母乳中にしこりが痛い!しこりが痛い原因と対処法のまとめ♪

母乳育児をする方の悩みの1つにおっぱいにしこりが出来て痛いという事があります。授乳中のおっぱいにしこりが出来るのは”乳腺炎”による症状が多いです。母乳中、しこりが痛い原因や対処法をまとめてみました。しこりを放置すると・・・?

母乳育児の悩み”しこり”

母乳育児をする女性の悩みの1つにおっぱいのしこりが痛いという症状があります。

授乳中にしこりが出来るのは乳腺炎の可能性が極めて高いです。

母乳中のしこりの原因や対処法を以下の順番でまとめていきます。1、母乳の詰まりが原因でしこり!?

2、母乳が原因でしこり!乳がんの可能性は?

3、母乳の詰まりによるしこり対処法

では、ご覧ください♪

母乳の詰まりが原因でしこり!?

授乳中にしこりが痛む!なぜしこりが出来てしまうのでしょうか!?

乳房の中にはたくさんの乳腺があります。母乳は乳腺を通って出てきます。

なんらかの原因で、母乳がドロドロになってしまうと流れが悪くなり、しだいに詰まってしまいます。ホースの中が汚れて、水が流れなくなるのと一緒です。

母乳が詰まってしまった箇所の事を”しこり”と言います。乳腺炎の場合は、乳房を触ればすぐにわかるそうです。

しこりを放置すると・・・。

しこりを放っておくと、あるとき急に高熱が出たりします。本格的な乳腺炎です。

高熱に加えて、悪寒、関節の痛み、頭痛などインフルエンザのような症状になり、とても身体が辛くなります。乳房は、全体が赤みを帯びてカチカチになります。

私は赤みを帯びた部分が痛みと同時に痒くもなりました。ガタガタ震えるほどの寒気と関節痛で、1人では病院へ行くことも困難になります。

母乳の詰まりによるしこりを発見したら絶対に放置するのはやめましょう。

乳腺炎には大きく分けて2タイプあり、どのような特徴があるのでしょうか?

また、乳癌との関連は!?

授乳中にしこりによる痛みが出たら要注意!早めに対処しましょう!

母乳が原因でしこり!乳がんの可能性は?

母乳の詰まりが原因でしこりが出来る症状”乳腺炎”には2タイプあります。

それぞれの特徴と症状を見てみましょう。

母乳の詰まりによるしこり:急性うっ滞乳腺炎

母乳が乳腺に詰まって炎症を起こす「急性うっ滞乳腺炎」は、乳管の狭い初産ママや、断乳・卒乳などで母乳が供給過剰になったときに起こりやすい疾患です。急性うっ滞乳腺炎になると、乳房全体が赤くなる、しこりができ、触ると痛む、乳頭に白く詰まった母乳が見える、微熱が出るなどの症状が出ます。

症状が酷くなると高熱が出る事があります。高熱が出てしまうと入院の可能性もあるようです。

しこりを見つけ次第、対処しましょう。

乳腺炎によるしこりがあったらすぐに病院へ!

母乳の詰まりによるしこり:化膿性乳腺炎

乳腺が細菌感染することによって起こる「化膿性乳腺炎」は、乳頭にできた傷から赤ちゃんの口腔内細菌が感染して起こる場合と、急性うっ滞性乳腺炎が進行して起こる場合があります。乳房の激しい痛みや腫れ、全身の震えと悪寒、高熱が出る、血の混ざった膿や母乳が出る、しこりができるなどの症状が出ます。

母乳の詰まりによる乳腺炎には2タイプあり、このような症状が起きる事があります。

そしてもう一つ!おっぱいのしこりで気になるのは乳癌!

母乳の詰まりによって出来たしこりは乳癌と関係あるのでしょうか?

乳腺炎のしこりと乳がんのしこり

・乳腺炎のしこり

乳腺炎によるしこりは、乳管が閉塞し、母乳が溜まってしまうことでできます。押したりつまんだりすると動く、弾力性がある、場所によって固かったり柔らかかったりする、などの特徴があります。

・乳癌のしこり

乳がんによるしこりは、押しても動かず、石のように固くごつごつしているという違いがあります。また、乳腺炎のような痛みや発熱もありません。

乳腺炎のしこりと乳癌のしこりには大きな違いがあります。

特にしこりが出来てから痛みがあると乳癌の可能性はほぼありません。

でも、区別しづらい事も。

乳腺炎によるしこりでも母乳の詰まり方次第では硬くなるため、心配であれば病院で診てもらいましょう。

母乳の詰まりによるしこり対処法

母乳によるしこりを見つけたらすぐに病院!でも良いのですが、自分で対処できる事もあります。

どんな対処法があるのでしょうか?

母乳の詰まりによるしこり対処法:マッサージ

マッサージは、基本的には乳輪付近をいろんな方向からつまみ、母乳を出すような形でマッサージをします。母乳が出てくると思うので、ティッシュをもってつまみます。痛いですが、これを行うことによって高確率で母乳のつまりがなくなります。

コツは、いろんな方向から、両手を交互に使って、つまむことです。そうすることによって乳輪付近が柔らかくなり、母乳が出やすくなってくるかと思います。

母乳が詰まってできたしこりなので、マッサージはとても効果的です。

しこりが出来たらマッサージを試してみてください♪

母乳の詰まりによるしこり対処法:赤ちゃんに♪

マッサージができて、おっぱいをほぐすことができたら、あとは赤ちゃん、子供に飲んでもらいます。特におなかの空いたときにたくさん吸ってもらうことが大事だと思います。

この時に、できるだけ一方向からだけ飲ませるのではなく、縦抱きにしたり、赤ちゃんのあごの向きをいつもとは違った方向にするほうが効果的です。

マッサージでほぐれたら赤ちゃんに母乳を飲んでもらいましょう。

赤ちゃんは栄養が摂れて、ママさんはしこりが取れて一石二鳥です♪

女性は乳房にしこりが出来るとすぐにガン!?と思いがち!じゃあこのしこりはなに!?

最後に

いかがでしたか?授乳中にしこりが出来る原因は母乳の詰まりです。対処法はマッサージが効果的で、乳癌との関係もありません♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする