大人のてんかんの症状について!大人でもてんかんになる?症状は?

皆さんは、てんかんの症状が出やすいのは、子供だけだと思っていませんか?実は、大人もてんかんの症状が出ることがあるようです。今回は、大人のてんかんの症状について、大人になってからてんかんの症状が出る原因、治療法等を調べてまとめてみました!

① 大人のてんかんの症状を知る前に、「てんかん」とは?

私たちの脳の中では、神経細胞が電気信号でお互いに連絡しあい、常に調和の取れた活動をしています。しかし、何らかの拍子で、その電気信号の調和が乱れてしまうと、意識を失ってしまったり、体を大きくガクンガクンさせるような痙攣が起きたり、急に動きが止まったりといった症状が出現します。このような発作を繰り返し起こすことを「てんかん」といいます。

脳の中で、神経細胞が電気信号でお互いに連絡し合って、常に調和の取れた活動をしているのが正常な状態ですが、何らかの拍子で、その電気信号の調和が乱れてしまうと、意識を失ってしまったり、体を大きくガクンガクンさせるような痙攣が起きたり、急に動きが止まったりといった症状が出てくる「てんかん」という病気になるようです。

② 大人でもてんかんになる?どんな症状が出る?

<大人もてんかんになるの?>

てんかん(癲癇)は基本的に一生付き合っていく病気で完治は基本的にありません。

小さいころにてんかんが発祥して大人になったから治る、ということもないですし

大人になってからてんかんになることもあります。

てんかんは謎の多い病気です、昔は原因がわからず「精神病だ」なんて言われていた時期もありました(もちろん間違いです)

なので子供の頃にてんかんじゃなかったからと言って一生てんかんにならないわけじゃありません。

子供だけでなく、大人もてんかんになる可能性があるようです。子供の頃にてんかんの症状が出て、大人になったから治るということはなく、大人になってからてんかんの症状が出ることもあるようです。

子供の頃にてんかんの症状が出なくても、大人になってもてんかんの症状が出る可能性があるため、一生てんかんにならないということではないようです。

てんかん発作には細かく分けるといくつかの分類がなされます。大きく分けると「全般発作」と「部分発作」に分類されます。

全般発作には「強直間代発作」「欠神発作」「ミオクローヌス発作」「点頭発作」、部分発作は「単純部分発作」「複雑部分発作」「二次性全般発作」にさらに分類されます。

大人のてんかんの症状は、「全般発作」と「部分発作」に分類され、このように、さらに細かく分類されるようです。

<てんかんの症状は子供よりも大人の方が重い?>

結論から言いますと、そんなことはありませんがてんかんは車の運転が制限されたり大人になると仕事で車の運転が必須だったりするので

そういった意味では大人のてんかんの方が厳しいものがあるかもしれませんね

もちろん車も主治医の許可を得て、ちゃんと申告していれば運転は可能です

てんかんの症状は大人のほうが重いかというと、そういうことでもないようですが、車の運転が制限されたり、大人になると仕事で車の運転が必須だったりするため、大人のてんかんの症状のほうが厳しく感じてしまうようです。

③ 大人になってからてんかんの症状が出る原因は?

「てんかん」になる原因は様々です。

先天性や、外傷、中毒、感染などによって起こるものを「症候性てんかん」と呼び、原因不明な「てんかん」を「突発性てんかん」と呼びます。

「てんかん」は年齢幅広く発症すると言われていて、生後2歳までの間や10代に多く発症するとされています。

大人になってからてんかんの症状が出る原因は様々で、先天性や、外傷、中毒、感染などが原因のてんかんを「症候性てんかん」と呼び、原因不明な「てんかん」を「突発性(特発性)てんかん」と呼んでいるそうです。

「特発性てんかん」は、てんかんの症状が現れているにも関わらず、いかなる検査をおこなっても異常がみつからない原因不明のてんかんです。

若い世代には「特発性てんかん」が多く、30歳を過ぎると「症候性てんかん」が増加します。

「特発性てんかん」は、てんかんの症状が出ているのに原因がわからないというてんかん

を指すようです。

大人でも若いと「特発性てんかん」が多く、30歳を過ぎた大人は「症候性てんかん」が多いそうです。

④ 大人になってからてんかんの症状が出たときの治療法は「抗てんかん薬の服用」

治療の基本は「抗てんかん薬」の服用です。約7割の患者は発作をコントロールできます。

小児の場合は、大人になると発作が出なくなることがありますが、大人の場合は原則として生涯にわたって服用します。

高齢者の場合は、少量の薬でも十分な効果が現れます。

大人になってからてんかんの症状が出たら、抗てんかん薬を服用すると良いそうです。抗てんかん薬を飲むことで、てんかんの症状をコントロールできるようです。

子供の場合は、大人になると発作が出なくなることがあるようですが、大人の場合は、原則食害にわたって服用する必要があるようです。高齢者の場合、少し飲んだだけで十分な効果が出るようです。

てんかんの治療は内服治療が中心で、基本的には一種類の内服薬で治療します。なかには、一種類の内服薬ではうまくコントロールできない場合もあるので、たくさんの種類を飲まなければならない場合もあります。

ほとんどの患者さんは、この薬物治療でコントロールできますが、複数の内服薬を使用してもコントロールができない場合もあり、その場合は手術による治療を行います。手術治療では脳の一部を切除し、電気信号の興奮を抑えます。これによって調和のとれた脳の活動に戻れば、発作をコントロールすることができます。

大人のてんかんの治療は内服治療が中心で、基本的には一種類の内服薬で治療するようです。ただし、一種類の内服薬で治療できない場合は、たくさん飲まなければいけないようです。

それでもてんかんの症状が出る場合、手術が必要になるようです。

内服薬は副作用が有ります。治療が始まった初期段階では、眠気が強く出たり、体のふらつきが出たりします。

このような事から、薬の内服量を調整しながらの経過になります。

発作が数年収まったりした場合は、内服量を減らしたりも出来る場合が有るので、主治医ときちんと話し合いながら治療をする事がベストです。

大人のてんかんの症状の治療法として、内服薬を飲むと思いますが、副作用が出ることがあるようです。治療が始まった初期の段階では、眠気が強く出たり、体のふらつきが出たりするようです。そのため、薬の量を調節しつつ、治療していきましょう!

⑤ 最後にまとめ!大人のてんかんは症状が重いので要注意!

大人も、てんかんになる可能性があるということがわかりました!

また、大人のてんかんは、車を運転したりしなくてはいけないので、症状が厳しいようです!

大人になってからてんかんの症状が出たときの治療法は、抗てんかん薬を服用することだそうです。ただし、副作用が出やすいので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする