アトピー性皮膚炎による肌の悩み。アトピー肌の正しい保湿ケア

アトピー性皮膚炎による肌の悩みをかかえていませんか?肌に跡が残ってしまっている場合は少しでも改善したいですしできるだけ跡になるのを予防したいですよね。なので今回はアトピー性皮膚炎についてとアトピー肌の保湿ケア方法などをご紹介します。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、肌にかゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる肌の炎症を伴う病気です。

主な症状は肌に「湿疹」と「かゆみ」がおこり、良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないことが特徴です。一般的に、6カ月以上続くと慢性アトピー性皮膚炎と判断します。

発疹の特徴

アトピー性皮膚炎の発疹の特徴は・赤みがあり、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる。またささくれになり皮がむけ、長引くとごわごわ硬くなって肌が盛り上がる

・左右対称にできることが多い

・おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側の肌に出やすいなどがあります。

アレルギーを起こしやすい人の特徴

ご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの人がいる場合、その体質を受け継いで、やはりアレルギーを起こしやすくなることがあります。また実際にご本人がそういう病気をわずらったことがある場合も、アレルギーを起こしやすい体質と考えられます。このような体質のことをアトピー素因と呼びます。

アトピー肌の特徴は?

アトピー肌とは、そもそもどのような状態のことをいうのでしょうか?

アトピー性皮膚炎の方の肌は、角質層に問題があるようです。

○水分保持力が低く、乾燥しやすい

○外部からの異物や刺激の侵入を防ぐバリア機能が低下し、炎症を起こしやすい

ですのでアトピー肌の人はこのような特徴がみられます。

アトピー肌はなぜ水分保持力やバリア機能が低下しているのか

アトピー性皮膚炎の方の角質層は、セラミドという、角質層の細胞間脂質の主成分が健全な人の皮膚よりも少なくなっています。

肌の水分保持力やバリア機能は、セラミドを主成分とする細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%を担っており、皮脂はたった2%です。そのため、セラミドが不足すると、上述の通り乾燥しやすく、外部からの刺激や異物に弱い肌となります。

バリア機能を通過し、肌の内部へ侵入した異物が外敵として体内の免疫細胞から攻撃を受けます。この体内からの攻撃によって、皮膚炎となったり、肌に赤みやかゆみなどを伴うアトピーを発生します。

アトピー肌に必要な保湿

ではこのようなアトピー肌にはどんな保湿が必要になってくるのでしょうか?

アトピー肌の保湿には大きくわけて2種類あります。

肌の表面を保護し、異物の侵入や水分の蒸発を防ぐ保湿剤

異物が侵入し炎症やかゆみが発生すると、つい肌を掻いてしまいがち。角質層に物理的なダメージを与えると、バリア機能が余計に低下し、より肌が乾燥しやすく、炎症を起こしやすい状態となります。

なのでアトピー肌の人に必要なのは、表面をしっかり保護する保湿剤になります。このタイプの保湿剤は、皮脂膜と同様に肌表面をコーティングすることで、水分の蒸発や異物の侵入を防ぐことができます。そしてこのタイプの代表的なものがワセリンです。

肌の水分を保持する保湿剤

乾燥しやすいアトピー性皮膚炎の肌は、水分量が低下しています。そのため、肌に水分を与えたり、保持する保湿を行う必要があります。このタイプの保湿剤には、さらに以下の3種類があります。

○外気の水分を吸着する保湿剤

○水分を抱え込んで保持する保湿剤

○水分をはさみ込んで保持する保湿剤

肌の表面を保護する保湿剤の選び方

アトピー性皮膚炎の肌、特に炎症が発生している場合は、普段は使用しても問題ない化粧品の成分でも刺激となり、炎症が悪化することがあります。そのため、例えばワセリンを使う場合は、精製度の高い「プロペト」や「サンホワイト」を使用するようにしましょう。

その他の保湿剤を使用する際には、肌に刺激がなるべく少ない添加物を排除したものを使用することをおすすめします。

ですが無添加物ならどんなものでもいいというわけではありません。

配合されている成分によっては角質層内の細胞間脂質のバランスを崩すことがあります。

そうなってしまうと逆にアトピーを悪化させてしまう可能性も考えられるので注意しましょう。

肌の水分を保持する保湿剤の選び方

肌の水分量を保つための保湿剤には3種類あります。

ではそれぞれについて詳しくみていきましょう。

外気の水分を吸着する保湿剤

外気の水分を吸着し、保湿する成分です。湿度が高い場合には高い保湿力を発揮しますが、湿度が低い場合は保湿力が低下してしまいます。そのため、肌の水分を保つ力では、3種類の中で最も低くなります。

代表的なものとしては、アミノ酸類やグリセリン、尿素が配合された保湿剤です。尿素は刺激性があるため、顔に使用するには不向きです。

水分を抱え込んで保持する保湿剤

肌表面または角質層で水分を抱え込み、保湿する保湿成分です。湿度が低くても保湿力を発揮し、上述の「水分を吸着する成分」よりも高い保湿力を有します。

代表的なものとしては、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがあげられます。ヒアルロン酸は肌に塗ると、NMF(天然保湿因子)と似た働きをします。

水分をはさみ込んで保持する保湿剤

角質層では、細胞間脂質は層を作り、その間に水分をはさみ込んで水分を保持します。これと同様に、層の中に水分をはさみ込むタイプの保湿成分が配合された保湿剤です。3種類の保湿成分の中で、最も強い保湿力を持っています。

代表的な成分としては、セラミドやスフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、リピジュア(R)などがあります。

最初に記載した通り、アトピー性皮膚炎の皮膚は角質層のセラミドが不足している状態です。そのため、セラミドはアトピー肌の保湿成分としては大変有効です。セラミド配合の保湿剤を選ぶ場合は、人間の皮膚のセラミドと同様の構造をした「天然セラミド」か「ヒト型セラミド」が配合されたものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?

アトピー性皮膚炎は子供の時に多くみられ、成人するころには治っているのが一般的でしたが、

最近は成人しても症状が治らない場合も増えてきているようです。

アトピーにより跡がのこってしまうととても気になりますよね。

肌のケラミドを増やすためにも、跡を残さないためにも必要不可欠なのが肌のターンオーバーです。

なので化粧品だけで保湿をしようせず、規則正しい生活を心がけ、肌のターンオーバーを正常に保つようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする