愛猫の耳掃除は自分でできる?猫の耳掃除の方法とケア用品まとめ!

カワイイ我が家の猫ちゃんのお耳が少し汚れている・・・。自宅でケアしてあげたい!そんな飼い主さんに、猫の耳掃除の方法や注意する点、どんなものを使用すればいいのかをまとめました!さっそく愛猫の耳掃除にチャレンジしてみましょう。

猫の耳の構造を知っておきましょう!

猫の耳の構造自宅では耳介と垂直耳道の部分をケアします。

耳の穴には皮脂腺と耳道腺と呼ばれる腺があり、これらの分泌物が耳の奥に入ろうとする細菌やほこりなどを手前でキャッチしています。この分泌物が固まったものが耳垢です。分泌する量には個体差があり、耳の健康状態によっても差が出てきます。

このように独特な構造をしているため、ご家庭では耳の内部をくまなく掃除することができません。掃除できる部位は垂直耳道の部分だけに限られてしまいますが、ご家庭での耳のケアーは非常に大切なことです。

耳掃除の前に猫の耳の中をチェックします!

少し程度の耳垢や生活汚れ程度なら自宅で耳掃除できますが、汚れがひどかったり、腫れている場合は動物病院を受診しましょう。自宅で耳掃除をすると悪化してしまう場合があります。

正常な猫の耳耳の中は薄いピンクで汚れもほとんどありません。

耳垢が多い耳垢が多い場合は外耳炎を起こしている場合もあるので、自宅で耳掃除しない方が良いでしょう。

また、耳垢が黒い場合は「耳ダニ」という寄生虫がいる場合もあるので、病院で検査してもらいましょう。

耳介の部分が腫れている耳介がパンパンに腫れている場合は「耳血腫」と呼ばれる状態になっているので、動物病院へ行きましょう。耳血腫は外耳炎などなどからくる痒みにより後ろ足で耳を掻いた時に耳介の血管が切れてしまい、耳介の中に溜まっている状態です。他に、耳介や耳道の腫れや赤く炎症している場合、耳が臭いなどの場合も自宅での耳掃除は避けましょう。

猫の耳掃除に用意するもの

猫の耳掃除用品:カット綿

イヤークリーナーをしみこませてふき取るのに使用します。

猫の耳掃除用品:イヤークリーナー

イヤークリーナーはペットショップなどでも売られていますが、動物病院で処方してもらう事をおススメします。

また、イヤークリーナーの中には刺激が強いものもありますので、確認して購入しましょう。

ノルバサンオチック(キリカン洋行)ペット用イヤークリ―ナーで、動物病院やトリミングサロンなどでも使用されています。

オーツイヤークリーナー(ZENOAQ)オーツ麦から作られたイヤークリーナーです。

低刺激で耳にやさしいので、子猫の耳掃除にも安心して使用できます。

動物病院で取り扱われています。

ベッツケアイヤークリーナー(ビルバック)ペット用のイヤークリ―ナーです。

動物病院で取り扱われています。

猫の耳掃除の方法

猫の耳掃除を自宅で行う場合、綿棒の使用は怪我の危険があるため、カット綿とイヤークリーナーでケアすることをおススメします。

ネコの内耳は特殊な形状になっており、また粘膜が非常に柔らかいので、綿棒を使用することで内耳・鼓膜を傷つける可能性があります。どうしても内耳まで掃除しなければならないような場合は、獣医師に処置して頂くことをお勧めします。

猫の耳掃除①

猫が大きく動かないよう、猫の顔や身体に片手を添えて行いましょう。

 座らせたり、ハコ座りの状態でやるのがおすすめです。

ふき取りカット綿にイヤークリーナーをしみこませ、指に巻き付け、猫の耳を拭いてあげます。

この時、イヤークリーナーを含ませ過ぎると耳の中の湿度が上がり、細菌が繁殖してしまい外耳炎になる場合があります。

含ませ過ぎた時はカット綿を絞ってから使用します。

・耳の外側から徐々にマッサージするようにふき取っていきましょう。

 いきなり耳の中に指をつっこまれたら、人間だって嫌ですよね!

 最初に手で、猫の耳の付け根を軽くモミモミしてから触ると、警戒心が薄れるようです。

カット綿を指に巻き付けて、指が入る範囲だけきれいに拭き取ります。

内部のお掃除が必要な場合は、獣医師にお願いしましょう。

猫の耳掃除②

汚れが落ちるまでふき取りをくりかえります。

カット綿は汚れが付いたら新しいものに変えましょう。

汚れたまま拭き続けると耳垢の中に細菌がいた場合、広げてしまう可能性があります。

また、右耳と左耳も同じカット綿で拭かないようにして下さい。

片方の耳の細菌などがもう片方に移ってしまう場合があります。

猫の耳掃除、覚えておきたいポイント!

猫の耳掃除の注意点①

・猫の耳は敏感です。ゴシゴシとやってはいけません!

 お肌をお手入れするときのコットンは刺激も少ないので、敏感な猫の耳にも安心です。

ガーゼやティッシュで耳掃除をすると、猫の耳の中を傷付けてしまう場合があるので、カット綿がおススメです。

猫の耳掃除の注意点②

・一度、猫が不安や恐怖を感じるような耳掃除の仕方をすると、なかなかおとなしくお手入れをさせてくれなくなります。できるだけやさしく、丁寧にやってあげてください。

子猫のうちからはじめましょう大人になった猫にいきなり耳掃除をすると驚いてしまう場合もあります。

子猫のうちから耳掃除をしておくと大人になっても嫌がることはありません。

猫の耳掃除の注意点③

終わったらほめましょう!耳掃除が終わったら、猫をほめてあげましょう。少量のおやつなどをあげると、何度も繰り返すうちに耳掃除をいやがらなくなります。

猫の耳掃除の注意点④

耳あかがひどく、毎日のように掃除してもキレイにならない場合は、「耳ダニ」が発生していたり、「外耳炎」・「内耳炎」を起こしている可能性がありますので、早めに獣医師の診断を受けてください

猫の耳掃除まとめ

猫の耳掃除はそんなに難しくはありません。

日常のケアであれば月に1~2回の耳掃除でよいと思います。

猫ちゃんはストレスを受けやすい動物なので、嫌がっている時に無理に耳掃除をすることはおススメしません。飼い主さんとの関係が悪くなる場合があります。

自宅でできない場合は動物病院で耳掃除をしてもらいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする