ガンコなニキビ肌にサヨナラ!ニキビ肌におすすめの化粧水5選

ニキビに悩んでいる方はどのような化粧水を使っていますか?実は、ニキビ肌の方におすすめの化粧水があるのをご存知でしょうか。今回は、正しいニキビケアと併せておすすめの化粧水をご紹介します。是非、参考にしてみてくださいね。みなさんのお役に立てることを願っています。

正しいニキビケア

ニキビができて、病院に行くという方は少ないと思います。では、ニキビはどうやって治すかといえば、ほとんどの場合は「セルフケア」ではないでしょうか?ニキビをセルフケアで治す場合、全てのニキビに同じ方法で良いのかといえば、NOです。

ニキビは種類によって処置方法が異なります。

ここでは、正しいニキビケアについてご紹介したいと思います。

ニキビの原因にもなる角栓について説明しています。

白ニキビ

角栓によって塞がった毛穴の内部に皮脂が溜まりつつある状態。一般にはコメドと呼ばれ、この段階になると肉眼でニキビ発生が確認できるようになります。

ニキビのでき始めの頃の状態で、痛みやかゆみはありませんが、小さく白い吹き出物なので見た目で確認できます。

この段階でしっかりと治療をすれば、跡も残ることなく治すことが可能です。白ニキビはホルモンバランスの崩れなどが原因でできやすいので、セルフケアではホルモンバランスを整える食事やケアを行うことで改善されます。

女性ホルモンを優位にさせるため、イソフラボンやエストロゲンといった成分を取り込むことが重要です。

また、セルフケアを行う場合は、肌の状態を清潔に保つために、洗顔はもちろんのこと、化粧水や乳液でしっかりと保湿を行ってあげることも重要です。

ほかに、ビタミンB群の摂取も効果的です。

黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴が詰まって皮脂がたまり、それが肌表面に押し出された時にできます。専門的には“開いたニキビ”とよばれ、お肌が余分な皮脂を出し過ぎた時に発生するのが典型例。

黒ニキビも白ニキビと同じく、初期のニキビと考えて良い状態です。

専用器具を使って押し出して取ってしまうのも良いですが、その際は絶対に爪で潰したりはしないようにしましょう。黒ニキビの原因の一つに、肌の水分不足があります。

洗顔の際に皮脂を落としすぎていたり、洗顔後の保湿が十分でない場合など。

正しい保湿を行うことで改善されることもありますので、ご自身の保湿方法を確認する必要があります。

とはいえ、保湿のために洗顔を行わないというのは逆効果なので、優しい洗顔+化粧水や乳液での正しい保湿方法を行いましょう。

赤ニキビ

炎症を起こして赤くなったニキビは、正式名称を赤色丘疹といいます。この段階から放置するとニキビ跡が残る可能性も出てくるので、安易に爪で潰したりはしないようにしてください。

赤ニキビはニキビが炎症を起し始めた状態をいいます。

この状態になると、痛みを感じ始めます。

赤ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌だといわれていますので、正しくケアを行う必要があります。

乾燥肌の人は保湿を、脂性肌の人は皮脂を取り去るケアを行います。

また、皮脂が過剰に出てしまう理由には、不規則な生活がありますので、そちらの改善も行わなければ赤ニキビを根治するのは難しいといえるでしょう。他に、ビタミンCの補給を行うと改善されますので、ビタミンCを多く含む食品を摂ったり、サプリメントで補うことも有効です。

ビタミンCが入った化粧水を使うのもおすすめです。

黄色ニキビ

黄色ニキビはニキビが悪化して化膿し黄色い膿が出た状態です。頬や髪の毛の生え際、顎(あご)などにできやすいのが特徴と言えるかもしれません。

黄色ニキビは赤ニキビの進行形ともいえます。

赤ニキビが悪化したり放置した結果、腫れ上がり膿を持った状態になります。

また、この状態からはニキビ跡が残りやすいのも特徴です。黄色ニキビは見た目的にも膿が目立つので、潰したくなる気持ちも分かりますが、絶対に潰してはいけません。

膿を潰して出す際にかかる圧で、色素沈着やクレーター状の跡が残ってしまいます。

ケア方法は、炎症を抑えるために抗炎症作用のある外用薬を使いましょう。

また、余計な刺激が炎症を悪化させてしまうため、優しく洗顔を行いましょう。

ほかに、十分な睡眠を取ることも重要です。

紫ニキビ

炎症が極限まで悪化し、毛穴の中に膿と血が溜まって腫れあがっている状態。ここまで悪化してしまうと、治癒後も高い確率で瘢痕(ニキビ跡)が残ってしまいますが、根気強く治療すれば瘢痕の消失も望めます。

ニキビが最大に化膿してしまっている状態を紫ニキビといいます。

紫ニキビは、内部で膿と血が溜まってしまっている状態なので、見た目が紫色に見えてしまう状態を指します。

この段階では、セルフケアを行うより医療機関での治療をおすすめします。

重症化すると、ニキビ周辺に毒素が回ってしまい、大きく腫れる場合もあるからです。紫ニキビができないようにするセルフケアとしては、血行を良くすることや生活状況の改善、正しいスキンケア方法などが挙げられます。

ニキビ治療に使われる「パッチ」について説明しています。日頃のスキンケアを正しく行い、生活習慣も規則正しくしていればニキビができることは防げます。

肌質によりケア方法は異なりますが、洗顔+化粧水や乳液という3ステップでニキビ予防になりますので、自分にあったケア商品を見つけることも重要です。

では、ニキビケアに最適な化粧水を5つご紹介します。

ニキビ肌におすすめの化粧水 1.オードムーゲ 薬用ローション

内容量 160ml / 500ml

価格 970円 / 2,600円

ニキビの原因菌を殺菌し、ニキビのできにくい肌に整えます。

オードムーゲを使い出してから、以前のように大きくて赤いニキビが集団で出来ることはなくなり、出来てもポツっと一粒でオードムーゲでコットンパックすると、翌日の朝にはかなり、小さくなっています。

薬局やドラッグストアなどで、なにげにオードムーゲののぼりを見たことはありませんか?

ずっと気になっていたという方も多くいるこちらの化粧水ですが、実は50年以上の歴史がある商品なのです。

オードムーゲは、肌荒れやニキビに効果のある化粧品として長年愛されており、実際にこの化粧水を使い出してからニキビが改善されたという口コミもあるくらいです。抗炎症成分が入っていますので、炎症を起しているニキビやあかぎれなどにも効果があります。

また、部位によってかさつきや脂っぽさがある混合肌の方にもおすすめな化粧品です。

ニキビ肌におすすめの化粧水 2.無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

内容量 200ml

価格 700円

乾燥が気になる敏感肌にうるおいをたっぷり与えて保護します。

私の場合これだけでスキンケアを終わらせていますが、ニキビ肌がかなり改善されています。

無印良品のこちらの化粧水は、コストパフォーマンスの高さが口コミで大評判です。

また、高保湿タイプの化粧水なので、乾燥によってできてしまったニキビに最適です。

乾燥肌や敏感肌の方におすすめですが、こちらの化粧水をニキビ対策用にストックしておく方もいるくらい人気の商品です。

ニキビ肌におすすめの化粧水 3.アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル

内容量 110ml / 165ml / 330ml

価格 3,500円 / 5,000円 / 8,500円

季節や環境の変化でコンディションをくずしがちな肌をみずみずしくすこやかに整え、肌あれ、乾燥を防ぎ心地よくひきしめます。

私はニキビができたら出来たところにパックをしています。そしたら小さくなりました。とてもおすすめです。

薬用化粧水であるこちらの商品は、肌荒れや乾燥を防ぎます。

ニキビ対応化粧水としても口コミが多く、「ニキビには神」な化粧水という口コミもあります。

ただ、肌があかぎれていたり、敏感肌やアトピーの方には刺激が強い場合もありますので、購入前にテスターなどで試してみる必要があります。

ニキビ肌におすすめの化粧水 4.illume モイスト キャプチャー エッセンス ウォーター

内容量 150ml

価格 2,500円(税抜)

ジェリーウォーターのとろりとした使い心地で、美容液を使ったときのような潤いが続く高保湿美容化粧水。

透明感・はり艶・保湿力・・・バランス良く全体的な効果を感じました。しかもわりと即効性があると思いますよ。

肌への浸透が感じられると話題のこちらの化粧水。

高保湿化粧水なので、乾燥によるニキビへの効果が大きく、肌の調子も整えてくれるので、長年愛用されている方も多くいらっしゃいます。

化粧水なのに美容液の効果も得られるとのことで、肌全体がトーンアップしたとの口コミもありました。

ニキビ肌におすすめの化粧水 5.ネイチャーコンク クリアローション

内容量 200ml

価格 オープン価格

1本でふきとり化粧水、朝の洗顔代わり、保湿化粧水、ひき締め効果、肌荒れ防止の5つの機能がある多機能ふきとり化粧水です。

放っておくとニキビになりそうなザラつきをすっきりと除去できるので欠かせません。

こちらの化粧水は、ニキビの原因となる角質を除去する、ふきとり化粧水です。

ふきとり化粧水ではありますが、通常の化粧水としても使用できるほか、保湿成分や引締め効果のある成分も入っています。

ニキビができそうな感じの肌状態になってきたら使うという方も多くいらっしゃいました。

対ニキビ用化粧水としてストックしておくのもおすすめです。

ニキビ肌と化粧水 まとめ

ニキビ肌におすすめの化粧水、いかがでしたか。

ニキビができる原因は、1.睡眠不足、2.暴飲暴食などの食生活、3.間違った肌ケアなあります。

こういった点を見直すだけでもニキビは改善することができます。

これらを改善しながら、更にニキビ肌に合う化粧水を使うと効果的ですよ。どの化粧水もそうですが、初めて使う場合には必ずパッチテストを行いましょう。

特に、敏感肌やアレルギー、アトピーの方は注意が必要です。

化粧品カウンターなどでサンプル品がもらえますので、声を掛けてみるのもおすすめです。

ニキビを化粧品で改善する方法が紹介されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする