生理とプールが重なった…そんな時でも入れるの?そして入る方法は?

生理とプールの授業が重なることはありませんか?もちろん、休めばいいという話でもあるのかもしれません。しかし、生理でもプールに入らなければならないかもしれませんよね?そこで、ここでは生理でもプールに入れるのか?そして入る時の方法について紹介します。

プールと生理は悩みのタネ

やはり、女性にとってプールと生理というのは悩みのタネのようです。

では、女性にとってプールと生理が重なるとどうなるのでしょうか?

思春期の憂鬱

●水泳を休んでいたら男子から「あいつ生理だな」と思われてしまうのではないか?

●男の先生に「生理だから休みます」ということに抵抗がある。

●生理でもプールに入るようにいわれた。

他にもたくさんあると思いますが、以上のような経験がある人はとても多いようです。

このように、思春期の子供にとって生理とプールが重なるというのは非常に問題なようです。確かに、生理中のプールで経血が出てきても問題ですし、逆に生理中にプールを休むと周りにどう思われるかというのも気になりますよね?

成人しても変わらない

●友達や子どもと海・プールなどに遊びに行く約束をしている日と生理が重なった

●生理痛がきついけど仕事をどうしても休めない日だった

●出先で経血がもれて恥ずかしい思いをした

以上のように、生理で「どうしよう…」と思うような出来事は大人になってもよく起こってしまうものです。

つまり、プールや海が授業でなくとも、女性にとって生理とプールという組み合わせは問題なのかもしれません。確かに、大人ならなおさら、周りを気にして生理中にプールは入れませんよね?

生理中のプールで考えるリスク

生理中のプールというのは女性にとってそれだけでも問題であることがわかります。

では、実際に女性が生理中にプールに入るとしたらどのような問題があるのでしょうか?

細菌感染や流血

●血が流れ出てしまわないか不安

●お腹が冷えて生理痛がひどくなる

●菌が入ったりしないか心配

●その他生理による体調不良

以上のようなことが、生理中の水泳が困難となる理由ではないでしょうか。

このように、生理中のプールというのは、ただでさえ女性にとって心配事が満載なのだと思います。しかし、それでも毎年プールの授業はあるものですよね?では、もしプールの授業と生理が重なってしまったらどうすればいいのでしょうか?

休むかどうかはその子次第

簡潔にいってしまえば、「生理中は無理して水泳はしない方がよい」ということではないでしょうか。これはあくまでも体のことを考えたときだけです。もちろん生理中も普段と体調の変化もなく、「生理中だけど水泳をしたい!」「プールに入ることに抵抗はない!」という人もいると思いますので、そのような人は自己責任でいつも通りプールに入ることも選択肢の一つです。

基本的には生理中はプールに入らない方がいいと思います。しかし、生理中にプールに入るという選択もその子次第ではないでしょうか?少なくとも、ネットで稀に話に上がる、教師から強要というのは決してあってはならない事態だと思います。

生理中のプールはタンポンを利用しよう!

すでに紹介した通り、生理中はできればプールに入らない方がいいでしょう。

しかし、人によっては入る選択をすることもあるかもしれません。

そんな時、オススメなのがタンポンだそうです。

タンポンは説明書に記載がある

タンポンを使用することで漏れの心配を防いでいきましょう。タンポンは、膣内に挿入して使うものなので経血が漏れる心配もありませんし、説明書にタンポンを使用したままプールやお風呂に入れると記述があります。

多くの方はナプキンを利用しているために、あまりタンポンに馴染みがないかもしれません。しかし、タンポンも生理用品として非常に使い勝手がいいものだそうです。そして、記載されているだけに、生理中でもタンポンを使えばプールに入れるのではないでしょうか?

タンポンの使用方法

初めてタンポンを使うなら、アプリケーターが付属されているものがオススメです。アプリケーターを使用すれば、初めての方でも良い位置にしっかりタンポンの吸収体を挿入することができます。慣れてきたら、タンポンの吸収体を清潔な指で押し込んでも良いでしょう。

初心者はどうしても使いづらいように思うかもしれませんが、説明書通りに使えば十分初心者でも使えるのがタンポンですからぜひ試してみてください。ただ、あくまでプール中に使うかは本人の意思だと思います。

生理中にプール体験談!

ここでは最後に、生理中にプールを楽しんだ方の体験談を紹介します。

人によっては生理中でもプールを十分楽しんでいるようですよ。

30代 専業主婦

せっかくのビーチへの海外旅行のときに生理が重なってしまいました…。でもタンポンを使うことで、海で遊べたのはもちろん、長時間ベルトサインが出ていてトイレになかなか行けない飛行機内でも安心・快適でした。

海を楽しみにしていた海外旅行と生理が重なるというのは辛いものです。そんな時、タンポンを使えばかなり助かるのかもしれませんね。

20代 会社員

彼とのプールで、どうしても日にちをずらすことができず、デビューしました。使ってみると、入っていることを忘れるくらいで、違和感も全くなく、水着も汚れないし、一日思う存分楽しめました!生理なのにプールにも入れるってすごいことです。

このように、生理中でもタンポンを使えば十分プールを楽しめるようです。ただ、どんな理由があっても生理中にプールに入るというのは自己責任だと思います。だからこそ、逆に周りが強要することがないようにしたいですね。

まとめ

生理中にプールに入るというのはリスクが多いようです。

授業の場合、入らないというのも問題になることがあるようです。

ただ、入る入らないにしても女性の意思は尊重されたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする