案外お尻は見られている!?いざという時汚いお尻では困りますよ

基本的にお尻を晒すということはあまりありません。しかし、いざという時に汚いというのは困りものです。特に、お尻を晒す相手に汚いなどどは絶対に思われたくないものですよね?そこで、ここではそんなお尻が汚い原因と対処法について紹介します。

お尻は見られている?

ここではまず、お尻が見られていることについて紹介します。

男性というのは女性のお尻に注目しているようです。

つい見てしまう女性のカラダ

調査のなかで、つい見てしまう女性のカラダの部分について、配偶者または恋人のいる30~50代の男性500名を対象に聞いたところ、3位はお尻(35%)、2位はおなか(41%)という結果に。

そして男性が一番気になる部分はどこかといえば、全身のスタイル(53%)が第1位という結果。つまり、カラダの全体的なラインをチェックしている男性が半数以上いることがわかったんです。

3割近くの男性がズボン越しにお尻を見ているのです。つまり、水着や裸の際にはさらに多くの男性がお尻に目が行くと言っても過言ではないのです。もし、そんな時にお尻が汚いとすればどう思われるでしょうか?

女性のカラダを見て残念に感じた

また、今回の調査によれば、女性の体型を見て残念に感じた(47%)、自己管理ができていないと感じた(38%)、女性としての魅力を感じなくなった(32%)といった意見をもつ男性たちがいることがわかりました。

だらしない体型というだけでも残念に思われるのに、そこに汚いが加わればもう魅力ある女性として見られませんよね。そして、体型は難しいことがあっても汚いかどうかは十分努力で対処できるのです。

お尻が汚い原因

ここではまず、お尻が汚い原因について紹介します。

汚い原因がわかればそれだけ対処ができそうですよね。

摩擦や蒸れ

サイズの合わない下着での締め付けや、お風呂で体をゴシゴシ洗うといった摩擦によって色素沈着が起こり、黒ずみが発生します。また、座り仕事が多い場合などはお尻が蒸れやすく、汗がこもってニキビの原因となります。また、慢性の刺激になる為に、角質も肥厚しまいます。

摩擦や蒸れというので汚いというのは女性にとっては難しい話ではあります。実際、下着の締め付けは男性よりきついものがありますし、生理のたびに蒸れがひどくもなります。しかし、それらを解消しないと汚いお尻は綺麗にならないかもしれませんね。

乾燥・外的刺激

乾燥すると、肌のバリア機能が低下します。すると、肌は刺激から守るためにターンオーバーのサイクルを早めて角質層を厚くします。いわゆる「過角化」と呼ばれるものですが、この過角化が起きると、肌がゴワゴワしたり、くすみを招きやすくします。

乾燥というのはさきほど紹介した蒸れとは全く正反対ではありますが、どちらにしてもお尻が汚い原因になるようですね。つまり、顔のトラブルに繋がる要因というのがそのままお尻に来ているということでしょう。

汚いお尻を綺麗にするケア

さきほど、汚いお尻の原因について紹介しました。

そこで、ここではそんな汚いお尻を綺麗にする方法について紹介します。

保湿クリームでケア

保湿クリームを塗ることで、乾燥による黒ずみやゴワつきの予防・改善が期待できます。セラミド、コラーゲンといった保湿成分のほか、角質を柔軟にしてキープするヒアルロン酸や、シミを防ぐ天然ビタミンEなど、美容成分が豊富に含まれているクリームがおすすめ。

お尻も顔と同じで保湿することが大切です。特に、お尻が汚いというのであればその原因に合わせたスキンケアが求められます。

下着の素材・形・サイズを見直す

お尻に長時間直接触れている下着を見直してみましょう。下着は毎日肌に触れるものなので、肌に合わない素材や合わないサイズの下着はダメージを与えます。素材であれば、通気性がよく蒸れにくい綿がおすすめです。

さきほど、お尻が汚い原因として摩擦について紹介しました。それなら、下着を変えるということで十分汚いお尻を綺麗にすることができます。ただ、女性の下着で締め付けがゆるいものがなかなかないのが難点ですが…

洗い方を見直す

お尻は普段から清潔にしておきましょう。ただし、ゴシゴシと力を入れて洗うのはNG。摩擦は黒ずみなどのトラブルの原因となるため、石けんを泡立ててやさしく丁寧に洗うようにしましょう。入浴後は肌が乾燥しやすい状態にあるため、保湿ケアも忘れずに行ってください。

お尻が汚いというのなら綺麗になる洗い方を!ということですね。ただ、洗顔と同じで間違った洗い方をしていれば逆に汚いお尻が悪化するということも考えられるので要注意ですね。

汚いお尻を綺麗にする治療

さきほどは、汚いお尻へのケアについて紹介しました。

しかし、それでもお尻が汚いのであれば治療を考える必要があります。

そこで、ここではそんな汚いお尻を綺麗にする治療について紹介します。

ケミカルピーリング

お尻の黒ずみ、ざらつき、ニキビが気になる方にオススメです。酸の働きで古い角質を除去し、細胞の新陳代謝をアップすることで、くすみやざらつきを改善します。クリニック処方の美白クリーム、保湿クリーム、ピーリング石鹸などとの併用で、相乗効果が期待できます。

お尻に限らず最近では身体中様々な部位の汚い部分を綺麗にする方法として利用されています。さすがに顔は少し怖い気もしますが、お尻ならぜひ試してみたい治療法ですね。

外用薬の処方

漂白効果があり、メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制するハイドロキノンや、ターンオーバーを促すトレチノイン(ビタミンA誘導体)などの外用薬をお尻に塗ることで、黒ずみを解消する治療です。

塗るだけで汚いお尻が綺麗に!というものです。ただ、これはあくまで黒ずみで汚いお尻専用です。ちなみに、外用薬があるように、内服薬でお尻を綺麗にということもありますから、ただ汚いお尻一つとっても様々対処があることがわかります。

まとめ

汚いお尻というのはいざという時困ります。

しかし、多くの人が自分のお尻まで見ていません。

ぜひ一度、鏡で自分のお尻を見てみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする