ドライマンゴーの栄養ってすごいんです!!女子のおやつに最適!

マンゴーって旬があるし、意外と高いし、なかなか手が出ないけど、ドライマンゴーっていつでも食べるからうれしいね♪ドライマンゴーの栄養って女子にはすごく良いんだって・・・どんな栄養があるんでしょうか?ドライマンゴーの栄養の秘密に迫る!女子必見♪

ドライマンゴーの栄養が女子の鉄板スィーツ

マンゴーは生マンゴーとドライマンゴーの栄養素を比較してみると、ドライマンゴーの方が栄養価が倍になっていました!ドライマンゴーは、とても栄養価の高いドライフルーツです♪

女の子が大好きな甘いもの!3時のおやつ。食後のおやつ。欠かせませんよね?

糖分は脳の栄養でもあるので、仕事の効率が落ちてくるお昼過ぎから徐々に甘いものが欲しくなってきてしまいます。そして、そういう時に限って、低カロリーおやつより高カロリーなこってり甘いお菓子が欲しくなるのです・・・。

生マンゴーの栄養は?

マンゴーにはビタミンA、βカロテン、ビタミンC 、葉酸が豊富に含まれている果実です

マンゴーはビタミンCの栄養をを多く含み、一個で一日の所要量の半分近くが摂取できます。ビタミンCの栄養素はコラーゲンの生成を促し、皮膚や血管を丈夫にし、美しい肌を保ちます

またビタミンAの栄養素には、粘膜の再生効果もあり、肌のトラブルケアにも効果を発揮してくれます。つまり、肌荒れに効果があります

体内で必要な分だけビタミンAに変わるβカロチンや、ビタミンCといった抗酸化成分の栄養素が豊富

さらにビタミンEの栄養素も含まれているので、相乗効果を発揮するビタミンA、C、Eの栄養素が一気に摂れるマンゴーは、まさに理想的なエイジングケア食

マンゴーに多く含まれるビタミンAの栄養素には活性酸素から身体を守る働きがあります

活性酸素はガンや動脈硬化をひきおこす作用があるとも言われているので、活性酸素から身を守ることが生活習慣病予防の大きなポイントになります

マンゴーは、血液をサラサラにするカリウムの栄養素も含んでいるので、脳梗塞・動脈硬化・心筋梗塞予防にもかなり効果が高いとされています

ドライマンゴーでは栄養はどうなる?

マンゴーと言えば、乾燥させたドライマンゴーも人気ですね。

最近はコンビニなどでも見かけるようになり、マンゴーをより身近な存在にしてくれています。

ドライマンゴーの栄養価は、生のマンゴーとほとんど変わりません。水分が減っている分、100グラムあたりの栄養はドライマンゴーのほうが濃縮されています。

手でつまんで手軽に食べられ、栄養も効率的に摂取できるドライマンゴーは、お口にも身体にも“おいしい存在”と言えるかもしれませんね。

マンゴーと言えば、乾燥させたドライマンゴーも人気ですね。

最近はコンビニなどでも見かけるようになり、マンゴーをより身近な存在にしてくれています。

ドライマンゴーの栄養価は、生のマンゴーとほとんど変わりません。水分が減っている分、100グラムあたりの栄養はドライマンゴーのほうが濃縮されています。

手でつまんで手軽に食べられ、栄養も効率的に摂取できるドライマンゴーは、お口にも身体にも“おいしい存在”と言えるかもしれませんね。

ヨーグルトなどに一晩ひたしておくと、乳酸菌やビタミンBといったヨーグルトの成分も同時に摂取できますよ。ぜひお試しください。

ヨーグルトなどに一晩ひたしておくと、乳酸菌やビタミンBの栄養素といったヨーグルトの成分も同時に摂取できますよ。ぜひお試しください。

ドライマンゴーは栄養豊富!ビタミンA(お肌の健康維持)、ビタミンC(美白や免疫力UP)、βカロチン(お肌の健康維持や抗酸化作用)、鉄分(貧血予防や免疫強化や集中力UPなど)、食物繊維(便秘)が豊富なのです。どれも女性に不足しがちな栄養素。

生マンゴの栄養とあまり代わりがないようですね!

ドライマンゴーは栄養豊富!ビタミンA(お肌の健康維持)、ビタミンC(美白や免疫力UP)、βカロチン(お肌の健康維持や抗酸化作用)、鉄分(貧血予防や免疫強化や集中力UPなど)、食物繊維(便秘)が豊富なのです。どれも女性に不足しがちな栄養素。

「美肌を目指し免疫も上げて集中力UPで仕事の効率も上昇」こんなに都合の良いスイーツがドライマンゴーなのです!

美容おやつ=ドライマンゴーと言ってしまいたい!

生理前と生理中のおやつをドライマンゴーに変えてみるって?

どうしても太りやすくなる生理前と生理中。この時期は便秘や貧血も起こりやすいですよね。生理前は精神的にも浮き沈みがちになりやすい上、食欲も増したりと溜め込みやすい体になってしまうので、甘いおやつが一番ほしくなる時期かもしれません。

そんな時こそドライマンゴーがオススメ!食物繊維の栄養成分が豊富なので便秘予防になりますよ。そして、生理中にはドライマンゴーの鉄分の栄養素で貧血気味になりやすい生理中も安心!

しっとり濃厚で甘酸っぱい食べる美容おやつドライマンゴー。女性に優しい優秀栄養素で美味しく美しさを増していっちゃいましょう!

女性は注目!マンゴーの驚きの美肌効果!

マンゴーには、かぼちゃと同じくらいのβ-カロテンの栄養が含まれています。

β-カロテンは体内で必要な分だけがビタミンAになり、このビタミンAの栄養素が皮膚や粘膜を保護してくれます。

また、ビタミンC、ビタミンEの栄養素とともに強力な抗酸化作用も持っており、エイジングケアなどの効果もあると考えられています。

葉酸の栄養素も豊富に! 貧血、くすみ肌を予防する効能も

マンゴーには葉酸も多く含まれています。

肌を若々しく保つ栄養素の葉酸は、「造血のビタミン」とも呼ばれています。

赤血球の生成を促す働きがあるため、貧血の改善にも効果大。血液の質を改善することで、くすみ肌や口内炎のお悩み解消にもつながります。

ちなみに、この葉酸を十分に働かせるためには、ビタミンB12の栄養を摂取することが大切です。

お肉や魚介類に多く含まれているので、併せて食べるようにしてみましょう。

マンゴーの効果をまとめてみました。

1 高血圧症の予防

ドライマンゴーにはバナナやリンゴと同じく、カリウムというミネラルが栄養素含まれています。そのため、塩分を摂取しすぎた場合、マンゴーを食べることにより、体内にとりいれた余分な塩分を排泄することができます。このようなことができますので、高血圧の予防、そして、ビタミンB6が作用し血液をサラサラにもできますので、その他生活習慣病を予防してくれます。

2 貧血の予防

意外かもしれませんが、葉酸(ビタミンB9)の栄養はドライマンゴーの中に含まれています。これは、造血ビタミンとも呼ばれていまして、新しく赤血球を作る効果があります。

そのため、貧血気味の方や、妊婦の方は、鉄分はもちろんのこと、血を作る上で必要になる葉酸の摂取が推奨されているのです。葉酸は主に緑黄色野菜に多いですが、それだけから摂取するとなると続けにくいかと思いますので、ドライマンゴーなどのフルーツから摂取するのもいいですね。

3 美肌効果

ここが一番の注目どころですね。ドライマンゴー100g/610μgのβ-カロテンの栄養をが含有されているのですが、ドライマンゴーのβ-カロテンは人間の身体にとりいれると必要な分だけビタミンAへと変換されます。

そして、皮膚粘膜を保護してくれたり、肌荒れを予防改善してくれます。それだけではなく、同時にビタミンCの栄養素も100g/20mgほど含まれているため、コラーゲンの生成を行い、シミ、しわの予防改善が期待できます。

その上、ドライマンゴーのビタミンC栄養は、ピーマンと同じく、熱や水に強く、様々な調理法を行うことができます。熱にも強いのでジャムなんかにしても良いかと思います。

4 免疫力の強化

ビタミンCとβ-カロテンの栄養素が含まれているので免疫力の強化に役立ちます。とくに風邪気味の方であれば治療を促すためにマンゴーを食べてみたり、これからの季節インフルエンザが気になりますので、予防としてドライマンゴーを食べるというのもよいですね。

5 若返りと老化防止

β-カロテンの栄養素が体内でビタミンAに合成されます。ほかに、抗酸化効果の強い、ビタミンC、Eの栄養も含まれています。ですので、老化を防止し若返りの食品としてもドライマンゴーはオススメできるのです。お肌を綺麗にし、若々しい身体をドライマンゴーで作ってみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする