敗血症って何!?生命落とす危険がある敗血症性ショックって!?

敗血症の原因には何があるの!?細菌感染症の全身に波及したもので非常に重篤な状態であり、無治療では敗血症性ショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る病気!元々の体力低下を背景としていることが多い!敗血症性ショックについてまとめてみました。

敗血症って何!?敗血症性ショックって!?

敗血症のきっかけは風邪や感染症、虫歯など、比較的重篤でないものがほとんどです。ただ、こうした感染症をきっかけに血液内で細菌が増殖し、臓器が炎症を起こすなどして重篤な症状が引き起こされます。

敗血症のきっかけは風邪など、私達の周りに普通にある感染症から始まるのですね。

敗血症性ショックを起こさないために、早期受診し、早期治療が必要ですね。

虫歯口の中はばい菌がいっぱい!

ばい菌が血管内へ侵入し、増殖してしまうと敗血症性ショックを起こす可能性があるのですね。

日頃からの、管理、歯医者への受診にて、敗血症性ショックを予防できますね。

つまり敗血症はちょっとした感染症や化膿などであっても、早く完治することで防げるということになります。

また、手洗いうがいや規則正しい生活など、感染症自体を防ぐような対策を採ることも、敗血症を予防する手段の一つといえます。

敗血症は、感染症に感染して起こる重篤な全身性の反応なのですね。

敗血症性ショックの血圧が下がることで生命にかかわってくるのですね。

敗血症このように菌やウイルスなどが、血管の中を血液と共に全身へ流れていく。

状態が改善されなければ、敗血症性ショックとなる。

敗血症の生存可能性は?敗血症性ショックになってしまったら?

 風邪や下痢などをきっかけに、全身の臓器が急激に変調をきたす「敗血症」。心筋梗塞(こうそく)や脳卒中よりも致死率が高く、日本では患者の3人に1人が死亡している。救命率を上げるため、昨年公表された診療指針では素早い診断と治療開始を求めている。

敗血症の入口が、風邪や下痢などをきっかけとし、敗血症性ショックを起こす可能性があるとは、日頃からの体調管理の大切さがわかりますね。

敗血症性ショックで3人に1人お亡くなりになるとは、敗血症性ショックは怖いですね。

救命率を上げるために、敗血症性ショックを改善するには、素早い診断と治療開始が最重要なのですね。

風邪風邪をきっかけに敗血症性ショックを起こす可能性がある。

敗血症性ショックを起こす可能性もあるのでから、風邪を甘くみてはいけないですね。

敗血症の原因には何があるの?

敗血症は、感染症を起こした部分から細菌が侵入することが根本的な原因です。原因と言われる細菌の種類はレンサ球菌や大腸菌、肺炎菌など多岐にわたります。

細菌が血液中に侵入しただけでは敗血症とはならず、全身症状が出たり、感染症が疑われたりすることで初めて敗血症と呼ばれます。

敗血症は、全身症状が出たりすると疑いをもつのですね。

敗血症性ショックは感染症の重症化した状態なので、敗血症性ショックを起こす前の、早め早めの受診が必要ですね。

風邪風邪を起こすウイルスは種類として、200はあると言われています。

そのうちのどれが、私達の体の中へ侵入して敗血症性ショックを起こすかは不明です。

細菌が血液に入り込む原因としては、中耳炎や抜歯、腎盂腎炎や副鼻腔炎などさまざま。軽い風邪だと思っていたら、急に重篤な敗血症の症状が現れることもあり、注意が必要です。

特に術後の方や免疫の弱っている方、糖尿病の方などがかかりやすい傾向にあることが分かっています。

細菌が入り込む原因は様々あるのですね。

敗血症性ショックを起こす注意すべき方々が、手術後の方、免疫力の弱っている方、糖尿病の方は、敗血症性ショックを起こしやすい、特に注意しなければいけない方々なのですね。

手術後手術後の方や、免疫力の弱っている方は、敗血症性ショックを起こす可能性のある方々なので、体の不調や発熱などに注意して、敗血症性ショックを起こす前に適切な治療が受けられるように注意しないといけないですね。

敗血症の症状には何があるの?

敗血症の一般的な症状として、以下の点が挙げられます。

・悪寒

・38度以上の高熱(または36度未満の低体温)

・心拍数および呼吸数の増加

・高血糖

・低酸素血症

・意識障害

悪寒や高熱は自宅で風邪などをひいた際に有りうる症状ですね。

敗血症性ショックを起こす前段階であることも頭に入れて、早期受診、早期治療が必要ですね。

意識障害は、敗血症性ショックに限らず、救急車を呼ぶなど早急な対応が必要ですね。

発熱高熱は敗血症性ショックを起こす前段階の可能性もあるので、注意しないといけないですね。

また腎不全や呼吸不全などの多臓器障害症候群(MODS)を引き起こすこともあり、経過に注意が必要です。

敗血症は1μlあたりの白血球数で検査されることが多く、12,000個以上もしくは4,000個未満、もしくは10%以上の未熟な白血球が計測された場合にも、敗血症と診断されます。

全身性炎症反応症候群に至ることも少なくなく、重篤な症状に見舞われることが多い病気といえます。

敗血症性ショック前段階の呼吸不全は本人がとても苦しそうにしている状態であったり、意識の低下が見られている状態なので、敗血症性ショックに限らず、早急な対応が求められますね。

白血球

敗血症性ショックって、どうなってしまうの?

一般的にはショックというと血圧低下というイメージがありますが、敗血症性ショックの場合には血圧低下にこだわらずに代謝性アシドーシスの進行やLac(乳酸)上昇を認めた場合には開始が必要になります。なぜなら、敗血症性ショックでは血圧低下よりもアシドーシスの進行やLac上昇、中心静脈酸素飽和度などが臓器潅流障害のより良い指標とされているからです。

敗血症性ショックには、血圧低下以外にも注意すべき項目があるのですね。

酸素飽和度血液の中の酸素濃度をチェックしています。

敗血症の治療法には何があるの?

敗血症と敗血症性ショックは、抗生物質を用いて直ちに治療を行わなければ、生存率も下がってしまう。

静脈から大量輸液を行い、血圧をコントロールする薬剤投与し、酸素吸入を行います。必要であれば、呼吸を補助するために人工呼吸器を使用します。

酸素療法

生命を落とす危険がある敗血症性ショックって!?まとめ

敗血症性ショックは、入院されている患者さんにもなる可能性はありますが、自宅での風邪や下痢などをこじらせて、細菌が全身へ周り、全身症状として高熱や、呼吸数の増加、心拍数の増加など全身状態が悪化していってしまいます。

こんな時には、早急な対応が必要となります。

全身症状の出現前に、早めの受診、治療を受けることが、敗血症性ショックを起こさない解決策となりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする