【肌のキメ】やっぱり保湿にあり!年齢を重ねるとキメも粗くなる!

肌のキメって年齢を重ねると粗くなっていくものだと聞きますが、お手入れ次第でキメも整うのだそうですよ!肌のキメを整えるには、保湿が一番重要!生活習慣や紫外線などの外的要因もキメを粗くする原因!キメの整った肌へのこだわりは綾瀬はるかさんみたいなお手入れ法かも!

肌のキメが整うってどういうこと❓❓

そもそも、『肌のキメ』って何でしょう? 手の甲をじっと見てみてください。 肌の表面に、無数の細かいミゾがありますよね。 このミゾを『皮溝(ひこう)』と呼び、その皮溝によって小さく分けられた、三角や四角の形をした肌を『皮丘(ひきゅう)』と呼びます。 『キメが整っている』と言われる肌は、この皮丘(ひきゅう)が均一の三角形に整っている状態です。

肌のキメが乱れる理由

肌のキメの皮丘は、水分をしっかり含んでいると、ぷっくりと膨らんでいます‼

しかし、水分がなくなると、空気の抜けた風船のように、ビローンと横のびしてしまいます。 そうすると、肌の弾力やハリもなくなってしまうのです…‼

つまり、肌のキメが乱れるのには乾燥が大きく影響しているのでしょう…‼乾燥した肌から、キメの整った肌になるには、このような段階があります‼

ですから、もし保湿を心がけてお手入れしているけれど、キメが整わない‼ と言う方は 今は、キメの整った肌を手に入れるまでの途中段階だと思ってください‼

正しいスキンケアを続けて行えば、キメの整ったつるんとした肌を手に入れられますよ…‼

では、肌のキメを整えるための実際のお手入れのポイントを紹介しますね♪

肌のキメを整えるための3つのポイント‼

1.紫外線をしっかりと防ぐ

紫外線を受けると、肌の機能は低下し、生まれ変わりの周期を乱します。 二の腕の内側を見てみてください。 白く、柔らかいキレイな肌ではないですか?

二の腕の内側は体の中で一番紫外線を受けない場所です。 『紫外線を受けない』ということは、それだけで肌のキメを保つ要素となります。

2.生活習慣を整える

『肌は健康のバロメーター』です。 食生活が偏ったり、睡眠不足などによって体の健康状態が崩れると、すぐに肌に表れます。 健康状態が崩れると肌機能も低下しますので、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れたり、バリア機能が低下し乾燥を引き起こすことにもなります。

私は睡眠不足になるとすぐに肌が乾燥しガサガサになります…! しっかりとお手入れしていても、肌のキメが整わない!!…という方は、普段の生活習慣を見直すことから始めてくださいね…‼

3.やっぱり一番大切なのはこれ!【 保 湿 】をする‼

本当にキレイな肌を手に入れるためには、保湿ケアが何より大切です。

先程お話したように、肌にしっかりと水分が含まれると、皮丘はふっくらと盛り上がり、皮溝が浅く、小さくなって、目立たなくなります。これがキメが整った状態です。

朝晩のスキンケアはもちろん、乾燥が気になれば日中にも、保湿ケアをしっかりしましょう‼

こまめに水分を与えることで、皮丘も水分を含みやすくなるのですよ‼

と言っても、ただやみくもに保湿化粧品を使えば良いということではありませんよ!

正しい方法でなければ、せっかくの努力も台無しです…‼

もしあなたが、しっかりお手入れで保湿をしているのに肌のキメが整わないとお悩みなら、保湿の方法を見直すことをおすすめします‼

諦める必要なし!肌のキメの形は自分でコントロールできる‼

そうは言っても、お手入れって大変‼

綾瀬はるかさんのようなキメの整った肌、美しいですよね~!

キメの形は生まれ持ったもので自分の努力ではどうにもできないと思っていませんか❓

実は全身の箇所によって全く異なっていますし、それは外的要因で変化したからなのです‼

努力して肌をコントロールできるなら、肌のキメを整えるポイントを押さえて今すぐケアを始めたいですよね‼

日々の生活と肌のキメの関係

確かにキメの細かさは一人一人、生まれつき違うものです。

一般的には男性よりも女性のほうがキメが細かいとされていますが、ここからが重要なんです‼

男女問わず、歳を重ねるごとによってキメは粗くなっていきます!!

もちろん経年だけではなく、生活をする場所の天候や温度、湿度や紫外線といった外的要因によってもキメの細かさは変わっていきます‼

また、キメの下にある筋肉の動きによっても、均一なキメの形になったり、キメに方向が生じたりもするものなので、全身が同じキメの形になっているわけではないのです…‼

ターンオーバーを邪魔しない

キメのためにも意識したい紫外線対策ですが、紫外線対策のために塗った日焼け止めを就寝時にはきちんと洗い流すことが大前提です。メイク落とし同様日焼け止めのクレンジングにも気を配りましょう。

キメの形が違うのでスクラブ剤は身体用と顔用と分ける

古い角質が肌に残っていると表皮の角質層がざらつき、厚くなってしまいます。それを防ぐためにも月1度程度のピーリングやスクラブ入りの洗顔料なども有効。全身キメが同じではないからこそ、部位ごとに自分の肌に合わせたピーリングやゴマージュを行うことをおすすめします。ピーリングやゴマージュ後の化粧水や乳液、クリーム、また、ボディクリームなども自分の肌に合ったものを選び取ってキメの状態を整えましょう。

美肌の芸能人トップ10

テレビや雑誌などで目にする女優さんやモデルさんは、みんな美しいキメの整ったお肌をしていると思いませんか?

もちろん、職業柄、お肌のお手入れには一般の人よりもかなり気を使っているのは間違いありませんよね‼

さらに、最近はデジタル画像処理の技術も進んでいるので、実際はそうでもないんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますけど…‼1位は綾瀬はるかさん

興味深々のランキングは、次の通りでした。

1.綾瀬はるか(女優)

2.藤原紀香(女優)

3.桃井かおり(女優)

4.小雪(女優)

5.山田花子(芸人)

6.井川遥(女優)

7.春香クリスティーン(タレント)

8.松島花(モデル)

9.松嶋尚美(芸人)

10.篠原涼子(女優)綾瀬はるかさんは、2位以下の票を倍以上引き離す断トツの1位!実際に画面で見る通りのキメの整った美肌の持ち主だったのですね!

ランキングに並んだ他の方々をみても、たしかに皆さん美しいキメ肌の持ち主でありますよね…‼

メイクさんお墨付きの美肌の持ち主の彼女たち、美しいお肌のために、いったいどんなことをしているのでしょうか?

この10人の中でも、特にお肌のきめ細かさが評判だったのが、井川遥さん、松島花さん、松嶋尚美さん。

「透明感・キメ細かさがすごい!」とあるメイクさんがコメントしていた井川遥さんは、「美容・ダイエットのために発汗をとても大事にしている」のだそう。

・朝、高温浴で一気に発汗する

・ヨガやアクアエクササイズ(水中で歩行、ジャンプ、ジョギングやエアロビクスなどの運動をすること)、ウォーキングなど。

そして、断トツ第1位の綾瀬はるかさんが、お肌のためにいちばん気をつけていることは「保湿」。

「とにかく化粧水はケチらずバシャバシャ使う」スキンケア後、なんと寝る前にもう一度乳液をつけて保湿を強化、乾燥しやすい目元には乳液を重ね塗りするそう。

・お風呂でメイクをきちんと落とし、たっぷり保湿

・休みの日は出かけても日焼け止めをぬるくらいで、ほぼスッピン。

・疲れが残らないように、寝る前にお風呂にゆっくり浸かってマッサージ

・美肌のために睡眠を充分とる

「朝起きた時、今日は肌が潤っているなと思えたら気持ちがポジティブになる」という綾瀬さん。美しい肌が綾瀬さんの明るさの理由のひとつ、とも言えますね。

美肌女優たちも、日々その美しさをキープするために努力しているのですね。

まとめ

肌のキメについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

お肌のキメを整える秘訣をあげてみると、綾瀬はるかさんの美容法にあてはまることがたくさんあることに気がつきますよね‼

さすが美肌ランキングNO.1、納得です!

今回紹介したスキンケアを実践することで、綾瀬さんのようなキメの整った美肌に近づくことも夢ではない、かもしれませんね…‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする