止めてあげたいその辛い症状!そんな子供の咳を止める方法とは

子供は大人よりも咳がひどくなりやすいものです。そして、子供が咳で辛そうにしていると親としても止めてあげたいものです。しかし、自分の体ではないので子供の咳の対処に困る人も少なくないようです。そこで、ここではそんな子供の咳にどう対処するのかを紹介します。

子供はなぜ咳がでる?

子供は大人より病気にかかりやすく、

咳も出やすいものです。

ここでは、そんな子供が咳を出す理由から紹介します。

咳が出るのはナゼ?

咳は気道の中に入った異物を体の外へ出すための防御反応。気道には咳を起こさせるスイッチがあり何か異物がつくと咳が出るんです。鼻に何か入ったらくしゃみが出るのと同じことです。

もしこの反応がなければ痰や異物が気管に詰まってしまうんです。恐ろしいですね。

つまり、単純に子供の体は体に入ったウイルスを吐き出すために咳をしているのです。

では、無理に咳を止めないほうがいいのかもしれませんね。

なぜ夜咳がひどくなるのか!?

元々風邪から始まった咳やアレルギーなどによる咳でも、日中は調子がいいのに、布団に入ると急に悪化するということはあります。子供って、昼間元気なのに夜中に高熱出しませんか?そして朝には下がってたり。

それで油断するとまた夕方くらいから・・・みたいな感じで。。。実はこれには自律神経が関係しているのです。

つまり、普段は自律神経の関係で気道が緊張していて咳が出にくいようなのですが、

寝ている間はそれが緩むので咳が出やすいそうです。特に子供の場合はその差が顕著なようで、よる子供が咳き込みやすいのはそのせいと言えます。

子供の咳が長引く理由

先ほどは、子供が咳をする理由について紹介しました。

そこで、ここではなぜ子供の咳が長引きやすいのかについて紹介します。

原因がわかれば対処にも繋がりますよ。

気道が敏感に

子供はそもそも抵抗力が弱い上に手洗いうがいが十分でなかったり何でも口にいれたりと、体の中に病原が入りやすく風邪を引いてしまいやすいですね。

一度風邪を引いてしまい咳が出始めると気道が敏感になってしまいます。痰を上手に出せない子供の場合、咳が何度も出てさらに気道に刺激を与えてしまいます。

敏感になった気道がちょっとの埃で簡単に咳を出すようですね。

だからこそ、少しでも刺激を抑えるのに咳が出ている間はマスクが必要なのでしょう。

咳止めでさらに長引く?!

咳が出るからと安易に止めようと咳止めを使ってしまうことで、気道についた痰を外へ出すことができず結果的に咳が長引くことになってしまいます。

痰を出しやすくする薬を中心にして本当にひどい咳が出ない限りは、咳止めはあまり使わない方がいいですね。

先ほど、子供の咳は特にウイルスなど病気の原因を排出する効果があると紹介しましたが、

その通りで、無理に止めると咳の原因が排出されないので余計に長引く可能性もあるのです。

赤ちゃんの喘息について紹介されているのでぜひ見てみてください。

子供の咳を止めるために

先ほどまでで、子供の咳についてある程度わかりましたね。

そこで、ここではいよいよ子供の咳をどう止めるのかについて紹介します。

正しい対処はより早く子供を楽にしてくれますよ。

やっぱり病院へ

なかなか咳が治まらない場合は喘息になりかけている、気管支炎や肺炎を起こしてしまっている可能性があります。咳だけだからと軽く見るのではなく一度ちゃんと受診することをお勧めします。

正直に、これが最も効果的な手段と言えます。下手に原因を決めつけるより、時間があるならぜひ小児科に行って対処をしましょう。

医師の対処がもっとも早く子供を楽にしてくれますよ。

生活の中で気をつけるこ

お風呂は体力を使いますが湿気で気道が潤うので機嫌よく過ごせているなら入ってOKです。湯冷めしてしまわないように上がった後は温かくして早く寝かせてあげましょう。

食事は喉ごしのよい温かいものを食べさせて。咳が出る時には気道に刺激を与えないよう飲み物も温かいものを飲ませましょう。はちみつとレモン汁をお湯で薄めたものは咳に良いとされています。

そして、すでに紹介していますが、子供はよる咳が出やすくなります。もし、子供が夜咳で苦しそうなら背中をさすってあげてください。背中には咳を和らげるツボがあるそうなので、それだけでも効果が期待できますよ。

子供にはつらい気管支炎の治療法について紹介されているのでぜひ見てみてください。

しつこい子供の咳を薬以外で緩和する方法

すでに紹介していますが、子供の咳に対してあまり咳止め薬は使わないほうがいいようです。

そこで、ここではそんな咳止めを使わない方法について紹介します。

仰向けで寝ると咳が出やすい?横向きに寝かせてみましょう

お子さんが眠る時、どのような体勢が多いのでしょうか?仰向けの場合、のどに痰や鼻水が流れやすくなり、咳が出る原因になることもあります。子供の癖もありますが、できれば横向きにしてあげましょう。

無意識に仰向けになってしまう時は、抱き枕があると便利です。

仰向けはいびきの原因になるほど気道を狭める事があります。まして、もともと子供の病気で扁桃腺が腫れていたら気道は狭まっているのですから仰向けは咳が出やすくなるのです。

枕を高くして、痰や鼻水を切れやすくしましょう

枕を高くすると言っても、頭だけ高くしてしまってはのどに鼻水が溜まってしまい逆効果です。背中から上体を高くすることがポイントになります。椅子に座るような体勢、もしくはチャイルドシートに乗せた時のような体勢がベストです。

病院のベットのように上半身ごと上がるようなのは難しいですが、

敷き布団か掛け布団をもう一枚利用すれば可能です。

ぜひ、子供の咳を和らげるのに利用してください。

咳止めを使っても効果がない場合の対処について紹介されているので参考になりますよ。

まとめ

子供が咳で辛そうにしているのは親も辛いものです。

できる事なら変わってあげたいほどでしょう。

正しい対処で少しでも早く、子供を楽にしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする