どうしてこんなにおならが出るの?!よくでるおならの原因と対策!

おならって、毎日出ますよね。場所や時間を問わずよくでるおならに、困ってませんか?おならがでない様に、我慢したりとかしてませんか?でも、よくでるからと言って、おならを我慢する事はよくないですよね!よくでるおならの原因と対策について、まとめてみました。

おならについて

「おなら」は、生きていく中で、切っても切れないものですよね。

当たり前に、よくでる「おなら」ですが、そもそも「おなら」とは何なのでしょうか?

また、どの様にして「おなら」は作られているのでしょうか?

おならとは

屁(へ)は、肛門から排出される気体で、腸で発生されるガスも含める。おなら、ガス、中便ともいう。

おならが何なのかという事については、皆さんもご存知でしたよね。

なお、おならには「発酵型」と「腐敗型」の2種類あります。

臭いにおいのおならは「腐敗型」になります。

おならのメカニズム

小腸上部で消化吸収されなかった食物の残渣(カス)は、小腸の下部や大腸で腸内細菌の作用によって分解されるときに、ガス(腸内ガス)を発生させる。このガスのほとんどは腸管から吸収されるが、吸収しきれない物が肛門から排出される。

開腹手術を行った後は腸管蠕動運動が一時停止し、屁が出ないようになる。また手術後に屁が出る事が、腸機能の回復した証とされている。

ガスの発生する原因は、食べ物を摂取するときに口から入ってきた空気なのです。

腸に入ってきた食物からでるガスメタンや二酸化炭素、水素などと外から入ってきた空気が交わることで、「おなら」というガスに変わるのです。

腸で発生するガスの全てがおならになるわけではないのですね!

腸管から吸収されていたとは、驚きです。

また、食物を消化する際に発生するガス以外に、口から入ってくる空気も、おならになっていたのですね!

毎日よくでるおならの、一日の平均回数はどれくらい?

毎日毎日よくでるおならですが、一般的に一日の平均回数はどれくらいなのでしょうか?

平均的には大人は普通一日に合計0.5~1.5リットルの量の屁を5回から20回に亘って放出する。屁を放出することを放屁(ほうひ)という。

1日10~20回程度のおならは身体が健全な証拠です。

一日多くて20回もおならをするのが普通なのですね。

何回おならをしたか、数える事は皆さんあまりないと思いますが、意外に多かったですね!!

もし、おならがよくでると悩んでいた方で、20回程度であれば、異常によくでるわけではなく、普通という事になりますね!

おならがよくでる原因は??

1日平均10~20回と言っても、少ない人から多い人まで10回の差がありますよね。

おならがよくでる原因は一体何なのでしょうか??

おならがよくでる原因 その①「食事」

食べ物の種類によってはガスが溜まりやすくなってしまい、おならが出やすくなるような食品もあります。

一般的に、食物繊維の多い食材は腸で消化されることが多く、ガスを発生させやすいために、オナラが出やすくなります。

・食物繊維の多い食材・・・豆類・いも類・キャベツ・ねぎ・きゅうりetc

おならがよくでる原因の食物として、「芋類」はよく聞きますよね!

しかし、キャベツ等もおならがよくでる食物だったとは驚きです。

食物繊維の多い食物は、ガスを発生させやすい食べ物だったのですね!

おならがよくでる原因 その②「ストレス」

ストレスを抱え込みすぎると、自律神経のバランスが乱れて副交感神経が上手く働かなくなり胃腸の働きが低下します。

そのため食物が入ってきても消化が上手くできなくなり、ガスが溜まりやすい状態になるのです。

さらにおならが出やすい状態になっているにも関わらず、人前で我慢せざるを得ない環境がストレスになってしまい、さらにおならが出やすくなるといったループに陥ってしまいます。

ストレスが、よくでるおならの原因だったとは、驚きですね!

ストレスは、身体に色々な症状を引き起こす原因になっていますね。

おならがよくでる原因 その③「禁煙」

まさかと思いますが、禁煙し始めた人はおならがでやすくなってしまいます。

なぜかというと喫煙している時に比べて腸内環境が変化してしまうことが原因に挙げられます。一度タバコを吸っていた人が禁煙を始めると、腸内にプロテオバクテリアとバクテロイデスという細菌が増えます。

そうなることで、腸に入ってきた食材を分解しすぎてしまい腸の中にカスが残っている時間が長くなってしまうのです。腸に残った食べカスが腐敗してしまいガスを発生させてしまうためにオナラが出やすくなってしまうのです。

タバコをやめてから、おならがよくでる様になったという方は、「禁煙」が原因だったという事ですね。

おならがよくでる原因 その④「噛む回数が少ない」

食事をする際に噛む回数が少なく、早食いの人はおならがでやすくなります。

よく噛む人は唾液が多く分泌され、余分な空気を吸い込まずに飲み込むことができます。それに比べて噛む回数が少なく早食いの人は、余分な空気を体内に取り込んでしまう場合が多くガスの発生率を高めてしまいます。そのためにオナラがでる可能性も高くなるのです。

早食いの人は、おならがよくでるという話、よく聞きますよね。

その原因は、余分な空気を取り込んでしまう所為だったのですね。

おならがよくでる原因 その⑤「睡眠不足」

寝不足が続くとおならがでやすくなります。

睡眠をしないと、自律神経のバランスが乱れやすくなってしまいます。それにより腸が正常に働かなくなりますので、消化が正しくできずにガスが発生しやすくなり、おならがでやすい状態になります。

睡眠は私たちにとって、とても大切な事ですよね。

睡眠不足は、様々な不調の原因になるので、なるべくしっかり睡眠を取るようにしたいですね。

おならがよくでる原因 その⑥「口呼吸」

食事中に改善するべき点が見られない場合には、次のことを考えてみることが重要です。それは、「口呼吸」です。口呼吸をすることにより、人が必要な酸素以上のものを取り込んでしまう傾向にあります。

すると、体内に不要な空気が溜まることになり、それがオナラとして出てくるというものです。これが原因で止まらないという人もいます。

早食いでもなく、噛む回数が少ないわけでもない方は、「口呼吸」が原因なのかもしれないですね!

おならがよくでる原因 その⑥「病気の症状」

平均回数よりおならの回数がとても多かったりする場合や、においがきつい場合は、何らかの病気の可能性も考えられます。

過敏性大腸炎や、胃炎、腸炎、潰瘍等の胃腸の疾患をはじめ、すい臓や肝臓、胆のうに病気がある場合も考えられます。

不安な場合は、病院を受診しましょう。

おならがよくでる場合の対策

おならがよくでる原因は様々でしたね。

おならがよくでる事を気にして、我慢してしまうのは、体にとってよくありません。

おならを我慢すると、体臭として発散したり、呼吸として放出したりする為、体臭や口臭の原因になってしまう事もある様です。

そうならない為に、我慢するのではなく、おならの回数を減らしたい場合はどうしたらよいのでしょうか?

おながらよくでる場合の対策 その①「食生活を改善&よく噛む」

おならの回数を減らすのであれば、お腹がゴロゴロなるような消化に悪い食べ物や、空気を飲みこみやすい炭酸飲料も控えめにしましょう。

腸の消化を助けるために、食べ物をよく噛んで食べることも大切です。

おならがよくでる場合の対策 その②「食事をゆっくりとる」

おならの回数が多いということに悩んでいる場合、まずおこなうべき対策は「食事をゆっくりとる」ということです。

おならがよくでる場合の対策 その③「ストレスを解消する」

ストレスはおならのニオイを悪化させるだけでなく、おならの量も増やします。

そのため、ストレスはできるだけ解消するようにしましょう。

おならがよくでる場合の対策 その④「腸内環境を改善する」

慢性的なガス腹の解消に有効なのが、腸内環境の改善です。

おならがよく出るということは、肉類を多めに摂ってしまっていたり、悪玉菌が増殖してしまっていたりする可能性が高いです。それを解消するには、食事と生活習慣を改善して、腸内環境を整える必要があります。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂り、善玉菌を増やすのも有効です。

また、口呼吸が原因の場合は、口呼吸にならない様に気をつけましょう。

おならがよくでる原因と対策 まとめ

おならがよくでる原因と対策について、いかがでしたか?

よくでるおならに悩まされていた方は、一度自身の生活を見直してみて下さい。

ただ、おならは必ずでるものなので、上手く付き合っていかないといけないですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする