対処次第で将来の肌が変わる!?そんな思春期ニキビの治し方

思春期ニキビはそのままに思春期にできるものです。しかし、その年代で思春期ニキビへの正しい治し方を知っている子も少ないようで、間違った治し方で将来の肌を大きく傷つける結果になりやすいのです。そこで、ここではそんな思春期ニキビの治し方について紹介します。

思春期ニキビの原因

ここではまず、治し方以前に思春期ニキビができる原因について紹介します。

原因がわかればおのずと治し方も見えてきますよ。

洗顔による肌刺激

皮脂を根こそぎ落とそうと思うばかりに、洗顔料の上から同じ場所をゴシゴシこすったり、必要以上の洗顔によって肌を傷つけてしまうとニキビを誘発します。

過剰な皮脂は誰もが気になるものですが、本来皮脂は肌の保湿機能や肌を外から受ける刺激から守るためのバリア機能をしています。

思春期ニキビはそんな過度な洗顔によってもできますし、若いからと肌ケアを怠っていることでもできるものです。逆に、正しい洗顔を行えればそれだけでも治し方として効果を発揮しますよ。

紫外線の浴びすぎ

■紫外線を浴びることによってニキビを作り出す毒素が発生する

■紫外線を浴びることで、肌の表面にある角質が厚く、硬くなる

毎日の通学で紫外線を長く浴びる方や外で部活動をしている方は、特に注意して日焼け対策をする必要があります。

だからこそ、部活動をしている生徒の方が思春期ニキビが多いのでしょう。しかし、思春期の彼らに紫外線対策を完璧に行うのは難しいことですから、思春期ニキビを完全に取り除くこと自体が無理な話なのです。

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

先ほどは、思春期ニキビの原因について紹介しました。

そこで、すでに治し方についてもわかりましたね。

ちなみに、思春期ニキビがあるということは大人ニキビがあるのでしょうか?

ここではそんな、思春期ニキビと大人ニキビの違いについて紹介します。

大人ニキビとは?

大人ニキビとは、思春期を過ぎて大人になってからできるニキビです。この大人ニキビの原因は、一つに絞れないのが特徴です。不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、スキンケア、化粧品、ホルモンの関係などさまざまな要因が考えられるのです。また、一人ひとり、原因も異なります。

思春期ニキビとは全く違った原因でできるニキビですから、その治し方も当然違ったものになります。つまり、思春期ニキビと同じ治し方で大人ニキビを治そうとしてもなかなかうまくは行かないようです。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違いは、原因の他にも、できる場所にも見出すことができます。 思春期のニキビは、皮脂の分泌が主な原因であることから、できる位置も、皮脂分泌の多い額や鼻などのTゾーンから頬までと広範囲に渡るのが特徴です。

一方、大人ニキビはUゾーンといわれる顎やフェイスライン、そして首筋にかけてできる傾向にあるといわれています。

そして、すでに紹介していますが、思春期ニキビと大人ニキビでは根本的な原因が違うのですから当然のように治し方も違います。違った治し方を試していても一向に改善しませんよ。

思春期ニキビの治し方

ここまでで、思春期ニキビの原因について紹介してきました。

そこでもすでに、ある程度治し方について考えることができました。

そこで、ここではそんな思春期ニキビの治し方について紹介します。

決して難しい治し方ではないので是非試してみてください。

治し方のほとんどは正しい洗顔

思春期ニキビの治し方で、まず初めに意識したいのが「正しい洗顔を行う事」です。

肌の皮脂が気になるからといって肌をゴシゴシこすっても、ただ肌の刺激になりニキビを誘発してしまいます。できるだけ肌に摩擦を起こさないよう優しい力で行いましょう。

すでに紹介していましたが、やはり思春期ニキビの治し方としては第一に正しい洗顔が必要なのです。逆に、正しい洗顔ができれいればおおよその治し方はそれで終わりとも言えます。

ニキビケア用化粧品でスキンケアを行う

思春期ニキビには、炎症や過剰な皮脂を抑制する事のできるニキビケア用化粧品でのスキンケアも効果的です。

また、使用する際は各メーカーの使用量や使用方法を必ず確認してスキンケアを行いましょう。

治し方として洗顔でほとんどが終わっていると紹介しました。おおよそそれで正解なのですが、せっかくなら治し方としてもう一歩進みたいものですから、そんな時は思春期ニキビ用の化粧品がオススメです。

思春期ニキビを乗り越えた後に訪れる大人ニキビへの対処について紹介されているので、参考にしてください。

治し方の前に!思春期ニキビは予防

先ほどは、思春期ニキビの治し方について紹介しました。

しかし、できることなら治し方以前に予防をしたいものです。

そこで、ここではそんな思春期ニキビの予防について紹介します。

食事のポイントは「タンパク質」「ビタミン」

肌のターンオーバーを促進する栄養は、特に「タンパク質」が重要です。タンパク質は、皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器、その他身体のあらゆる部分を構成している成分です。

また、ビタミン類(ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE)やミネラルを多く摂取しましょう。

これらの食材は、思春期ニキビの予防だけでなく治し方としても有効な考えですから、是非取り入れてみてください。治し方で治して予防でこれ以上作らないというのが理想です。

規則正しい時間の睡眠を

肌の修復や再生は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって行われています。特に、肌のゴールデンタイムと言われている22時~2時に眠っていることが大切です。

むずかしい場合は規則正しく就寝するようにして生活リズムを整えるだけでも十分、成長ホルモンの分泌が期待できます。

就寝時間をコントロールできるかは時間の使い方にかかっています。思春期ニキビの予防にも治し方にもこの就寝は重要ですから、ぜひ効率の良い眠りで肌ケアをしましょう。

思春期ニキビによく見られる眉間のニキビ対策について紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

思春期にニキビができるのは仕方がないものです。

しかし、治し方をおろそかにして肌を痛める必要はありません。

思春期ニキビには正しい治し方で将来の肌を守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする