期が長いとき

低温期それ以上長くなって生理周期が39日以上になった場合は「稀発月経」などの月経異常を起こしている可能性があり、多嚢胞性卵巣症候群や早期閉経も疑われるので注意が必要です。

排卵が遅いのは「遅延性排卵」ともいわれ、不妊の原因になることもあるので一度婦人科に相談してみてください。

低温期が短いとき

低温期が10日以下と短い場合は、頻発月経の可能性があります。この場合、無排卵月経や排卵障害、黄体機能不全、更年期障害などが原因として考えられます

生理と基礎体温~まとめ~

生理と基礎体温についてお話ししました。基礎体温表を付けることによってカラダの異変にも気付くことができるので、自分のカラダのことを知っておきたいという人に基礎体温表はぴったりかもしれませんね。

生理についての記事です。

生理と基礎体温に関連する記事です。参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする