喉が渇くのは病気?喉が渇く病気とは何があるのか?対処法は?

皆さんは、喉が渇く病気はどんな病気があるのか、ご存知ですか?汗をかいてもいないのに喉が渇く、水分をとっても喉が渇く場合は、病気の可能性があるようです。今回は、喉が渇く病気について、喉が渇くのは病気か?喉が渇く病気とは?対処法は?という疑問を解決していきます!

① 喉が渇くのは病気?

喉が渇くのは病気でしょうか?

夜寝ている間にも多くの水分が失われていきますので、朝喉が渇くことも病気ではありません。

年齢とともに喉の渇きを感じる方も多いと思います。唾液を出す管が細くなり唾液の量が減ることと、体全体の水分量が減少することが原因と考えられます。

ストレスや緊張などにより自律神経のバランスが崩れることで、唾液の分泌量が減り、喉が渇いたように感じることもあります。

女性の場合は月経前や月経時に喉の渇きを感じる方も多いと思います。この時期は黄体ホルモンの分泌が増えることで自律神経のバランスが崩れ易くなっていますので喉の渇きを感じることがあります。

朝起きたときに喉が渇くのは病気ではないようです。年を重ねることで、喉が渇くこともあり、極度の緊張等でも喉が渇くようです。

特に思い当たることもなく、汗をたくさんかいているわけでもないのにやたらと喉が乾く場合は何かしらの病気である可能性も考えられます。

もしも病気である場合は、早期に発見できるキッカケになることもあります。自分は関係ないと思わずに病気の可能性を疑いましょう。

ただし、思い当たることがないのに喉が渇く場合、病気の可能性があります。

病気の場合、早期発見につながるようです。早めに病院に行って診断してもらいましょう!

② 喉が渇く病気(1)「糖尿病」

喉が渇く病気とはどんな病気なのか、見ていきましょう。

1つ目は「糖尿病」です!

喉が渇くことが多い場合、まず最初に疑うべき病気です。

糖尿病になると腎臓が血液中のブドウ糖を排出しようと働くために水分とともに尿として排泄してしまいます。尿量が増えると胎内の水分量が減り喉が渇きます。

糖尿病は、腎臓が血液中のブドウ糖を排出しようと働くため、水分とともに尿として排泄して、尿量が増えることで、脱水状態になり喉が乾くという病気のようです。

糖尿病により血糖が高くなると、のどが渇いてトイレが近くなるので、病院で血糖を測定してください。糖尿病の患者さんは、のどが渇くからとジュースや清涼飲料水を飲むと、さらに血糖が高くなるおそれがあり、危険です。なるべく水かお茶のような飲み物にしてください。

糖尿病という病気によって、喉が渇く、トイレが近くなるという症状が出るので、病院で血糖を測定しましょう!糖尿病の病気にかかっている人は、喉が渇くからと、ュースや清涼飲料水を飲むと、さらに血糖が高くなる恐れがあり、危険なので、水かお茶のような飲み物を飲むようにしましょう!

糖尿病の場合、血糖が高くなっても、のどが渇いてトイレが近くなります。 意識して水分を摂っているはずでも、脱水症状になるんです。その原因は細胞の浸透圧といわれてます。 のどが渇くからといって、ジュースや清涼飲料水ばかり飲んでいると、 さらに血糖が高くなるおそれがあります。糖尿病の人が、渇きを抑えるには、 血糖値を正常にコントロールすることが重要です。

糖尿病という病気の場合、血糖が高くなっても、喉が渇く、トイレが近くなるという症状が出るようです。細胞の浸透圧が原因のようです。糖尿病の病気にかかっている人が、喉が渇く症状を抑えるには、血糖値を正常にコントロールすることが重要のようです。

③ 喉が渇く病気(2)「自律神経失調症や更年期障害」

喉が渇く病気2つ目は「自律神経失調症や更年期障害」です!

更年期障害は女性に多いそうです。

原因としては心理・社会的ストレスが関連していたり、特によく分からないこともありますので、心療内科を受診される方も多くいらっしゃいます。

治療には主に心理療法、行動療法、薬物療法などがあります。

自律神経失調症という病気で喉が渇く場合、心理・社会的ストレスが原因として考えられているようですが、はっきりとした原因がわかっていないので、心療内科を受診される人も多いようです。心理療法、行動療法、薬物療法などで、自律神経失調症という病気で喉が渇くのを治療できるようです。

更年期障害の場合による喉の渇きは、主にほてりや動悸、めまいなどを伴っている場合が多くあります。原因は明らかにされていませんが、喉の渇きは更年期障害において、一般的な症状の一つです。この場合、ホルモンを使った治療で治すことができると言われています。

更年期障害によって喉が渇く場合、ほてりや動悸、めまいなどを伴っている場合が多いようです。原因は明らかではないようですが、更年期障害において、喉が渇くという症状は、一般的な症状の1つとされているようです。ホルモンを使った治療で治せるようです。

更年期障害の症状でも生活に支障が出ない程度のものであれば、経過とともに治まってくるため、特に治療の必要はないようです。

ただし、症状が重くて生活にも支障が出るようでしたら、その症状の原因を自律神経系か心因性かを探り、それぞれの原因に対して治療が行われます。

自律神経系の場合はホルモン補充療法などがおこなわれ、心因性の場合は抗精神薬やカウンセリングなどが行われます。

更年期障害という病気で、喉が渇くという症状でも生活に支障が出ない程度のものなら、経過とともに治まってくるため、特に治療の必要はないようです。ただし、喉が渇くという症状が重くて、生活にも支障が出る場合、原因を探って、治療を行う必要があるようです。

④ 喉が渇く病気(3)「シェーグレン症候群」

喉が渇く病気3つ目は「シェーグレン症候群」です!

シェーグレン症候群とは、膠原病の一種のことを言います。唾液腺などが炎症を起こすことにより、唾液の分泌が極端に少なくなるために、食べ物が飲み込みにくくなります。

原因は、ホルモンの異常などと考えられていますが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。

シェーグレン症候群とは、膠原病の一種の病気で、唾液腺などが炎症を起こすことにより、唾液の分泌が極端に少なくなるため、食べ物が飲み込みにくくなるという副作用が出るようです。この病気も、はっきりとした原因は判明していません。

根治治療はまだありません。

そのため、唾液の分泌を高める薬や、不足した涙や唾液を補う人工涙液・人工唾液を用いて対症療法が行われます。

日常生活ではこまめに歯磨きをしたり、食べ物を良く噛んだりして気をつけます。

シェーグレン症候群という病気を根本的に治療する方法はないため、唾液の分泌を高める薬や、不足した涙や唾液を補う人工涙液・人工唾液を用いて対症療法が行われるそうです。日常生活ではこまめに歯磨きをしたり、食べ物を良く噛んだりしましょう!

⑤ 最後にまとめ!喉が渇く病気について!

喉が渇く病気についてまとめると

(喉が渇くのは病気?)

朝起きたときに喉が渇くのは病気ではない

年を重ねることで、喉が渇くこともあり、極度の緊張等でも喉が渇く

ただし、思い当たることがないのに喉が渇く場合、病気の可能性がある

(喉が渇く病気)

糖尿病

自律神経失調症や更年期障害

シェーグレン症候群

これらが、喉が渇く病気のようですが、腎臓疾患の可能性もあるので、医療機関で診断・治療するようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする