寒い時期になりやすいふくらはぎの肉離れ。サポーターが効果的!

肉離れはふくらはぎに起きる事がとても多く、症状も重くなりやすく、再発もしやすいです。ふくらはぎの肉離れの治療・予防にはサポーターが効果的です。今回はふくらはぎの肉離れの症状や原因とともに正しいサポーターの使い方、またサポーターの選び方をお伝えさせて頂きます。

ふくらはぎの肉離れの症状について

ふくらはぎに痛みを感じた経験のある方はとても多い事と思います。

よくあるこむら返りや足がつってしまうという症状でもそれを繰り返す事によって、そこの部分では軽い肉離れを知らず知らずのうちに起こしているかもしれません。

ふくらはぎの肉離れはスポーツをしている方だけでなく、また運動不足の方だけでもなく、普段の何気ない日常生活の中で起きる事もあり、気温の変化で体が冷えている事でも起こりやすくなります。

一般的に肉離れとは筋肉の収縮が急に行われた際に筋肉の一部や全部が切れてしまう事をいいます。

筋肉は筋繊維の集合体で、そのほんの一部の筋繊維が切れる事も肉離れといえます。

ふくらはぎの肉離れは大きく分けて3段階、軽度・中度・重度に分ける事が出来ます。

普段は平気でも、いつもよりちょっと歩いた時や、軽い運動をした時にふくらはぎが痛むという方はもしかしたら軽度の肉離れを起こしている可能性もありますので、要注意です。

軽度・中度・重度、それぞれの症状についてお話させて頂きたいと思います。

軽度のふくらはぎの肉離れ

痛みの症状は軽く、部分的な断裂が起きている状態です。

軽度の肉離れの場合は痛みはありますが、自力で歩行する事が可能です。

治療に関しましても、特別な治療法をせずに安静を心掛ける事で数日から数週間で回復する事も出来ます。

中度のふくらはぎの肉離れ

中度の肉離れの場合は、筋繊維の一部断裂、筋膜の損傷、皮下内出血が起きている状態です。

痛みの症状も強く、自力で歩行する事は困難になってきます。

我慢をすると重度になる可能性もありますので、必ず病院で治療を受けましょう。

重度のふくらはぎの肉離れ

重度の肉離れの場合、筋繊維に深い部分断裂が起き、痛みのある部分を圧迫して確認をすると、その部分に陥没が見られる事が特徴です。

また痛みの症状も激しい痛みが起き、自力で歩く事はほぼ不可能になってしまいます。

重度の肉離れは軽度・中度と比べても治療期間も倍以上になります。

必ず病院での治療が必要になりますので、タクシー等を呼んですぐに病院に行きましょう。

肉離れにはサポーターが効果的です!

ふくらはぎが肉離れを起こしてしまった後は、固定をする為にギプスやテーピングをする場合がほとんどです。

これは断裂してしまった筋繊維を保護する目的でとても大事な処置ではありますが、治癒するまで長期間する必要があります。

特にふくらはぎの肉離れの場合は日常生活の中でよく動かす場所の為、患部を安静にする事がなかなか難しく、治療期間も長くなってしまう事も多いそうです。

テーピングを巻くのは案外難しく、自分でやると上手く貼れなかったり、すぐにずれてしまったりはがれてしまったりします。

サポーターはテーピングよりも装着もとても簡単で、かつしっかりと固定が出来る優れ物です。

様々なタイプの物があるので少しご紹介させて頂きたいと思います。

治療だけでなく、筋肉の負担を抑え、肉離れの再発防止にもなりますので、医師とよくご相談の上、ご使用なさってください。

口コミの評価の高いサポーター

バンテリンコーワコンディショニングサポーター

「テーピング理論」に基づいた構造設計

ふくらはぎアシストは、ふくらはぎの主要な筋肉である腓腹筋(ひふくきん)の働きに着目し、

「テーピング理論」に基づいた構造設計を行いました。 締め付けるだけではなく、引き締まる感じを実感できるバンテリンサポーター。

腓腹筋をサポートするX字型テーピング構造

X字型テーピング構造が、腓腹筋の働きをサポートし、

脚の動きがスムーズになります。

脚の運びをスムーズにすることに加え、

腓腹筋のブレを抑制することで、疲れにくくなります。

健康ライフを長く楽しむために

あなたをしっかりサポートする

バンテリンサポーター ぜひお試しください!!!

バンテリンコーワサポーター ふくらはぎアシストとても簡単に装着する事が出来、ふくらはぎの肉離れを起こした方も、再発防止でご使用の方も口コミ評価がとても高いサポーターです。

普段立ち仕事で足がむくんで辛いという方にもお勧めのサポーターです。

またこの商品は2枚入っているという点もとても嬉しいですね。

サイズが2種類ありますので、ご自分に合ったサイズを選びましょう。

しっかりと固定できる性能のいいふくらはぎのサポーター

ザムスト(ZAMST)CS-1

【特長】

●伸縮性の高い素材を使用したクロスストラップにより、圧迫をかけながらの装着が可能。

また2ヶ所の面ファスナーで固定するため圧迫力や装着位置の調節が簡単に行えます。

●スチレン系エラストマーとフレンチパイル、ジャージ素材といった薄くて伸縮性に優れた

素材を使用した3層構造によって、適度な圧迫力と快適な装着感を実現しました。

●あらゆる方向に伸縮する3Dストレッチ構造を採用。太ももやふくらはぎのラインにジャスト

フィットするため、保温性にも優れ、患部を効果的にサポートします。

ザムストとは?

医療から生まれた「ザムスト」「ザムスト-ZAMST」は、医療メーカーとして整形外科向け製品を40年にわたり開発・製造する日本シグマックス株式会社が1993年に設立した、スポーツ向けサポート・ケア製品のブランドです。

スポーツドクター、トレーナーなどケガ・障害に関する専門家からの知識・助言を設計に反映するとともに、各種競技者の生の声を取り入れ、ケガの予防・再発予防およびパフォーマンスを最大限発揮する手助けとなる製品・サービスの提供を信条としてまいりました。その品質・機能性は、トップアスリートをはじめスポーツ愛好家の皆さんから、多くの支持をいただいています。

医療メーカーから生まれた有名メーカーであり、こちらのサポーターも大変お勧めです。

しっかりとふくらはぎを固定する事が出来ますが、装着も決して難しくありません。

肉離れの症状のひどい方、しっかりとふくらはぎを固定したい方はお試しください。

こちらのサポーターも2種類のサイズがありますので、ご自分に合ったサイズを選びましょう。

ふくらはぎの肉離れの患部のみに働きかける!サポーター

GT cobra(コブラ)

「GT cobra」は、ふくらはぎの肉離れの方をサポートするために開発されたサポーターです。

開発コンセプトは、運動制限を極力抑え、ピンポイントでの圧迫固定。

軽度な肉離れは局所的に起こる事が多いのに対し、これまでのふくらはぎのサポーターは下腿を広く、全体的に覆うタイプのサポーターが多く、過度の運動制限が掛かっていました。

素材もしっかりしていて、装着も難しくなく、ふくらはぎの肉離れの部分を局所的にしっかりと固定する事が出来るサポーターです。

ふくらはぎの肉離れに対するサポーターの選び方

いくつかのふくらはぎの肉離れに対するサポーターをご紹介させて頂きましたが、インターネットで調べると本当にたくさんのタイプのサポーターが出てきます。

どんなサポーターを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

自己判断で購入する事はお勧め出来ません。

きちんと症状に合ったサポーターをお使いにならないと効果がないばかりか悪化の原因になる可能性もあります。

まずは医師に相談して、自分に合うサポーターはどういうタイプのものなのか、また病院や調剤薬局でお勧めしているサポーターもあり、注文してもらう事も可能ですので、まずは聞いてみましょう。

辛いふくらはぎの肉離れ。

治癒するまでの間、ほんの少しでも快適に過ごしたいものですよね。

冒頭でもお話させて頂きましたが、ふくらはぎはなかなか安静には出来ない身体の部分ですので、本当に長い治療期間が掛かってしまいます。

テーピングよりもしっかりと固定が出来るサポーターを使用して、治療はもちろんの事、再発防止にも心掛けましょう。

またサポーターには保温効果も期待出来ますので、これからますます寒くなる季節、筋肉を冷やさずに保護する事が出来ます。

いい事尽くしのサポーター、医師にご相談の上是非ご活用されてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする