ダイエットはカロリーだけじゃない!食事の時間が一番大事!

ダイエットというと誰もがカロリーを気にすると思います!しかしダイエットで一番大事なことは、食事の時間なんです!食事時間を意識することで健康的に痩せることができ美肌も効果も!一日3食の食事を起床から12時間以内に済ませることで食事時間ダイエットができるのです!

食事時間でダイエット…!?

ダイエットのためには高カロリーの食事を控えて、甘いものもガマン…‼

そう考えるだけで、ダイエットを続けるのって難しそう…‼

なんて諦めそうになっちゃいますよね~!

でも、もし食べる時間を工夫するだけで痩せてしかも美肌になれるとしたら…?

今回は、そんなラクラク時間ダイエット‼  「食事時間」についてまとめてみたいと

思います…‼

カロリーばかり気にしてませんか?

ダイエットに励んでるそこの彼女…‼

いつもカロリーばかり気にして、食事をする時間をおろそかにしてませんか…?

実は痩せるためには、カロリーより食事時間のほうが大切なんです…‼

カロリーを意識しすぎては

ストレスが貯まりやすい上に

食事がワンパターンになってしまう危険性もあります。

食事時間を意識して健康的に痩せましょう*

食事時間を気にするメリット

食事時間を守ったほうが、健康には良さそうなイメージですが

なぜダイエットに良いのでしょうか…?

脳に食事のタイミングを覚えさせることで

食事時間以外の

無駄食いを防ぐことにつながるからなんです!

ダイエット中ならなおさら栄養が不足する傾向にありますが、食事時間を守っていれば、食事以外での間食や無駄食いも減るため、カロリーオーバーを防ぐことができます。

痩せたいならまず、食事時間を脳にたたきこみましょう…‼!

ではどのタイミングで、食事をとるようにすれば

効果的なのかを学びましょう…‼

食事時間で痩せる!時間ダイエット3つのヒミツ

食べた時間帯によって、食べた物の栄養が体内でどんな影響を及ぼすのかは大きく変わる、

と言われているのです…‼

そのため食事時間を工夫することで、ダイエットに役立てることができるのですよ…‼

1つめのヒミツ「起床2時間以内」に朝食

身体のリズムを司っている体内時計は「25時間周期」。

そのため、毎朝リセットする必要があります。 リセットするカギになるのが「朝日」と「朝食」。

目が覚めたらまずカーテンを開け、数秒間朝日を浴びましょう。 そして2時間以内に朝食をとると、体が目覚めて活動を始め、代謝しやすい状態になるのです。

2つめのヒミツ「起床5~6時間」は代謝UP

起床から5~6時間は、代謝が最も良くなる時間帯。

脂肪を作る「BMAL1」というタンパク質の活動が鈍くなるため、食べた物が脂肪として蓄積されにくい時間帯なのです。

ですから、ランチやおやつの時間(12時~15時)には、パンやスイーツを食べてもOK♪ もちろん量はほどほどに。

できたらおやつは食べないほうが良いとされますが、暴飲暴食を避けるために

適度なおやつは大切なのですよ…‼

15時なら脂肪に最もなりにくいとされる時間帯なので、おやつを食べても平気だとか…?

100キロカロリーを目安に太りにくいおやつを食べましょう♪

3つめのヒミツ「起床12時間以内」に夕食

夕方以降は、体は活発に活動する状態から、休息する状態へとゆるやかにシフトしていきます。

休息モードに入ると、体は食べた物をできるだけ蓄えようとします。

完全に休息モードになる前、起床から12時間以内にその日の食事をすべて終わらせるようにしましょう。

朝食はまったく食べないでいると体がしっかり目を覚まさず、活動モードにうまく移行でlきないのです…‼

活動モードに切り替わらないと代謝も上がらず、その日1日を太りやすい体で過ごすことに…‼

適切な時間に食事をすることで、しっかり体を活動させて消費させる、これがこのダイエットのコツです。

そして、もう一つ大事なのはしっかり眠ることなんです…‼

十分な睡眠は、成長ホルモンの正常な分泌や代謝アップを促し、ダイエットにも美肌にも良い影響を与えてくれるのですよ…‼

ダイエットに良い1日の食事回数は?

やはり基本は、規則正しく1日に3回の食事が正しいと言えます。そして先ほどご紹介した時計遺伝子に基づいた臓器別に適切な食事(栄養)をとることが望ましいでしょう。

例え生活のリズムが乱れてしまったとしても、一度早起きをして朝日をしっかりと浴びて、消化に優しい食事をとることで時計遺伝子はリセットされると言われているのです…‼身体を作るたんぱく質、良質な脂質(魚油、オリーブオイル、ココナッツオイル、ナッツ)、野菜からのビタミン・ミネラルをしっかり取って、糖質量をコントロールすることのほうが、食事回数よりも非常に重要なのですよ…‼

特に、夜遅い時間に糖質を摂ると膵臓からインスリンが分泌され、身体の体内時計とホルモンバランスが夜型にずれ込み、寝付きが悪くなったり、太りやすくなったりするので注意ですよ…‼

食事を抜く、食事の回数を減らす、一食の量を減らす、頻繁に断食することは他の意味合いはどうであれ、肥満の解消という観点からすれば全く関係ないのです…‼

関係ないどころか、頻繁に食事量を減らすことで筋肉の分解を促し、リバウンドをしてむしろ肥満を悪化させると言えるのです…‼

今まではカロリーというエネルギーの計算によって食事量を調整することが一般的でしたが、現代では『カロリー神話』とも言われ、ひとつの目安にしかならないことになっているのですよ…‼

まとめ

食事時間についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ダイエットというと、やはり食事のカロリーが気になり、摂取カロリーを減らして

ダイエットすることが、当たり前になっていますが、実は食事時間がダイエットの

大きな鍵だったのですね…!

カロリーを気にせず食事時間でダイエットをしてみると、意外と楽にダイエットも

できちゃうかもしれませんね…!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする