シャンプーの成分にこだわって、シャンプーして居るでしょうか?

シャンプーの成分で、髪の毛や、頭皮がかえってダメージを受ける場合があります。シャンプーの成分を良く見て、正しい髪のお手入れ(シャンプー)をしたいですね。シャンプーの成分には、高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系と有り、それについて少し詳しく調べてみました。

髪の毛のシャンプーの成分について

歯磨き粉に含まれるラウリル硫酸ラウリル硫酸ナトリウムが、界面活性剤で、体に悪い成分です。しかし、汚れを落とすにはこの成分が必要ですが、これを使わない、髪のシャンプーは出来るだけ、この「ラウリル」「硫酸」の成分が入ってないシャンプーを選ぶ方が、髪の為には良いでしょう。絶対避けたいシャンプーの成分について、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、「ラウリル」と「硫酸」の界面活性剤は、洗浄力が強いため、頭皮や髪の毛に必要なものまで取り除いたり、頭皮に残ったりして、洗うたびに、髪を痛めてしまいます。

薬用化粧品と医薬部外品::化粧品比シャンプーは薬事法で2種類に分かれているのですね。化粧品と、、医薬部外品と別れていますが化粧品は肌を整え、美しくする為のもの、医薬部外品は、医薬品より穏やかな効き目が有ると言うものです。

薬事法によって、化粧品は配合成分の全てを表示しなければならないのですが、医薬部外品(薬用化粧品)では、指定されている成分についてのみ表示することになっています。

髪の毛のシャンプーは、化粧品と、医薬部外品とでは、成分が異なるわけです。

医薬部外品とは、厚生労働省が認めた、効能、効果に有効な成分が、一定の濃度で入っていて、防止や衛生の為に作られたのですね。

シャンプー選びの注目点

界面活性剤のメリットデメリット

界面活性剤が風評被害に遭っている界面活性剤も髪のシャンプーとしては、体に害を及ぼしますが、汚れ物を落とす成分としては、なくてはならないものだと思います。

シリコンの成分のメリット、デメリット

メリット

洗髪時 髪の摩擦を軽減

デメリット

ダメージ部分に付着したシリコンが剥がれ落ちる際、健康なキューティクルまで一緒にはがしてしまうことがある

ダメージがひどい髪には向かない

シリコンが付着した部分はカラーやパーマがあたりにくくなる

もちろんシリコンは化学物質なので、配合されてないに越したことはないのですが、どうしても避けたほうがいい成分と言うわけではありません。

シャンプーの成分、シリコンが本当に悪いのかどうか、シリコンのメリットデメリットを、見てみました。

メントールの成分のメリット、デメリット

美容師とお客様の会話から生まれたメントールの成分のメリットは爽快感、細胞を活性化効果、鎮静効果、配合成分の浸透促進効果、肌を引き締める効果が有ります。

しかし、その反面 「肌に刺激を与える物質」だと指摘する専門家もいます。

メントールが多く含まれるシャンプーを使用すると毛穴がスッキリ洗えたような感覚になりますが、それはあくまでもメントールによる擬似的な感覚です。

過剰なメントールが配合されている製品は避けたほうが無難でしょう。

メントールの成分は、肌に刺激を与えすぎるデメリットがあります。

育毛剤や育毛シャンプーにおいて、メントールは血管を拡張させて血行をよくする働きや高い抗菌作用を持っていて、鎮静効果により頭皮のかゆみを防止する効果があります。頭皮の血流改善や緊張緩和の働きもあります。

保湿成分のメリット、デメリット

シャンプーを「髪を洗うためのもの」だと認識している方も多いですが、実は頭皮を洗う役割のほうが重要です。

そして、忘れられがちですが頭皮も肌です。お肌に保湿が欠かせないのと同様に、健康な頭皮を保つためにも保湿が欠かせません。

シャンプーに配合されている保湿成分もシャンプー選びの大切な要素となります。

保湿成分(アミノ酸系シャンプー)は肌に優しく、洗いすぎないメリットがあります。お肌には、頭皮も含めて、保湿がいちばんの様ですね。髪のシャンプーの成分には、保湿効果のあるシャンプーを選ぶと良いのですね。デメリットは、洗浄力が弱い事です。

シャンプーの成分の種類

amino_1.PNGアミノ酸系、石油系・高級アルコール系、石鹸系と髪のシャンプーには有りますが、髪や、頭皮に良い成分はアミノ酸系のシャンプーを選ぶのが、一番ベターのようですね。忠し汚れの度合いにもよりますが、髪や、頭皮に優しいので、徐々に丈夫な髪に成っていく様です。高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系の3つの特徴について

img0099.jpg髪の愛称にもよりますが、高級アルコールや、シリコンの成分の入ったシャンプーは、洗いすぎない事、よくシャンプーを落とすことを気を付ける事ですね。

高級アルコール系シャンプー

高級と付くから値段が高いとか品質が良いというわけではありません。アルコールの分子に含まれる炭素数が多いものを高級アルコール、少ないものを低級アルコールと呼びます。

炭素数が多いものは泡立ちが良く、程よい洗浄力を持っています。一部に天然由来の界面活性剤が使われている商品もありますが、多くが石油由来の界面活性剤を使用しています。

石油由来の界面活性剤は、人によっては刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。市販されているシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系です。

合成シャンプーを使わないインせっけん系の髪のシャンプーも、界面活性剤の成分が使われ、アルカリ性で洗浄力が強いので、洗いすぎないことが大事ですね。

石けん系シャンプー

石けんをベースとして作られているシャンプーで自然志向の方から好まれていますが、多くの商品に洗浄成分として界面活性剤が使われています。アルカリ性で洗浄力も強く、毛穴の汚れも落としてくれますが、正しく使わないと皮脂をとりすぎるという特性も。

ノンシリコン市販シャンプーランキ天然利休昆布等28種類の植物成分を配合した、このシャンプーを私は使っています。初め白髪染めのヘアカラーを使っていたのですが、次から次へと商品を開発し、今では頭に関するものは、殆ど販売しているようです。もう5~6年使っていますが、髪の毛は年の割に抜け毛が少なく、髪質はいつも良いとほめられます。以前は市販のシャンプーを使っていましたが、その頃は、髪がぱさぱさでした。やはりアミノ酸系無添加シャンプーは、頭皮や、髪には良い様です。このシャンプーの界面活性剤は、ヤシの実から作られたオイルの成分の、コミカドプロピルベタインが使われています。

アミノ酸系シャンプー

前述のシャンプーと比べて刺激が弱く、頭皮にも優しい天然由来の界面活性剤が使われています。肌の弱い方、乾燥しやすい髪質や頭皮の方などにオススメで、よく美容院で使われています。洗浄力も強くないので、しっかりした洗い心地が好みの方には向きません。

髪のシャンプーの成分に良いものとは?

一番、髪や頭皮に優しいのはアミノ酸系の界面活性剤を使ったシャンプーです。値段は他の界面活性剤を使ったものよりも高くなりますが、育毛シャンプーとして長い目でみるなら決して高い買い物ではありません。

女性におすすめの育毛シャンプー育毛シャンプーは、殆ど成分がアミノ酸系シャンプーで、頭皮を保護しながら、汚れを洗い落とします。デメリットとしては、肌に合わないと、猛烈なフケやかゆみを伴う場合があります。使う前には必ず自分の肌でテストした方が良いですし、症状が出た場合は、専門医に行かれた方が良いと思います。

しかし、有名な高級シャンプーでアミノ酸系とうたっているものでも、アミノ酸系の界面活性剤の含有量がほんの少ししか入っていないものもありますので、成分を確認しましょう。ココイル、ココアン、コカミドなどの表示があれば大丈夫です。値段は高いですが、地肌に優しいシャンプーを使うということは育毛の観点からは重要です。

髪のシャンプーの成分のまとめ

http://mery.jp/29733とてもきれいな髪ですね。

髪と頭皮に良いシャンプーとは?

3種類のシャンプーを紹介しましたが、それでは頭皮や髪に良いシャンプーはどれでしょう?一般的には、アミノ酸系シャンプーが低刺激で優しいとされています。

頭皮や髪にトラブルがあった場合、アミノ酸系を選ぶのが比較的安心です。ですが、必ずしもアミノ酸系シャンプーにすれば良いというわけではなく、大切なのは肌や髪質に合ったシャンプーを選ぶことです。

髪の毛や、頭皮に対して良いシャンプーとは、やはりアミノ酸系の成分のものを選ぶのが、長い人生においては良いのではないかと思います。アミノ酸系なら、徐々に丈夫な髪質にし、頭皮も保湿のある肌に作り替えてくれます。それは長い年月ですが、毎日ごしごし、市販のシャンプーで洗うより、髪にも、頭皮にも良い様に、私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする