その痛み、ただ打っただけですか?そんな気になるお尻が痛い症状とは

お尻が痛い…その原因はざまざまです。しかし、もしお尻を打ってもいないのに痛い、シビレるような感覚がある、それもしかしたら座骨神経痛かもしれませんよ。ここではそんな、お尻が痛い、しびれるような症状の座骨神経痛について紹介します。

お尻が痛い!座骨神経痛かも!?

ここではまず、お尻が痛い症状が出やすい座骨神経痛について紹介します。

お尻が痛い、しびれるなどの症状が出たらもしかしたら座骨神経痛かもしれませんよ。

座骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

つまり、座骨神経痛は決してお尻だけが痛いわけではないようですが、それにしても痛い部分の多くはお尻周りのようですね。また、症状が進むと歩行困難にまでなるなんて早めの治療はないのでしょうか?

原因は?

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、ほとんどが腰部脊柱管狭窄を原因として発症します。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

椎間板ヘルニアのように神経を圧迫してしまっている場合は、基本的に圧迫されている神経より下が異常を発するので、この場合は腰回りの神経が圧迫されてお尻やそれ以上下が痛い、しびれるなどの異常が出ているのでしょう。

お尻が痛い!座骨神経痛は薬で治療

先ほど紹介した通り、座骨神経痛は脊髄の神経が圧迫されていることで起きています。

なので、簡単に完治させることは難しいでしょう。だからと言って、お尻周りが痛い、

痛いことで歩行困難にまでなるのはいやですよね?

そこで、ここではそんなお尻が痛い!座骨神経痛への薬での治療について紹介します。

おそらく、お尻周りが痛いのを抑えることが目的でしょう。

NSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性消炎鎮痛薬)

NSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性消炎鎮痛薬)とは、ステロイド以外の抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を持つ薬剤の総称です。

いわゆる「痛み止め」として、主に炎症による痛み(侵害受容性疼痛)に対し、処方されています。一般的には、痛み、発熱の際に使用される「解熱鎮痛薬」とほぼ同じ言葉として用いられています。

風邪薬などの成分として使われているので、炎症を抑え痛みを和らげる効果があるようです。なので、圧迫された神経の炎症を抑え、お尻周りが痛いのを和らげてくれることでしょう。

神経障害性疼痛治療薬

神経障害性疼痛治療薬とは、神経の痛みの治療に使われる薬剤です。

神経の痛みは、痛みを伝える物質(神経伝達物質)が過剰に放出されることによって生じると考えられていますが、神経障害性疼痛治療薬は、この神経伝達物質の過剰放出を抑えることで痛みをやわらげます。

お尻が痛い、しびれるような感覚があるのは、神経物質によるものですから、

薬の効果で阻害してあげればお尻が痛いとは感じないのです。

ただ、もちろん副作用もあるようで、眠気やめまいが出るそうです。

座骨神経痛をストレッチで改善するには

先ほど紹介した通り、座骨神経痛はお尻やその周りが痛い、しびれる、場合によっては歩くことさえ困難になるというものです。

そこで、痛い症状を抑える薬を利用することが多いのですが、それでは根本的な解決にはなりません。そこで、ここではそんな座骨神経痛を改善するストレッチを紹介します。

臀筋のほぐし方

さて、本題です。紹介している体操で、足のしびれ、ふくらはぎの痛み。坐骨神経痛などに効果的な体操をやってもらった人から

「どこに行っても良くならなかったけど。この体操をしたら良くなったんです。」って、感想のコメント言ってもらえた、お尻と股関節をゆるめる体操をご紹介します。

以前、ご相談いただいたポイントを踏まえて、下の7分のビデオをつくりました。

お尻周りを伸ばして痛みを和らげる体操のようなので、興味がある方は動画を見ながら試してみてください。

坐骨神経痛体操体験談

静岡県の女性の方からです。

「この間はメールありがとうございました!!首まくらは使っていても痛くはないです。気になる時は外して寝てますけど。ここ最近は調子がいいっぽくて、痛み止めの薬はあまり飲んでないです。」

もちろん、その効果は人によって異なるものですが、もし自分に効果があってお尻が痛い、しびれる症状が改善するなら一度試してみてもいいかもしれませんね。

座骨神経痛とは関係ありませんが、お尻が痛いニキビについて紹介されているので、ぜひ見てみてください。

お尻で痛い思いをする前に!座骨神経痛の予防

先ほどまでは、すでにお尻周りが痛い、しびれるなどの症状が出ている場合への対処についてでした。しかし、すでにお尻周りが痛いなどの症状が出ているなら、実際には対処は難しいのです。なので、できればお尻が痛い症状に悩む前に対処したいものですよね?

そこで、ここではそんな座骨神経痛の予防法について紹介します。

お尻周りが痛いのは地味に嫌なものですよ。

正しい姿勢を保つ

正しい姿勢を意識し、保つようにしましょう。畳や床に座るときは、正座を崩す横座りや、足を両側に崩す座り方、両膝を立てて座る体育座りも避けましょう。イスに腰掛けるときは、足を組まずに、体重が左右のお尻に均などにかかるように座りましょう。

お尻に不用な負荷がかかると痛い原因になりますから、できるだけ均等に座りましょう。

ストレッチを行う(筋肉のこわばりをなくす)

坐骨神経痛では、筋肉がこわばっていることが多く、無理のない程度のストレッチが効果的です。しかし、急性期の痛みが激しいときや、患部が熱を持っているような場合は、安静が基本です。お風呂上がりなど血行がよく、身体の筋肉がほぐれているときにストレッチをすると効果的です。

よく、座骨神経痛で痛いからとストレッチを始める人がいますが、痛いからではなく痛くなる前からストレッチは行った方がいいのです。お尻が痛いと公開する前に、早めに予防しておきましょう。

お尻のストレッチ方法が紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

お尻が痛い、しびれるのは座骨神経痛かもしれません。

もし、それらの症状が出ているなら病院で調べてもらいましょう。

神経の問題なのでより早めの対処が重要ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする