シャンプーだけではない!椿油の驚きの効果!お肌にも料理にも?

シャンプーの成分に使われていて馴染みのある椿油ですが、髪や頭皮に良いだけではなく、顔や体にも驚きの効果があります。また料理に使って体の内側から摂り入れることによっても、病気の予防効果が期待できます。そんな素晴らしい効果がある椿油を、紹介していきましょう。

はじめに・・・椿油の驚きの栄養成分!

肌は乾燥すると、シワなどが出やすくなります。

皮脂バランスが崩れることによって肌が乾燥するので、潤い成分を補ってやらなければいけません。オレイン酸は、肌にある皮脂に含まれている成分と同じなので、潤いを補うにはとても効果的だと言えます。

カメリアオイル(椿油)は、世界三大オイルの一つであるオリーブオイルより多くのオレイン酸が含まれています。

また、同じく脂肪酸に分類されているリノール酸の割合はオレイン酸と比べるとはるかに低くなっているのが特徴です。

これらのことから、カメリアオイル(椿油)保湿力や抗酸化力にたいへん優れています。

オレイン酸は脂肪酸の一種で、人の肌に一番近い脂です。自然素材なので安全ですね。椿油の栄養成分がとても素晴らしいようですが、実際にどのような効果があるのでしょうか?

使い方と共に、椿油の驚きの効果を紹介していきましょう。

椿油で髪と頭皮ケア

まずはシャンプーなどの成分にも使われているのでご存知の方も多いと思いますが、髪にとてもよい効果があります。

椿油で頭皮マッサージや流さないトリートメントとして使うと、髪や頭皮にとても良い効果があります。薄毛や抜け毛に悩んでいる方にも、効果が期待できます。

■髪の潤いを与える。紫外線予防効果。ドライヤーの熱をカットして髪を保護。

■毛母細胞を活性化させ抜け毛や白髪を予防

■頭皮の新陳代謝を高め、毛穴に詰まった脂肪コレステロールを溶かすのでフケやかゆみを防ぐ

椿油には、人間の皮脂にも含まれているオレイン酸が多く含まれています。また、サポニンという成分がシャンプーなどに含まれる界面活性剤の刺激から頭皮を守り、殺菌効果もあるので頭皮を健康に保ちます。また、紫外線を通さない特徴をもち、椿の油を髪に薄いベールとしてまとうことで、髪と頭皮を紫外線のダメージから守ります。

界面活性剤は皮膚の弱い人によくないだけでなく、薄毛や抜け毛の原因にもなります。椿油は、思っていた以上に効果が期待出来そうですね。

椿油を使った頭皮ケアについて紹介されていますので、ぜひ読んでみてください。

椿油で保湿効果

椿油は髪や頭皮だけでなく、顔や体にも効果があるオイルです。

椿油は肌にうすい膜をつくることで、バリア機能をサポートするオイル。さまざまな刺激から肌を守り、水分の蒸発をおさえ、皮膚をすこやかな状態へと導きます。

椿油は、酸化しにくく乾きにくい油脂なので、保湿・保護剤としてとても効果があるオイルと言えますね。

オリーブオイルより豊富な量のオレイン酸が含まれているため、保湿ケアにピッタリです。

皮膚に有用成分を閉じ込め、肌に必要な皮脂の消失を防ぎ、バリア機能をカバーしてくれます。

肌のカサカサが気になる人には、とてもよい効果を発揮してくれるでしょう。

椿油でUV対策

紫外線も、お肌のトラブルの原因になりますよね。

サンオイルのイメージから、オイルは日焼けをしやすいと思っていませんか?

椿油は、紫外線からお肌を守る効果もあるんですよ。

このことから、日焼け止めとして肌に塗っている人も少なくありません。

紫外線による肌への影響が少なくなることにより、乾燥、しわ、しみなど、さまざまな肌トラブル防止につながります。

あらゆる物は酸化することで腐敗していきます。化粧品に含まれている油分は、紫外線や酸素・排気ガスなどにより、非常に酸化しいやすい性質を持っています。

肌を守るはずの油分が酸化されると、有害な過酸化脂質に変化し、肌にダメージを与えてしまいます。この過酸化脂質が、細胞やハリを保っているコラーゲンまで破壊する上、新陳代謝の活動まで低下させるのです。

酸化しにくいオレイン酸を多く含む椿油を塗ることで酸化を防止できるので、シミにも効果があると言うことですね。

紫外線からお肌を守るために、日焼け止めを塗ると思いますが、これが肌トラブルの原因になっている場合もあります。

椿油を使うことで、このトラブルを防ぐ効果があります。

椿油は紫外線から肌を守る手助けはしますが、残念ながら椿油が紫外線をカットする科学的根拠はありません。しかし、紫外線カットは石油系シリコン系が多いため椿油を塗り紫外線カットを塗ることで肌を保護しますので、先に椿油を塗ることをお勧めします。

椿油を塗ってその上に日焼け止めを重ねることによって、お肌を紫外線からも化粧品トラブルからも守ってくれる効果が期待できるのですね。

日焼け止めの選び方を紹介していますので、参考にしてみてください。

椿油でクレンジング

メイクをクレンジングで落とすことは、肌のためにはとても大切なことです。

しかし、かえって肌に負担をかけている場合もあります。

カメリアオイル(椿油)を使用することにより、余分な汚れがしっかりと落とせます。

肌の成分に近い椿油は、肌に負担を掛けずに汚れを落とす効果があると言えます。

椿油のクレンジング方法

乾いた手のひらに椿油を10~12滴とって伸ばし、顔全体になじませます。

目頭から、円を描くようにしてメイクを浮かせていきます。

ティッシュでやさしく軽く拭き取り、その後洗顔料で洗います。

よくすすいだ後は、通常のケアを行いましょう。

椿油でニキビ対策

大人ニキビに悩んではいませんか?

椿油は、ニキビにも効果があります。

椿油に含まれるサポニンという成分が、抗菌・消炎作用を持っているので、大人ニキビに対しても有効なのです。

乾燥から来る毛穴の詰まりがニキビの原因の一つですが、椿油を塗ることで毛穴の奥にある老廃物を浮き出すようにすると、予防につながります。

椿油のオイルマッサージで角質ケアと黒ずみ対策

クレンジングの後に、椿油4~5滴を顔全体になじませます。

鼻を中心に、マッサージをします(3~5分)

マッサージ後に、蒸しタオルを顔にのせ、2分ほどおきます。

洗顔料で洗います。すすいだ後は、通常のケアを行います。

椿油を食べて健康と美容効果

食用としても、椿油が販売されています。

摂取することでも、体によい効果があります。

独特の香りがほのかにするものや、ほとんど無臭のものがありますので、好みで選ぶとよいでしょう。

カメリアオイル(椿油)の主要成分であるオレイン酸ひとつとってみても、コレステロール値の低下、動脈硬化や心臓の病気の防止、便秘改善といった効果効能が期待されています。

オレイン酸の含有量が多い椿油は酸化しにくいため、天ぷらをカラッとあげる効果もあるんですよ。

最後に・・・椿油の効果のまとめ

椿油の効果について紹介しましたが、いかがでしたか?

髪や頭皮だけでなく、保湿やUV対策などとしてもお肌にとてもよい効果があるのがわかりましたね。食用の椿油が販売されているのに、驚かれた方もいるのではないでしょうか?日頃の髪やお肌のお手入れに、効果抜群の椿油をぜひ使ってみてくださいね。

オリーブオイルも美容や健康に効果のあるオイルです。参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする